ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠線と一緒に”黒ずみ”も予防!?

   

黒ずみ対策にもこだわりました★

2人の息子を出産経験した30代のママです。

私が実践した妊娠線の予防の方法をお話しします。

私はこの予防で妊娠線は出来ず、今も綺麗なお腹です。

妊娠線はマタニティ中にどんどんお腹が大きくなる事で、皮膚が引っ張られて伸びて、ひび割れた様な痕が出来てしまったものです。

大体、ちょっとお腹が出て来た頃…

5ヶ月目から妊娠線予防を始めました。

使用したのは、保湿力の高いクリームです。

1人目の時は、妊娠線の予防をうたった専用クリームを使っていましたが、2人目の時は、ドラッグストアに売っている馬油や保湿力が高いクリームを使っていました。

どれも肌を保湿してあげることが一番の目的ですので、私の場合特に商品にこだわる必要はありませんでした。

使うタイミングですが、お風呂上がりにお腹を優しく撫で回すようにマッサージしながらたっぷり塗り込みました。

そして朝起きた時も、同様にたっぷり塗り込みました

私はお腹だけではなく、体重が増えることで太ももやお尻周りも気になった為に、太ももとお尻周りもマッサージしながらクリームを塗っていました。

万が一、妊娠線と同じように、ひび割れた様な模様が出来てしまったら嫌ですから。

この予防を出産直前までやり続け、出産後は美白美容液を毎日お風呂上がりに塗り込みました。

なぜなら出産後は、何だか色が黒ずんでいるような気がしたので黒ずみを消すため。

マタニティ中から色素沈着しやすいと言われていますし、綺麗なお腹を維持するために半年は美白美容液をつけました。

おかげで1人2人目出産した後もこの予防で妊娠線も出来ず、黒ずみを消すことができ、綺麗なお腹を維持出来ました。

 - 体験談