ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

外出先でミルクを飲ませるときは何をもっていけばいい?作るときのポイントは?

   

赤ちゃんを連れてお出かけするときには準備するものがたくさんありますよね。

では、外出先でミルクを飲ませるときに必要なものは何でしょう?

今回は厚生労働省のホームページや、Yahoo!JAPANの知恵袋で「外出先でミルクを飲ませるときの工夫」と「外出先でミルクを飲ませるときの注意点」について調べました。

すると、「外出先でミルクを飲ませる前に知っておきたい5つのこと」がわかりました。

外出先でミルクを飲ませる前に知っておきたい5つのこと

  1. 外出先でミルクをつくるときの注意点
  2. 先輩ママが実践した外出先でミルクを飲ませるための工夫
  3. 筆者が実践した外出先でミルクを冷ます方法
  4. 筆者が経験したお湯をもっていく必要がない外出先
  5. 外出先でミルクをつくるときの便利グッズ

では、この5つについて詳しく説明します。


外出先でミルクをつくるときの注意点

厚生労働省のホームページを調べると、WHO(世界保健機関)およびFAO(国連食糧農業機関)の「ミルクのつくり方や保存方法についてのガイドライン」が公開されています。

そのガイドラインによると、粉ミルクは現状、無菌の製品をつくることは難しく、すべての製品に病原菌を含んでいる可能性があります。

そのため、「ミルクのつくり方や保存方法」によっては細菌感染の可能性があります。

PIF(乳児用調製粉乳)は、最新の衛生基準に沿って製造された製品であっても、無菌の製品ではない。そのため、重篤な室病の原因となりうる病原菌を時に含んでいる可能性がある。

