ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

帝王切開での出産の場合、産後の入院期間はどのぐらい?経過やお世話の体験談を交えて

      2017/06/15

新しい命が宿ったママさんたちは、赤ちゃんが生まれてくることを心待ちにしていることかと思います。でも、その前に大きなお仕事「出産」がありますね。出産のスタイルは様々ですが、どんな出産も命がけでとても大変なお仕事です。

そして、出産は予期せぬことも起きます。自然分娩で望んでいても、何らかのトラブルで帝王切開になる事もあります。手術で出産をする帝王切開の場合、自然分娩とは違うことがあります。その一つが産後の入院期間です。

帝王切開の産後の入院期間を私の経験を交えながらまとめてみました。

帝王切開とはどのような出産?

自然分娩(経膣分娩)が難しいと医師が判断した場合、お腹を切開し、子宮から直接赤ちゃんを取り出す帝王切開の手術になります。近年、医療機器の発達によって、赤ちゃんや母体のトラブルを早く発見できるようになり、出産のリスクを減らすため増加しています

分娩の状況
平成17年9月中に実施した分娩件数をみると、一般病院44,865件(帝王切開娩出術件数9,623件)、一般診療所40,247件(帝王切開娩出術件数5,156件)となっている。
分娩の状況を年次推移でみると分娩件数は減少傾向である一方、帝王切開娩出術件数は年々増加している。
また、分娩件数に対する帝王切開娩出術の割合は、一般病院は21.4%で、昭和59年(8.2%)から約2.6倍、一般診療所では12.8%、昭和59年(6.1%)から約2.1倍となっている。

引用元:厚生労働省HPより

帝王切開の体験談として

私も帝王切開で二人の子供を出産した母親です。一人目の時に高位破水から始まり自然分娩で出産が始まったものの、有効な陣痛が来ず、子宮口が硬くなかなか開かないため「遷延分娩」になり緊急帝王切開となりました。まさか帝王切開になるとは思わずとても不安になった記憶があります。

二人目は一人目が帝王切開だったため、予定帝王切開でした。帝王切開を経験していると、傷口の部分が弱くなっている為、自然分娩すると傷口の部分が避けるリスクがあるため、予定帝王切開になるのが一般的です。

帝王切開の産後の入院期間はどのくらい?

では、実際に帝王切開の産後、どのくらいの入院期間で退院できるのでしょうか?帝王切開の術後の経過に問題がなければ、1週間~10日間前後の入院となります。これは産院によっても違いますし、ママの産後の経過によっても違ってきます。

また、予定として帝王切開の場合は手術の前日から入院するので、実質の入院期間は8~10日間前後の入院になります。自然分娩の入院が5~6日という期間に対し長いのは、手術した傷口の治癒の為です。

入院期間

分娩を含めて6日間です。経産婦さんで希望があれば、1日早い退院が可能です。帝王切開の場合、手術日を含めて8〜9日間です。赤ちゃんやお母さんの状態によっては入院期間が延びることがあります。

引用元:愛産婦人科HPより

帝王切開の入院中はどのように過ごすの?

帝王切開後の産後はなかなか大変です。自然分娩のママさんたちが普通に院内を歩いている反面、帝王切開のママさんは歩くことすら必死です。では、どのようにして入院期間を過ごすのでしょうか?一般的な産後の過ごし方をまとめてみました。

帝王切開:手術当日

帝王切開はお腹を切開するので、前日の夕方から食事水分がとれず絶食になります。その為、失われてしまう水分・電解質・カロリーを補ってくれる点滴をします。点滴は帝王切開前日から2~3日は続きます。

手術前から行われている点滴に、手術後は傷口からの感染症を防ぐための抗生剤、血栓を防ぐための薬、傷口、後陣痛の痛み止めの薬が平行して投与されます。手術後は体を動かすことが出来ないので血液が固まりやすくなる為、点滴は欠かせません。

