ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

お腹の下側がかゆくなったら妊娠線の発症を疑いましょう

   

痒くて痒くて夜中に目が覚めてしまう辛さ

妊娠線はできてしまったらなかなか消えないので、予防対策が肝心と心得てはいたのですが、二人目妊娠時に見事に出来てしまいました

1人目で出来なかったから私は大丈夫と思ってたのが大間違いでした

はじめはきがつかず、なんだかやたらに突き出てきたお腹の下方がかゆいなぁとボリボリ掻いていました。

この痒みとできてしまった妊娠線とが結びつかず、そのうち治るかな?と放置しておいたのが間違い!

見事に5本ぐらいの筋がビシビシ出来てしまいました。
妊娠線に気づいた時の悲しかった事…
痒みもひどく、また見た目も悪くすごく憂鬱でした。

かゆみができたら、その時点ですでに対策が遅いのだと思いました。

妊娠線の対策に、市販のクリームを塗りましたが時すでに遅しで、出産後一年間は全く消えませんでした。

今は出産後2年になりますが、ようやく気にならない程度にきれいになってきました。

しかし、完全にはなくならず、よくみるとうっすら筋が残っています。

これからご出産されるかたには是非とも妊娠初期からお腹、腰回り、太ももに保湿クリームを塗ることをお勧めします

出来てしまってからではほんとーに遅いです。

見た目も悪いですし、私のようにひどい痒みも伴うこともあります。

ただでさえ大きなお腹で寝苦しいのに、痒くて痒くて夜中に目が覚めてしまうあの辛さはしんどかったです。

健やかな出産と育児のためにも、妊娠線の予防対策はしっかりとしてくださいね。

 - 体験談