~中略~

調乳済み粉ミルクの取り扱いや保存が不適切である場合には、このリスクが大きくなる。

PIF(乳児用調製粉乳)は、調乳担当者、また調乳が行われた環境から外因的に汚染される可能性がある。

引用元:厚生労働省「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインについて」

ここでは、「外出先でミルクを飲ませるときの3つの注意点」を紹介します。

外出先でミルクを飲ませるときの3つの注意点

  1. ミルクはつくるときは手をしっかり洗い、よく拭く
  2. ミルクをつくるときは70度以上のお湯でつくる
  3. ミルクをつくった後は2時間以内に飲ませる

1. ミルクをつくるときは手をしっかり洗い、よく拭く

ミルクによる細菌感染を防ぐためには、まずはミルクをつくる人から感染しないようにしましょう。

必ず石鹸と清潔な水で手を洗い、清潔なタオルなどで水分をしっかりとふき取ってから、ミルクをつくってください。

2. ミルクをつくるときは70度以上のお湯でつくる

ミルクの中に含まれる可能性がある菌は、70度以上であれば殺菌することができます。

そのため、ミルクをつくるときには、安全な水を一度沸騰させ、70度以上の沸騰させたお湯でミルクをつくってください。

また、電子レンジは加熱にムラがあり、赤ちゃんがやけどする恐れがあるため、調乳には絶対に使わないでください。

3. ミルクをつくった後は2時間以内に飲ませる

ミルクをつくった後は、できる限り早く飲ませるようにしましょう。

つくったミルクを冷蔵温度より高い温度で長時間放置することで、有害な細菌が増殖しやすくなります。

ミルクをつくって持ち運ぶ場合は、2時間以内に飲ませてください。

また、持ち運ぶときには一度冷蔵庫で5度以下まで冷やして、クーラーバックなどで持ち運び、飲ませる前に温めるのが一番安全です。

ミルクを温めるときには、電子レンジは使わず、湯せんなどを使うようにしましょう。

先輩ママから学ぶ!外出先でミルクを飲ませるための工夫

外出先でミルクを飲ませるためには何をもっていけばいいのでしょう。

外出先でミルクを飲ませるために必要なもの

  • 粉ミルク
  • 哺乳瓶
  • 70度以上のお湯

これは、ミルクをつくるために最低限必要なものです。

しかし、70度以上のお湯で作ったミルクは冷ますのに苦労します。

そこで、ここでは、Yahoo!JAPANの知恵袋を参考に、「先輩ママが外出先でミルクを飲ませるためにした工夫」をご紹介します。

先輩ママの意見をぜひ参考にしてくださいね。

先輩ママが実践した!外出先でミルクを飲ませるときの工夫

  1. 湯冷ましをもっていっていく
  2. ミルカ―やジップロックに粉ミルクを小分けして持ち運ぶ
  3. スティックタイプの粉ミルクを使う

1. 湯冷ましをもっていく

外出先で70度以上のお湯で作ったミルクを冷ますには時間がかかりますよね。

そのため、湯冷ましをもっていって、ミルクを溶かすために熱湯を少し使い、湯冷ましを足して赤ちゃんにちょうどいい温度のミルクをつくるというママが多いです。

また、ママによって持っていく湯冷ましの温度が違います。

湯冷ましの温度

  1. 常温に冷ました湯冷まし
  2. 冷やした湯冷ましと湯冷ましで作った氷

常温に冷ました湯冷ましは水筒や哺乳瓶に入れて持ち歩くママが多いです。

また、冷やした湯冷ましと湯冷ましで作った氷を水筒に入れて持ち運ぶというママもいます。

特にミルクが冷めにくい夏のような時期には、冷やした湯冷ましがあるとミルクが冷めやすくて助かりますね。

2. ミルカ―やジップロックに粉ミルクを小分けして持ち運ぶ

外出するときは、ミルク缶からミルカ―というミルクを入れる容器や小さめのジップロックにミルクを入れて持ち運ぶというママもいます。

ミルカ―やジップロックは何度も使えて、節約につながります。また、赤ちゃんに必要な量を持ち運ぶことができますね。

ミルカ―やジップロックに粉ミルクを入れるときには、しっかりと殺菌、消毒をして、水分を拭き取ってから入れましょう。

水分があると粉ミルクが固まってしまいます。

3. スティックタイプの粉ミルクを使う

外出先に持ち運ぶ粉ミルクはスティックタイプの粉ミルクを使うというママもいます。

スティックタイプの粉ミルクはすでに小分けされているので、ミルカ―などに入れたり、使ったミルカ―を洗ったりという手間を省くことができます。

しかし、少し値段が高いというデメリットもあります。

筆者が実践した外出先でミルクを冷ます方法

筆者も外出先では基本的にミルクを飲ませていました。

筆者は基本的に熱湯を保温ボトルに入れて持ち歩いていたため、ミルクをつくった時にはミルクがとても熱く、冷ますことに苦労しました。

そこで、ここでは「筆者が実践した外出先でのミルクの冷まし方」をご紹介します。

筆者が実践した外出先でのミルクの冷まし方

  1. 車での移動中にオススメ!エアコンで冷ます
  2. 荷物は増えるけど冷めるのは速い!ボウルと氷で冷ます

1. 車での移動中にオススメ!エアコンで冷ます

筆者は車での外出時は、エアコンの風の吹き出し口の前にあるドリンクホルダーに置いてミルクを冷ましていました。

ミルクの温度によりますが、5~10分程度で冷ますことができます。

そのため、目的地や休憩場所に着く少し前にミルクをつくり、エアコンの風を最大にして冷ましていました。

もし試してみる場合は、意外と冷めるのが早いので、冷めすぎないように気をつけてださいね。

