ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

トイレトレーニングを普通の布パンツで始めたい!やり方や必要枚数、洗い方は?

      2017/06/14

お子さんのトイレトレーニングを始めようと思っているお母さん、何を買えばいいか困っていませんか?トイレトレーニングには、「トレーニングパンツ」を用意する人が多いです。厚みがあるのでお漏らししても漏れにくく、でも濡れていることは感じることができます。

お子さんは何度もお漏らしをするので、替えのトレーニングパンツがたくさん必要になります。ですが、普通の下着より分厚いので、洗濯してもなかなか乾きません。値段も普通の布パンツより高めです。

コストパフォーマンスが少し悪く感じられるトレーニングパンツ。いっそのこと買わずに、普通の布パンツでおしっこのトイレトレーニングを始めてみませんか?いずれ絶対に使うことになるパンツで始めれば、始めにたくさん買ってもオムツを卒業した後そのまま使い続けられます。

また、洗濯後もトレーニングパンツより早く乾きます。普通の布パンツでのおしっこのトイレトレーニングの「やり方」「メリット」「デメリット」「必要枚数」「洗濯の仕方」をご紹介します。

普通のパンツでトイレトレーニングはどうやってやる?

いきなり普通のパンツでトイレトレーニングをすると、洗濯や掃除を頻繁にしなければならない可能性があります。時間があるときやママの気持ちに余裕があるときに始めましょう。

まずは、お子さんのおしっこの間隔がどれくらい空くのかを以下の方法で調べます。既にお子さんがどれぐらいの頻度でおしっこをするのかわかっている方は、この過程は飛ばしましょう。

おしっこの間隔の調べ方

  1. パンツをはかせて、はかせた時刻をメモ
  2. 子どもがお漏らししたらその時刻をメモし、新しいパンツに替える

これを3回以上繰り返します。そうすると、お子さんのおしっこの間隔がつかめてきます。間隔がわかったら、「そろそろおしっこかな?」という時間にトイレやおまるに座らせてみましょう。間隔がバッチリ合っていれば、トイレやおまるでおしっこをしてくれます。

あるいは、パンツが濡れるのを気持ち悪がってお子さんから「おしっこ!」と事前申告してくれることもあります。すぐにできるようにはなりません。特に初日は失敗ばかりです。このやり方が合わないお子さんもいます。

3日間続けてみて、布パンツでトイレトレーニングが続けられそうだと思ったら、その後も根気よく続けてみましょう。

パンツでのトイレトレーニングのメリットは?

パンツでトイレトレーニングには、こんな良い点があります。

メリット

  • トレーニングパンツより安い
  • トレーニングパンツより洗濯後乾きやすい
  • 薄いので蒸れにくく、履き心地がいい
  • 濡れた感覚がわかるので、トイレトレーニングが早く終わる可能性がある
  • 「お姉さんパンツ」「お兄さんパンツ」を履くことで、子どもがやる気になりやすい

普通の布パンツでお漏らしをすると、ズボンまでぐっしょり濡れて水たまりができるくらいになります。そうすると、子どもは「お漏らしすると気持ち悪い」という感覚を覚え、パンツを濡らしたくないために早めに事前に教えてくれることがあります。

トレーニングパンツは分厚いものだと、「濡れて気持ち悪い」という感覚がなかなかつかみづらいのです。また、普通の布パンツは「お姉さんパンツ」「お兄さんパンツ」と、子ども達の憧れ。履くことでお兄さんお姉さんになったような気分になり、「パンツを濡らしたくない!」とやる気を誘います。

デメリットは3つ

画像出典元:https://millymilly.jp/column/30630

お子さんにとっては、トレーニングパンツよりも布パンツの方が快適のようですね。ですが、布パンツでのトイレトレーニングにはデメリットもあります。お子さんの負担と言うより、ママの負担が増えます

1.洗濯物が増える

パンツだけでなく、その上に履いたズボンやカーペットなどの敷物も濡れてしまいます。1日に何回もおもらしをするので、洗濯物がたくさん増えます。ですが、暑い夏にトイレトレーニングを始めれば、パンツだけ履かせてズボンは履かせないことができます。

