ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠線予防”怠けてしまった結果・・・

   

怠けてしまうと、もう遅い

私は体だけではなく顔も手も、乳液だったりハンドクリームなどで手や体がベタベタになるのが本当に嫌いです。

初めての妊娠の際に悪阻で体重が39kgになってしまい、その時期は立つのもやっとだったので、とても妊娠線など気にしてる暇がありませんでした。

むしろ痩せすぎてしまっていたので妊娠線どころではなかったとは思いますが・・・。

それから悪阻も徐々に収まりお腹が出だした頃、初めての妊娠ということもあったので色々と雑誌を読んだりしていました。

そこで妊娠線はできると消えないとあったので、「ベタベタするのは我慢して塗らなければ!」と最初はクリームを塗ってみたり、オイルを塗ってみたりと頑張っていました。

でも元々の性格もあるでしょうが、夜遅くまで仕事をし疲れ切っているところに、予防の為にクリームやオイルを塗る元気がなくなってきました。

それでもたまに塗ることをしていたのですが、お腹が大きくなって下の部分が自分で上から見えなくなった頃に検診で看護師さんに「妊娠線でてきたね」と言われました。

家に帰ってから鏡で見ると、妊娠線が出来てました・・・。

それから更に出ないように予防すれば良かったのですが、なぜか私はやる気をなくしてしまい、それからはほとんど塗らなくなってしまいました・・・。

でも一番ショックでもあり驚いたのは、妊娠線が出来たのが全く予想していなかった膝の裏あたりのふくらはぎに、いっぱい妊娠線が出来てしまっていたことです。

ここは全く予防してなかったし、膝の裏を見ることがなかったので気付いた時には遅かったです。

怠けるのももちろん駄目ですが、”妊娠線が出るのはお腹だけではないということ”ですね。

もう消すことは出来ないので2人目、3人目を妊娠した時は、一切なにも塗らなかったです。

 - 体験談