2. 荷物は増えるけど冷めるのは速い!ボウルと氷で冷ます

荷物は増えますが、折りたたみ式のボウルと水筒入れて氷を持っていったこともあります。

ミルクを冷ますときにはボウルに氷と水道の水を入れて、哺乳瓶を氷水の中で冷ましました。

水道水で冷ますよりも少し時間短縮ができます。

お湯をもっていく必要がない外出先

外出先でミルクを飲ませるためには、持っていくものが増えますよね。

でも、ママは少しでも荷物を減らしたいでしょう。

そこで、ここでは、筆者が経験した「ミルク用のお湯をもっていく必要がなかった外出先」をご紹介します。

ミルク用のお湯をもっていく必要がなかった外出先

  1. 百貨店、大型ショッピングモール
  2. ウォーターサーバーが設置されている場所
  3. 飲み物のサービスがある場所

1. 百貨店、大型ショッピングモール

百貨店や大型ショッピングモールは授乳室やベビールームが充実していて、ミルク用のお湯のサーバーが設置されていることが多いです。

行く場所の授乳室にお湯があるのかを事前に確かめておきたい場合は「授乳室の検索アプリ」を活用しましょう。

行きたい場所の授乳室に何があるのかを調べることができますよ。

2. ウォーターサーバーが設置されている場所

病院などのウォーターサーバーが設置されている場所も、ミルク用のお湯をもっていく必要がありません。

病院や歯医者の待ち時間に、ミルクをつくろうとしていると「使っていいですよ。」と声をかけていただきました。

ウォーターサーバーのお湯は80度~90度前後のため、ミルク用にも使うことができます。

3. 飲み物のサービスがある場所

筆者が住宅メーカーでの打ち合わせや車のディーラーに行ったとき、ミルクをつくろうとすると、「お湯を入れてきましょうか?」と店員さんに声をかけられました。

場所によるかもしれませんが、飲み物のサービスがある場所は、お願いするとお湯をもらうこともできるでしょう。

外出先でミルクをつくるときの便利グッズ

最後に、「外出先でミルクをつくるときに便利なグッズ」を紹介します。

筆者ももっと早く知っておきたかったグッズばかりです。

便利グッズも活用して、外出先でのミルクづくりを少しでも楽で安全なものにしてくださいね。

外出先でミルクをつくるときに便利な4つのグッズ

  1. 旅行先で便利な哺乳瓶「クロスベビー 使い捨て哺乳瓶 ステリボトル」
  2. 赤ちゃんに必要な量の粉ミルクを持ち運びやすい「カネソン 粉ミルクかんたんバッグ」
  3. ミルクをつくりやすい携帯粉ミルク「ほほえみ らくらくキューブ」
  4. 湯冷ましに使える「ベビーのじかん 赤ちゃんの純水」

1. 旅行先で便利な哺乳瓶「クロスベビー 使い捨て哺乳瓶 ステリボトル」

こちらは、洗浄、消毒が必要ない使い捨ての哺乳瓶です。軽いため、外出するときにはおすすめです。

良い評価の口コミ

  • 旅行に行く時に持ち運びも楽で使い捨てなので便利
  • とても軽い
  • しっかりとした作り

悪い評価の口コミ

  • 乳首が硬くて大きい
  • ミルクの出が良すぎる
  • 箱を開けたらすべてを1週間以内に使わなければならない

2. 赤ちゃんに必要な量の粉ミルクを持ち運びやすい「カネソン 粉ミルクかんたんバッグ」

こちらは粉ミルクの小分けに便利な使い捨ての袋です。

ミルクを240mlつくることができる、30gまで粉ミルクを入れることができます。

必要な分量を小分けにでき、ミシン目入りで簡単に開封できて便利なので、一度使うとリピートするママが多いです。

良い評価の口コミ

  • 赤ちゃんの飲む量に合わせたスティックが作れるので便利
  • スティックタイプの粉ミルクよりも安い
  • ミルカ―に比べてかさばらない

悪い評価の口コミ

  • ミシン目から粉が少し漏れる
  • 入れ口が細く、粉ミルクを袋に入れづらい

3. ミルクをつくりやすい携帯粉ミルク「ほほえみ らくらくキューブ」

キューブタイプの粉ミルクです。1本にキューブが5つ入っていて、1つのキューブでミルクを40mlつくることができます。

哺乳瓶に入れるときにこぼれることがなく、キューブですが溶けやすいので、お出かけ用にぴったりです。

良い評価の口コミ

  • 持ち運びに便利
  • 1つのキューブをさらに半分に分けることもできて、子どもに合った量を飲ませやすい
  • 残りをタッパーに入れておいて、次のミルクに使える

悪い評価の口コミ

  • 袋から出しにくい
  • 値段が高い

4. 湯冷ましに使える「ベビーのじかん 赤ちゃんの純水」

こちらは加熱殺菌済みの赤ちゃん用につくられたお水です。

粉ミルクをつくるときに使っても、栄養バランスなどに影響せず、調乳に便利です。

湯冷ましをつくるには時間がかかるので、お出かけの時にはこちらをもっていくというママもいます。

良い評価の口コミ

  • 湯冷ましをつくる手間がなくなった
  • ミルクをつくる時間が短くなった
  • ミルクをつくったあとは余りを大人が飲んで、帰るときには容器を捨てて帰ることができる

悪い評価の口コミ

  • 値段が高い

外出先でミルクを飲ませるときにママが楽になるように、便利なグッズを使ってお出かけを楽しんでくださいね。

参考:Yahoo!JAPAN知恵袋「お出かけ時のミルクの準備について」、Yahoo!JAPAN知恵袋「赤ちゃんを連れての外出」、Yahoo!JAPAN知恵袋「外出先でのミルクのつくり方について」、Yahoo!JAPAN知恵袋「外出時のミルクの調乳」

 - 母乳育児・授乳・ミルク , ,