また、カーペットなどはあらかじめ撤去して、フローリングにしておけば敷物もぬれません。

2.掃除が大変

おもらしして床に水たまりができたら、その都度拭かなくてはなりません。フローリングの床ならすぐに済みますが、畳におもらしされるとやっかいですね。「おしっこを乾いた布で拭き取った後に、熱湯で固く絞ったぞうきんで拭いて、最後にから拭き」というのが一番いい方法です。

ですが、この方法は手間がかかりますし、乾くのにも時間がかかります。もっと簡単に掃除や乾燥できる方法があります。私が住んでいる自治体の保健師さんに教えてもらいました。

畳の簡単な掃除方法

  1. 乾いた布でおしっこを吸い取る
  2. 水拭きをする
  3. 除菌スプレーをかけて、ドライヤーを当てしっかり乾燥させる

最後に乾燥させることで、カビが生えるのを防ぐことができます。畳の掃除が大変と思われる方は、畳の上にプレイマットなどを敷く方法をおすすめします。お漏らしされても畳までは染みないので、そのマットだけを外して水洗いすれば掃除はおしまいです。

3.ママの精神的・肉体的負担が増える

洗濯や掃除でママは心も体も疲れてしまう場合があります。また、「いつ漏らされるのか」とハラハラしてぐったりすることもあります。

パンツは何枚買えばいい?

画像出典元:http://soboclip.com/toilet-training/

こまめに洗濯できる方は、まずは10枚ほど用意しましょう。その都度さっと手洗いして干していけば、次の日の朝から使えます。特に夏は2~3時間で乾くので、10枚で十分使い回せます。洗濯する時間がない方や負担を増やしたくない方は20枚ほど用意しましょう。

もし、パンツの上にきちんとズボンも履かせた状態でトイレトレーニングをするのなら、替えのズボンも多めに用意しましょう。

私の長男のときは、ズボンまでたくさん購入するのはお金もかかると考えました。息子は2歳でトイレトレーニングを始めました。しまい込んでいた1歳のときのズボンがまだ履けましたので、それも使うことでズボンの本数を増やしました。

また、トイレトレーニング期間は家にいるため誰にも見られることもないので、パジャマのズボンも活用しました。

洗濯の仕方は?

画像出典元:http://sokuup.net/?mode=permalink&no=11222

こまめに洗濯できる時間があるのなら、お漏らしされた都度洗濯した方が楽です。手洗いをおすすめします。

手洗いでこまめに洗濯する方法

  1. おもらしパンツを水ですすいで、おしっこを落とす
  2. 石けんを付けてこする
  3. 水ですすいでしっかり絞る

最後にしっかり絞らないと乾きが遅くなります。私は、その都度手洗いし、絞ったら洗濯機に入れて5枚ほどたまったら洗濯機の脱水機能を使っていました。一気にまとめて洗濯したい方は、つけ置きしておきましょう。

まとめて洗濯する方法

  1. バケツに水を張り、洗剤を溶かしておく(洗剤の容器につけ置き洗い時の洗剤量が書いてあるので、それに従う)
  2. お漏らしパンツ(場合によってはズボンも)をバケツに入れておく
  3. 他の洗濯物を洗濯機にかける前に、バケツの中のパンツを軽くすすぐ
  4. 他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗う

まとめ

まとめると、普通の布パンツでトイレトレーニングをするときは、

  • お漏らしした時間をメモしておしっこの間隔をつかむ
  • トレーニングパンツに比べて、安価で乾きやすく、履き心地がよい
  • 掃除や洗濯物が増えるので、ママの気持ちの余裕のあるときに
  • 10枚~20枚購入

すればいいことがわかりました。布パンツでのトイレトレーニングを始めるときは、できれば夏がおすすめです。お漏らしされても大変な思いをしないように、カーペットや布団などは片付けておきましょう。

 - 幼児 ,