ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

幼稚園の運動会に赤ちゃんを連れて行くときは?事前の確認事項や持ち物、席取りのポイントは?

      2017/10/18

上の子の幼稚園の運動会。お子さんのがんばりをこの目でしっかりと見届けたいですよね。ですが、下の子がまだ赤ちゃんの場合、連れて行くには色々と注意が必要です。

運動会の途中で、おむつ替えや授乳が必要になったり、ぐずったら抱っこしてあやしたり、ママやパパの負担は大きいです。でも、メインは上の子。上の子のお遊戯やかけっこを応援したり、写真・ビデオ撮影もしたいですよね。

おじいちゃんやおばあちゃんに赤ちゃんを預けられればいいのですが、おじいちゃん・おばあちゃんも運動会を見に行くので預けられないことがあります。なので、必然的に赤ちゃんも一緒に運動会へ行かなくてはならないことが多いんです。

運動会に赤ちゃんを連れて行っても心配ないように、「事前の確認事項」「持ち物」「席取りのポイント」などをご紹介します。

幼稚園の運動会、行く前に調べておくこと4つ!

運動会の前に、いくつか調べておくことがあります。事前に配られるプログラムや案内図を見て確認しましょう。わからないことがあれば、幼稚園の先生に直接確認しましょう。

1.プログラムでお子さんの出番を確認

プログラムをもらったら、お子さんが出るお遊戯やかけっこなどが何番目なのか確認をしましょう。お子さんが出場している間に、授乳やおむつ替えのタイミングになってしまうことを避けるためです。

2.授乳室やおむつ替えスペースはあるか

授乳室やおむつ替えのための場所を、園内で借りられるか、確認が必要です。多くの幼稚園では、保育室の一部屋を授乳室として開放してくれるはずです。ない場合は、園庭の目立たないスペースで授乳・おむつ替えするか、車で来園して車内でするかのどちらかになります。

先日、年少の長男の運動会がありました。保育室の一部屋を授乳室として貸してくれましたしトイレには元々おむつ交換台が付いていましたので、そちらを利用しました。授乳室は、幼稚園側で最初から設けてくれたので、こちらからあえて希望を出さなくて済みました。

生後10ヶ月の次男の授乳に1回授乳室に立ち寄りました。私の他に2,3人利用しているママがいました。

3.車で来園できるか

園専用の駐車場は、運動会当日は閉鎖されていることが多いです。その場合、園の近くに駐車場があれば、そちらに駐車することができます。

車で来園するメリット

  • 授乳・おむつ替えを車の中でできる
  • 赤ちゃんのための荷物は車中に置いておけるので、運動会観覧中身軽に動ける
  • 赤ちゃんが運動会中にぐずったら、車に戻ることができるので、周りに迷惑がかからない
  • 気温が高い・低い、風が強いなどあれば、上のお子さんの出番以外は車で待って、赤ちゃんの体調を管理できる

年少の長男の運動会では、園の駐車場は運動会当日閉鎖されていました。幼稚園の近くには、コインパーキングなどはなく、スーパーやコンビニの駐車場のみです。ですが、そのスーパーやコンビニに駐車するのは、園側から「絶対禁止」と連絡がありました。

なので、我が家は車での来園はできませんでした。授乳室で授乳・おむつ替えをし、羽織り物や帽子などで日焼け・寒さ対策をしました。赤ちゃん用の荷物はきちんと持っていきましたが、大人の荷物は最低限に済ませました。

4.日傘・パラソル・テントの使用は可能か

赤ちゃんは大人より皮膚が薄く、日焼けしやすいです。日焼け止めを塗るのはもちろんですが、直射日光はできれば避けたいものですね。日傘やパラソル、テントを持ち込めるか確認しましょう。

長男の幼稚園では、日傘、パラソル、テントの類は一切禁止でした。「後ろで見ている人が見えなくなる」「日傘は当たったら危ない」という理由からでした。こういった方針の幼稚園は少なくありません。必ず事前に確認しましょう。

幼稚園の運動会に赤ちゃんを連れて行くときの持ち物は?

画像出典元:http://gigazine.net/news/20160517-miamily-hipster-plus/

運動会へ赤ちゃんを連れて行くときに必要な持ち物のリストは以下の通りです。

赤ちゃん用の荷物

  • おむつ替えセット:オムツ(3,4枚)、お尻ふき、おむつ替えシート、ゴミ袋
  • 授乳ケープ
  • ミルクセット:粉ミルク(3,4回分)、水、お湯、哺乳瓶
  • お茶、水
  • 離乳食:2食分
  • おやつ:2回分
  • 着替え:1回分
  • 長袖のジャンパー、雨合羽、帽子、日焼け止め
  • レジャーシート
  • 座布団、クッション
  • 小さめのおもちゃ

お腹が空いてぐずられると赤ちゃんもママも大変なので、ミルクや離乳食、おやつは持って行けるのであれば多めに用意しましょう。

レジャーシートがあれば、荷物を置くことも、赤ちゃんを寝かせたり座らせたりもできます。赤ちゃんが直接レジャーシートに乗るのは地面が固くて痛いことがあります。座布団やクッションがあると便利です。

長男の運動会のときは、座布団やクッションはかさばるので、膝掛けを2枚持っていきました。ひざかけなら、使わないときにはたたんで鞄にコンパクトにしまえます。それをレジャーシートの上に敷いて座布団代わりにしたり、肌寒いときや日差しがきついときに赤ちゃんの足元を覆って、防寒・日よけ対策につかったりしました。

持っていった毛布はフリース素材です。軽いので持ち運びに便利です。大きさは新聞紙見開き1枚分くらいあれば十分足ります。1枚で様々な用途に使えるので、とても便利ですよ。

ベビーカーは必要?

