ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

トマトを離乳食に!酸っぱさをなくすにはどうしたらいい?初期~後期までのおすすめレシピは?

      2017/11/14

赤ちゃんのための離乳食作りをがんばっているママ。一生懸命作った離乳食を、赤ちゃんが完食してくれたり、おいしそうに食べてくれるとうれしいですよね。ですが、全ての食材を赤ちゃんが残さず食べてくれるとは限りません。

赤ちゃんにも好みがありますので、嫌いなものは食べてくれず、べえーっと吐かれてしまうこともあります。中でも、トマトは酸味があるので苦手意識を持つ赤ちゃんが多いです。

ですが、トマトはカロリーが低く、風邪を予防してくれるビタミンCや食物繊維がたっぷりと摂れます。また、リコピンという栄養素により、抵抗力がアップします。赤ちゃんにもぜひ食べてほしい食材の一つです。

酸っぱいトマトを食べやすくするための「下ごしらえ」「酸味を和らげる方法」「初期~後期までのおすすめレシピ」をご紹介します。

トマトの酸味を抑えるための下ごしらえは?

トマトは離乳食中期から生のままでも使用することができます。ですが、加熱した方が酸味が抑えられ、甘みが増します。ですので、加熱して使うことをおすすめします。消化に悪いので、湯むきして皮は取り除きます。また、種の部分が一番酸っぱい部分ですので、種も取り除いてから使いましょう。

皮と種を取り除くのは1歳を過ぎるまで続けましょう。

トマトの酸っぱさを和らげる方法は?

湯むきして種を取り除き、加熱すれば酸味は生のままよりもずっと減っています。ですが、赤ちゃんの舌は敏感ですので、まだ酸っぱくて食べられないという赤ちゃんもいます。以下の食材と混ぜると、酸味がさらに抑えられます。

トマトの酸味を抑えてくれる食材

  • だし(離乳食初期からOK)
  • 粉ミルク(離乳食初期からOK)
  • チーズ(初期~後期まで、使えるチーズが異なる)

粉ミルクは粉末を直接トマトにかけるのではなく、お湯に溶かして使いましょう。だしや粉ミルクは液体ですので、そのままトマトと混ぜても水分が多いです。片栗粉でとろみをつけてあげると、トマトとだしや粉ミルクがよく絡まり、食べやすくなります。

さらに、甘みの強い種類のトマトを選べば、酸っぱいのが緩和されます。フルーツトマトは通常のトマトより糖分が高いので、おすすめです。

だしの取り方

大人用の粉末だしは塩分が入っているので、赤ちゃんの離乳食には使えません。昆布と鰹節を使ってだしを取ってあげましょう。

だしの材料(1カップ分)

  • 昆布:2cm
  • 水:2カップ
  • 鰹節:ひとつかみ

だしの作り方

  1. 鍋に水と昆布を入れて、30分以上放っておく
  2. 鍋を弱火にかけて、沸騰直前で昆布を取り出す
  3. 沸騰させて鰹節を加え、1分ほど煮る
  4. 火を止めて、キッチンペーパーなどを使って、こす

だしを取るのが大変だと感じるママは、市販のベビーフード用のだしを活用しましょう。スーパーやドラッグストアなどで購入できます。1箱20回分くらいの量が入っていて、1000円~1500円程度です。

チーズはいつから離乳食に使える?

チーズは月齢によって、使える種類が異なりますので注意しましょう。チーズの種類によっては塩分が多量に含まれていて、赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまうからです。

チーズはいつから食べられる?

  • 離乳食初期:少量の粉チーズ、カッテージチーズ
  • 離乳食中期:少量のプロセスチーズ、クリームチーズ
  • 離乳食後期:上記4つの全てのチーズOK

トマトを使ったレシピ:離乳食初期編

画像出典元:https://feature.cozre.jp/72689

それでは具体的におすすめのトマトレシピを紹介します。まずは、離乳食初期(生後5~6ヶ月)の頃のレシピです。

トマトミルク

粉ミルクを使って、酸っぱいトマトを食べやすくします。

材料

  • 湯むきして皮と種を取り除いたトマト:1個
  • 粉ミルク:小さじ1杯
  • 水100cc

作り方

  1. 鍋にトマトと水を入れ、汁気がなくなるまで煮る
  2. 粉ミルクを入れて混ぜる
  3. 1で水分がなかなか飛ばなかったら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

トマトがゆ

トマトとおかゆをまぜるだけでできあがり。だしを加えて酸味を抑えましょう。もうすぐ1歳の次男は、6ヶ月頃にとまとがゆを食べました。トマトとおかゆだけだと酸っぱくて食べませんでした。だしを加えたところ、ぱくぱく食べてくれました。

