ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

つわり中の歯磨きがつらい!そんな時の対策は?

      2017/03/13

妊娠中にはつきものの「つわり」。人によって軽く済む方もいれば、症状が重く入院をしないといけなくなることもあります。長さにも個人差があり、好きなものが食べれなかったりにおいに敏感になったりします。

吐き気がして、ひどいときには1日に何度も嘔吐したりしてしんどいですよね。つわりの時期には、歯磨きをしようとすると気持ち悪くなったりして悩む方もいます。

しかし、妊娠中の歯磨きって、実はとても大切なのを知っていますか?お口の健康のためにも、できればしっかり歯磨きしたいものです。何か良い対策はないのでしょうか?

虫歯のリスクは妊娠中に高まる

妊娠中には、ホルモンバランスの変化や抵抗力の低下などが原因となり、虫歯になりやすいと言われています。そのため、それまで全く虫歯がなくても妊娠した途端に虫歯ができてしまう、ということもあるそうです。

妊娠中に虫歯になりやすい原因には、次のようなものがあります。

妊娠中に虫歯になりやすい理由

  • ホルモンバランスの変化や体の抵抗力が下がることで、虫歯菌が増殖しやすい
  • 食事の回数が増えるため、口の中が酸性のままになりやすい
  • 唾液の量が減り口の中が酸性になるため、歯のエナメル質を良い状態に保つ働きが鈍くなる
  • 唾液の酸を中和する力が弱くなり、粘り気が強くなるので細菌の活動が活発になる
  • つわりで歯磨きが不十分になり、磨き残しが起こりやすい

また、妊娠中は使えない薬などもあるので、虫歯になっても治療が難しい場合もあります。

妊娠前期は奇形を発生させる可能性があるので、応急処置のみにしましょう。また妊娠後期(28週~)では、急激に血圧が低下する仰臥位性低血圧症候群を引き起こすことがあるので体調に合わせ、緊急性がない場合は無理せず産後に行うことも考えましょう。

基本的に妊娠中は薬を内服しない方がよいと考えます。特に妊娠初期は胎児の器官や臓器の形成期であるため、薬は使用できません。しかし、薬を使用しないことで母体に悪影響があると考えられる場合には、胎児への影響の少ない(非ピリン系のアセトアミノフェン)や抗菌剤(ペニシリン系、セファロスポリン系)を必要最小限投与します。

引用元:日本小児歯科学会

虫歯だけでなく、歯周病にも注意が必要

妊娠中(特につわり期)には、先ほど述べたようなことが原因となって、虫歯とともに歯周病のリスクも高まります。歯周病とは、次のような症状が出る病気です。

歯周病の症状

  • 歯茎が赤く腫れる
  • 歯磨きなどの際に、歯茎から出血する
  • 歯茎が下がって、歯がしみる
  • 口臭がする
  • 歯がぐらついたり、ひどくなると抜けてしまう・・・

他にも、妊娠中に歯周病になると早産や低体重出生児の生まれる確率が上がるという研究もあります。妊娠中に発症した歯周病が、出産後もそのまま治らずに悪化してしまうこともあるのです。

妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています。

これは口の中の歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染するのではないかといわれています。その危険率は実に7倍にものぼるといわれ、タバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字なのです。

引用元:日本臨床歯周病学会

ただし、妊娠期に歯周病にかかってしまったとしても、歯周病は症状の軽いうちに歯と歯茎の間に汚れがたまらないように気をつけたり、歯医者で治療をすれば、進行を止めたり治すことのできる病気です。

だからこそ、歯磨きが大切になってくるんですね!

つわり中の歯磨きをしやすくするポイント

いくら妊娠中の歯磨きが大事!と言っても、つわりで歯ブラシを口に入れるのもしんどい…ということもあるものですよね。そんなとき、少しでも楽に歯磨きができるようにする方法はないのでしょうか?