画像出典元:https://www.aprica.jp/products/babycar/select_babycar/

ベビーカーがあればその上で赤ちゃんを寝かせられますし、ずっと抱っこしていなくていいので、ママの負担も軽いです。ベビーカーにはフードが付いているので日よけもできて便利ですね。ですが、「場所を取る」「人混みの中の移動は大変」というデメリットもあります。

まずは、幼稚園側に「運動会中、ベビーカーで園庭を移動しても大丈夫か」ということを確認しましょう。長男の幼稚園では、事前に園の方から通達があり、運動会観覧中のベビーカー使用は禁止でした。来園したら、入り口の決められた場所にベビーカーを置かなければなりませんでした。

番号札などの管理はなく、ただ置くだけでしたので、貴重品類は必ず身につけなければなりません。また、「盗難・事故は園は責任は負いません」と通達がありましたので、持っていくと、盗まれるのではないか不安がありました。

結局家からの移動にしか使えないので、我が家ではベビーカーは持参しませんでした。

席取りのポイントは?

画像出典元:https://partner-web.jp/article/?id=907

運動会当日、朝早くから並んで観覧のための席取りをすることが多いです。お子さんの活躍を見るためにも、前の方を取りたいですよね。もちろん、前の方の席を取るのは構いません。ですが、「赤ちゃんは基本的にその席にはいられないもの」と考えておいて下さい。

できれば、赤ちゃんと一緒にパパかママは観覧席の後ろにいた方が便利です。

どうして後ろにいた方がいいの?

  • 赤ちゃんが観覧席でじっとしているのは難しいので、席の後ろの人に迷惑がかかる可能性がある
  • 授乳・おむつ替えなどで席を立たなければならないので、前の席から出て行くのは人がたくさんいて難しい
  • 赤ちゃんがぐずったら、その場を離れてあやした方がいいので、後ろの席の方がすぐに出やすい

我が家は前の方の席が取れなかったので、後ろの席で見ました。赤ちゃんがぐずることが多いので、しょっちゅう席を立って、気分転換に散歩したり、授乳に行ったりしました。結局後ろの方が便利でした。

長男のお遊戯のときは、その学年の保護者に対して、前の方の観覧席が開放されました。パパにその観覧席に行ってもらってビデオ撮影をお願いしました。私は後ろからちらっと長男を見るだけでしたが、帰ってからゆっくりビデオで長男の活躍を見ることができました。

赤ちゃんがぐずったらどうする?

1つの場所に長時間じっとしているのは難しいのが赤ちゃん。運動会中、飽きてしまって何度もぐずる可能性があります。そういったときは、いったん席を離れて抱っこしたまま散歩してあげましょう。

景色が変わって赤ちゃんが泣き止むことがあります。お腹が空いているようなら、授乳したりご飯をあげたりしましょう。「上の子の姿をずっと見ていたいから」という理由で、赤ちゃんを泣かせたまま観覧席にいるのは、他の保護者の方に迷惑がかかる可能性があります。

パパかママどちらかは赤ちゃんのお世話をしてあげるために、その場を離れるようにしましょう。

まとめ

まとめると、上の子の運動会に赤ちゃんを連れて行くためには、事前に

  • プログラムで上の子の出番が何番か
  • 授乳室・おむつ替えのスペースがあるか
  • 車で来園できるか
  • 日傘・テント・パラソルは使えるか

確認する必要があることがわかりました。幼稚園から事前通達されないことがありますので、事前に幼稚園から配布されるお便り・プログラムなどを確認し、わからなければ幼稚園に直接聞きましょう。

赤ちゃんの持ち物には

  • おむつ替えセット
  • 離乳食、粉ミルクセット、おやつ
  • お茶、水
  • 授乳ケープ
  • 着替え
  • 長袖のジャンパー、雨合羽、帽子、日焼け止め
  • レジャーシート
  • クッション、座布団
  • おもちゃ

などが必要です。園内をベビーカーで移動できるのならベビーカーがあると便利です。観覧中のベビーカー移動が禁止されているなら、なくてもいいですね。

席取りは

  • 上の子を見るために前の方を取る
  • ママかパパのどちらかは、赤ちゃんのお世話のためにいつでも後ろに移動できるようにしておく

ようにしましょう。赤ちゃんがぐずったら、いったん席を離れて授乳したり散歩したりして赤ちゃんのお世話をしてあげましょう。

 - 幼児, 赤ちゃん ,