材料

  • 湯むきして皮と種を取り除いたトマト:離乳食1回分
  • 10杯がゆ:離乳食1回分
  • だし:大さじ1杯

作り方

トマト、10杯がゆ、だしを耐熱容器に入れ、レンジで加熱する。

だしのかわりに溶かした粉ミルクを大さじ1杯加えて、トマトミルクがゆにもアレンジ可能です。

トマトのかぼちゃ・にんじん和え

甘みの強いかぼちゃやにんじんと一緒にトマトを和えて、トマトの酸味を和らげます。

材料

  • 湯むきして皮と種を取り除いたトマト:離乳食1回分
  • 柔らかく茹でて裏ごししたかぼちゃ・にんじん:離乳食1回分

作り方

トマトとかぼちゃ・にんじん(かぼちゃとにんじんどちらかだけでも可)を混ぜ、レンジで加熱する。

トマトを使ったレシピ:離乳食中期編

画像出典元:https://192abc.com/46530

離乳食を初めて2ヶ月経ち、赤ちゃんが離乳食に慣れ始めたら離乳食中期の段階に入ります。口に入れた食べ物を上手にゴックンできるようになったら、中期に入る目安と考えて下さい。

トマトと白身魚のリゾット

離乳食初期から使える白身魚でリゾットを作りましょう。白身魚は先に茹でておいて、ゆで汁をリゾットのだしとしても使えます。

材料

  • 下ごしらえ済みのトマト:1回分
  • 茹でた白身魚:1回分
  • 7倍がゆ:1回分
  • だし(ベビーフード用のだし、手作りだし、白身魚のゆで汁など):1回分

作り方

  1. 材料を全て混ぜてレンジでチンする

トマトだけでなく、にんじん・たまねぎなどの野菜を加えてもおいしいです。7倍がゆの代わりにパスタを入れても、トマトとの相性抜群です。

トマトチーズリゾット

チーズを入れてうまみをプラスします。

材料

  • 下ごしらえ済みのトマト:1回分
  • チーズ(粉チーズ、カッテージチーズ、プロセスチーズ、クリームチーズ):少量
  • 7倍がゆ:1回分

作り方

  1. 材料を全て混ぜてレンジで温める

カッテージチーズ、プロセスチーズ、クリームチーズは細かく刻んでおくと、レンジで温めたときにきれいに溶けやすいです。こちらも7倍がゆの代わりにパスタを入れてもおいしいです。

トマトを使ったレシピ:離乳食後期編

画像出典元:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1410004530/

歯茎でつぶせる固さのものを、噛んで飲み込むことができるようになったら、離乳食後期の始まりです。大体生後9~11ヶ月くらいになります。使えるお肉・魚の種類が増えるので、上手く活用してトマトの酸味を和らげましょう。

ひき肉のトマト煮込み

豚ひき肉を使います。あらかじめお湯で茹でてほぐしておきます。さらに、すり鉢でつぶして粒を細かくし、食べやすくしてあげましょう。

材料

  • 豚ひき肉:1回分
  • 下ごしらえ済みのトマト:1回分
  • たまねぎ、にんじんなどの野菜(あらかじめ火を通してつぶしておく):1回分
  • だし汁:1回分
  • 水溶き片栗粉:少々

作り方

  1. 材料を全て混ぜ、鍋で煮るか、レンジでチンする
  2. 水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

おかゆ・軟飯を加えてリゾットにしてもいいですし、パスタを加えてもいいですね。豚ひき肉の他に、カロリーが低くて良質なたんぱく質が摂れる鶏ささみや鶏ムネ肉、白身魚もおすすめです。

トマトフレンチトースト

手づかみ食べが盛んになる離乳食後期におすすめのメニューです。卵を使いますので、アレルギーがないか事前に卵を食べさせて確認してからあげて下さいね。

材料

  • 食パン:1/2枚
  • 卵:1/2個
  • 下ごしらえ済みのトマト:1回分
  • 粉ミルク:30ml
  • 粉チーズ:少量

作り方

  1. ボールに卵を入れて混ぜ、粉ミルクを加えてさらに混ぜる
  2. 1にトマトを加えて混ぜる
  3. パンを赤ちゃんが持てる大きさにちぎって、2に浸す
  4. フライパンで3を両面焼く

まとめ

まとめると、トマトの酸味を和らげるには

  • 加熱する
  • 種を取り除く
  • 粉ミルク、だし、チーズと混ぜる
  • だしや粉ミルクを使った場合は、片栗粉を使ってとろみをつける

ことをすればいいことがわかりました。おすすめのレシピは

  • 離乳食初期:トマトミルク、トマトがゆ(だし入り)、かぼちゃ・にんじん和え
  • 離乳食中期:トマトと白身魚のリゾット、トマトチーズリゾット
  • 離乳食後期:豚ひき肉のトマト煮込み、トマトフレンチトースト

です。粉ミルクやだし、チーズを上手く使って、トマトの酸味を和らげてあげましょう。

 - 赤ちゃん, 離乳食 ,