いくつかの方法をご紹介します。

1.歯磨きのタイミング

歯磨きのタイミングというと、朝起きたとき・食事のあと・夜寝る前…と考えがちですが、つわり中はその時間に調子が良いとは限りません。無理をして吐き気が出て歯磨きができなくなるよりは、タイミングよりも自分の調子のよい時間に歯磨きをするようにするのがポイントです。

お風呂の中でリラックスしているときや、旦那さんが家にいる時間なら、安心してじっくり歯磨きができるという人もいます。

2.歯ブラシを変えてみる

体調の良いときでも、歯ブラシが喉の奥に当たるとえづいたりすることがありますよね。つわりのときはその感覚がとても敏感になっているので、ちょっとした刺激でも気持ち悪くなってしまったりするものです。

そんなときは、歯ブラシを小さなヘッドの子供用の物などに変えてみるのも1つの方法です。持つ部分も長くないので、あまり奥まで入りにくく使いやすいという妊婦さんもいるそうです。

大人用にも小さなヘッドの歯ブラシが販売されているので、そちらを使ってもよいでしょう。

3.歯磨き粉を付けずに磨く

歯磨き粉の匂いや刺激が、吐き気を引き起こしてしまうことがあります。そんなときは、思い切って歯磨き粉を付けるのを止める方法もあります。

歯磨き粉を付けずに磨いても、丁寧に磨くことができれば汚れは落ちます。

4.歯磨き粉の種類を変える

それでもやはり、歯磨き粉を付けずに磨くのはちょっと…という方は、刺激の少ない歯磨き粉に変えてみるのもオススメです。ミントのスースーした感じが苦手なら、清涼感の少ないタイプを選ぶとよいでしょう。

子供用のいちごやぶどうの香りのついたものも、キャンディのような感覚で使いやすいので試してみてください。

それでも歯磨きが難しいときは…

歯磨き粉を変えたり、使わずに磨いたりしても、歯ブラシ自体を口に入れるだけでつらい…というときもありますよね。だからと言って、全く何もしないでお口の中を不衛生にしておくわけにもいきません。

もちろん歯磨きができるのが一番ですが、補助的に何か役立つものはないのでしょうか?

どうしてもダメなら、せめてうがいを

何をやってもダメなら、せめてうがいだけでもするようにしましょう。お口の中の汚れを落とし、気持ちもスッキリします。デンタルリンスなどでうがいができるようなら、それを使った方がなお効果的です。

殺菌効果があると言われる、緑茶でうがいをするのもよいでしょう。ただしカフェインが含まれていますので、うがいだけなら問題ないですが、摂りすぎには注意が必要です。

キシリトール配合のガムを噛む

ホルモンの影響で、お口の中が乾きがちになる妊娠中には、唾液を多く出してあげることも大切です。唾液には、歯についた汚れが落ちやすくなり、虫歯菌の好む酸性を中和する効果があります。

キシリトール配合のものなら口の中が酸性になりにくく、またキシリトールには虫歯菌の活動を弱める働きもあるので、虫歯を心配しないで唾液の分泌を増やしてあげることができます。

歯科専用のものとして、甘味料としてキシリトールを100%使用しているガムも発売されています。

ガムを噛むことで吐き気が和らいだり、気分がスッキリする効果も期待できるのでオススメです。

市販の歯磨きタブレットを使う

ベビー用品店や薬局などで販売されている歯磨きタブレットを使ってみるという方法もあります。

キシリトールが配合されていて、各社からいろいろなタイプが発売されています。味や形も様々ですので、自分に合ったものがあればそれを使ってみるとよいでしょう。

ベビー用品店などでは、いろいろな味を詰め合わせたお試しパックのようなものも出ていますので、自分に合ったものを探してみるのもオススメです。ただし、あくまでも歯磨きの補助的な役割ということを頭に入れておきましょう。

体調の良いときには、少しでも歯磨きをするようにするのも大切です。

まとめ

妊娠中に歯磨きが大切なことが頭でわかっているから、余計につわり中に歯磨きができないと不安になるものです。調子のいい時間にチャレンジしたり、自分に合った歯磨き粉を見つけたりして、つわり期を上手に乗り切りたいですね!

安定期には、妊娠中でも歯医者で治療を受けることは可能です。虫歯の有無や歯周病のチェックも兼ねて、一度診てもらっておくのもオススメですよ。

 - 妊娠初期 , ,