ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

単身赴任が決まった!赴任先での生活費はどんなものが必要なの?

   

夫の転勤で単身赴任することになると、心配なのが生活費ですよね。日々家計を気にしている主婦にとっては大問題です。夫の生活費としてどれくらい予算を組めるか、その予算内で上手く節約してくれるのか、普段料理をしない夫がちゃんと食事ができるのか、気になることは沢山出てきます。

家賃補助や単身赴任手当は出る会社が多いと思いますが、なかなか手当の範囲内で生活するのは難しいのが現実ですよね。ここでは単身赴任の生活費の節約について考えてみます。

単身赴任先で発生する生活費って何があるの?

生活費については子どもにかかる費用以外、ほとんど同じものが必要になります。家賃は会社が何割か負担してくれるところもあるでしょう。負担額は会社によって変わります。

生活費は気を付けなければ増える一方ですので、赴任先で買うものと家族分と一括で購入して赴任先に送ったほうが安くつくものを分けて考えましょう。

単身赴任先で発生する生活費

  • 家賃(負担額は会社に確認しましょう)
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 通信費(携帯は家族一括で支払っている場合あり)
  • クリーニング代
  • 理容代
  • おこづかい
  • 雑費

家族全体の予算を見直しましょう

単身赴任が決まったら手当も含めた手取り額を確認し、固定額を引いて生活にかけられる金額を割り出しましょう。そしてそれを項目ごとに割り振ってみます。必ず夫と一緒に金額を確認し、家計の現状を知ってもらいましょう。

1ヶ月の予算と1日の予算を決めましょう

1人での生活がはじまると、ついついお金を使いすぎて「まだ半月なのにもう予算を使い果たした」なんてことが起こるかもしれません。1ヶ月で30,000円と決めるより、1日1,000円と決めた方が気持ちが変わってくるのではないでしょうか。

赴任先での生活費だけでなく、全体の予算を話し合いましょう

給与総額ー妻子の生活費ー貯金=夫の生活費で、まずは計算してみてください。生活費が少なくてイライラすることもあるかもしれませんよね。「単身赴任して、苦しい生活をさせられてる」と嫌になってしまわないように、全体を見せて納得してもらいましょう。イライラする節約は長続きしません

家族で共通の「年に一回旅行に行こう」など、楽しいと思えることも考えてみましょう。

節約方法

今まであまり「生活費」を意識してこなかった人にとって、いきなり予算を決めて生活を始めるということが大変と感じるかもしれません。でも、使いすぎて追加追加となると、家族の生活も困ってしまいます。最初に一緒に節約方法を考えてみてはいかがでしょうか。

食事の節約

仕事から帰って食事の用意をするというのは結構大変ですよね。今まで自炊をした経験があったり、結婚してからも家事をしていたのなら出来るかもしれませんが、経験がないと大変です。自炊して節約できるのは、計画的な食材購入や調理がきちんとできるからですが、できない人は自炊しても食材を無駄にすることが多く、節約にならないことがあります

また、高い食材を買い込んで一晩で使ってしまったら、意味がないですよね。単身赴任が始まる前に自炊について話し合っておきましょう。

食費の節約

  • 昼食は冷凍食品などをつめてお弁当を持って行くか、安いお弁当屋さんを探す
  • ドラッグストアなどで冷凍食品や冷凍野菜が安い時に買う
  • カレーなど、冷凍できるものを作って送る
  • 外食は付き合い以外は安い定食屋
  • コンビニ使用はなるべく控える

缶コーヒーはやめて、作って持って行く

缶コーヒーを買うとお金がかかります。安い自動販売機で1本100円だったとしても、1日2本×20日=4,000円もかかってしまうのです。朝コーヒーを飲むならその時に多めに作って、水筒に入れて持って行きましょう。コーヒーメーカーを使っている人にとっては大した手間ではないですよね。好みの味にもできますし、是非試してみてください。

下着や衣類は一緒に買う

単身赴任から毎月帰ってくることが多いなら、衣類はなるべく一緒に購入するようにしましょう。1人でお店に行き、ついつい目的外の物を買ってしまうことがないようにしましょう。

自分で洗えるものは洗う

ワイシャツをアイロンかけするのは面倒だからといってクリーニングに頼るとお金がかかってしまいます。アイロンがけは出来るように頑張ってもらいましょう。ワイシャツ1枚の料金が200円だとしたら、20日出勤したら200円×20日(出勤日数)=4,000円かかります。

スーツのクリーニングは必要ですが、ワイシャツは頑張って自宅で洗ってもらいましょう。

食費の節約のためにも、冷凍おかずを送ってみましょう

自炊が苦手な場合は、どうしても外食やお弁当に頼ってしまいますよね。お弁当になるとどうしても似たような食事になり、楽しくない食卓になってしまいます。単身赴任で頑張って生活している夫への感謝と気遣いに、時々冷凍おかずを送ってみてはいかがでしょうか。月に何度も送ると経費がかさんでしまいます。

月に一度など決めて、カレーを沢山作ったときに他の冷凍おかずも作って、解凍の仕方のメモを入れて送ってみましょう。きっと頑張ろうという気持ちになると思いますよ

冷凍おかずやごはん例

  • 炊き込みご飯おにぎり(早めに食べた方が良い)
  • ソースを絡めたスパゲティ
  • カレー(じゃがいもは入れない)
  • シチュー(じゃがいもは入れない)
  • ロールキャベツ
  • ハンバーグ
  • 牛丼などの丼の具
  • から揚げなどのあげもの
  • 餃子(1つずつラップに包んで冷凍)
  • ピーマンの肉詰め
  • 焼き魚
  • ひじきの煮物
  • きんぴらごぼう
  • 高野豆腐

お弁当に入れやすい大きさのものを作ったり、いろいろ工夫してみてください。特別に作らなくても毎日の食事を作る時に少し多めに作るだけでいいのです

無理のない毎日を

新しい環境になり大変なことが多いと思います。そこに生活の不安があると心身共に疲れてしまいますよね。それは残された家族も同じではないでしょうか。夫と妻子、どちらの生活を優先しすぎても生活が成り立たなくなってしまいます。しっかりコミュニケーションをとって無理しすぎない生活を考えてみてください。

節約についてお互いが意識して、協力しあえる部分はしっかり協力し、楽しい毎日になるように心がけてみましょう。

 - 生活 ,