全く動くことが出来ないので、尿道にカテーテルがついています。

経験談
  • 点滴の針がずっと入れっぱなしなのが予想外にとキツイ
  • 手術後は麻酔で眠っているので手術した当日はずっと眠っていたりもうろうとしている
  • 痛み止めが切れるとつらいので切れたらすぐ投与してもらった
  • 一人目のときは母乳育児推進の病院だったので添い乳で始めての授乳をして大変だった

帝王切開:術後2日目

点滴はまだ続いています。術後の経過にもよりますが、一般的には術後2日目からママさんは少しずつ体を動かすように指導されます。ずっと横になって体を動かさずにいると、血液が固まりやすくなるからです。尿道のカテーテルははずされ、点滴ポールをひきながらトイレに行く事を促されます。

また、手術当日は赤ちゃんのお世話が出来ないので赤ちゃんは新生児室にいますが、少しずつ赤ちゃんのお世話が始まってきます。母乳の与え方やオムツの替え方などが指導されます。傷口の様子、子宮のもどりなどを医師が診察します。

術後の経過が順調な人は、術後2日目で点滴がとれます。

経験談
  • 二人目のときは術後2日目から母乳の指導、オムツの替え方の指導が始まる
  • 傷が痛くて授乳が大変なので、帝王切開でもできる授乳の仕方を教えてもらう
  • 体を動かすこと傷の治りも早いと話され、必死にトイレに通う
  • 一人目のときは完全母子同室だったが、夜しっかり休めるのは入院中だけなので二人目はナースステーションに預ける
  • 食事としておもゆが始まる

帝王切開:術後3~4日目

術後の経過にもよりますが、術後3日目で点滴がはずされます。その為、赤ちゃんのお世話もしやすく、体も動かしやすくなります。個人差もありますが、シャワーの許可がでると体を洗うことも出来ます。

経験談
  • 二日目よりも赤ちゃんのお世話が本格的になる
  • 二人目の術後3日目に夜の母子同室に挑戦するが傷口の痛みが強くなかなか抱っこが出来ず断念し落ち込む
  • 二人目の術後4日目に再度夜の母子同室に挑戦しとても嬉しかった
  • 術後3日目の食事はおもゆからおかゆに変わり、術後4日目には普通食になり喜ぶ

帝王切開:術後5~6日目

経過を見て術後5~6日目で傷口の処置が行われます。それまでの赤ちゃんのお世話に加え、沐浴の指導も行われます。赤ちゃんは小児科医の健診があります。

傷口の処置の仕方
  • 医療用のホチキス(ステープラー)→取り除く
  • 溶ける糸→縫い初めと縫い終わりの部分のみ抜糸をする
経験談
  • 赤ちゃんの表情が少し出てきてお世話が楽しくなってくる
  • 母乳の授乳が少しずつ慣れてくる
  • 傷口は溶ける糸だったが初めと終わりの部分のみを抜糸し少し楽になる
  • 少しずつ退院に向けて生活指導が始まり期待と不安が入り混じる

帝王切開:術後7~8日目

経過を見て術後7~8日目で退院となります。病院にもよりますが、退院前日にお祝い膳が出る病院もあります。午前中に入院費用の精算が行われ、午後から退院するケースが多いです。

体験談
  • 二人とも術後8日目に退院した
  • 一人目のときに傷の痛みがまだあり不安になっていたが、助産師さんに「随分普通に歩けるようになったね」と励ましてもらい嬉しかった
  • 一人目のときは破水から始まり入院し緊急帝王切開になったので、出産前4日間、出産日を入れて産後は8日間、合計12日間の入院となる
  • 二人目のときは予定帝王切開で、出産前1日、出産日を入れて産後は8日間、合計9日間の入院となる

まとめ

帝王切開の産後の入院期間は自然分娩の入院期間よりも長いですが、1日1日はとても意味があります。入院期間でお世話が出来る状態になるように大切に過ごしましょう。ママと赤ちゃんのお世話を親身にしてもらえるのは入院時期が一番手厚いですからね。

帝王切開で出産したママは産後の傷との戦いでもあります。1日でも早く傷の状態を良くするために、休める時にきちんと休みましょうね。

 - 産後 , ,