ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

5歳はどんな時期だろう?平均身長は?どんなことができるのかな?

   

5歳は年中さんから年長さんへと歳があがり、そろそろ小学校入学のことを考える年齢になります。今まで以上に自分でできることが増え、たくさんのことに挑戦する時期になります。助けを求めずに自分で洋服を着ることができるようになったり、ハサミやお箸も上手に使うことができるようになります。

この時期の子供は一人前の一人なのです。体も大きくなり、パパやママが走るのも追いつけないほど身体能力がアップします。そんな体をダイナミックに使って筋力や運動能力を伸ばしていく時期でもあります。しかし、その反面、自分の子の体格が5歳にしては小さいのかな、と悩んでしまうママやパパもいるのではないでしょうか。

今回は5歳の性質や成長、平均身長もあわせてお話しします。

5歳はこんな時期

⒈自分で自分の世話ができる

今までより自分のお世話を自分で上手にすることができるようになります。ボタンのある洋服を自分で着たり、ジャケットのジッパーを自分であげたりと、細かいことができるようになります。また、食事も自分でお箸やナイフなど、上手に使えるようになり、今まで食べこぼしていたのがなくなるようになります。

それでも完全に自分のことをすることがまだ難しいことがあるとは思いますが、ぜひママやパパは温かい目でお子さんが頑張ってやっていることを見守ってあげましょう。

⒉何にでも果敢に挑戦する

自分で自分のことができるようになり、やれることの幅が増えることから新しいこと、難しいことにも果敢にチャレンジするようになります。例えば、公園で遊んでいるときに今までより高いところからジャンプをしようとしたり、ママのお手伝いでは野菜を剥いたり切ったり、などいろいろ試すようになります。

その中で子供は新しいこと、難しいことが成功した時の達成感を味わい、成長していくようになります。この達成感がさらにいろいろチャレンジする精神を育てるので、ぜひ様々なことをやらせてあげましょう。

⒊運動能力がアップする

5歳になると、運動機能が今まで以上にアップします。ママやパパも本気で走らないと追いつけないぐらい早く走れるようになったり、うんていにぶら下がって進めるようになったりなど、たくさんのことができるようになります。ただし、やりすぎて怪我をしてしまうなどアクシデントもつきものです

どのようにしたら怪我をしてしまうか、危ないことは避けたほうがいい等一緒に行動したり、遊びの中でルールを教えてあげるといいでしょう。

⒋協調性をもつ

今までは一人で遊ぶことが多くお友達と一緒に遊ぶのが難しかったのが、5歳になると仲良く遊べるようになります。お友達とおもちゃをシェアして遊んだり、順番を守って遊んだりするなどできるようになります。幼稚園での集団生活にも慣れてくる頃なので、先生のお話をきちんと聞き、ルールを守るようになります。

おもちゃで遊んだら片付ける、トイレの順番を守るなどの習慣を幼稚園等の生活で学び、覚えるようになります。

⒌文字や数字に興味をもつ

この時期の子供は文字や数字に興味を持ち始めます。ひらがなや数字がかけるようになり、ある程度読めるようになります。そのため、自分や自分の家族の名前を書いたり読んだり、さらには簡単な本であれば読めるようになる子も出てきます。街の中にある数字や文字を一緒に探したり、本を読むときに一緒に声に出して読むなどすると子供と一緒に楽しめますよ。

⒍他人を思いやることができるようになる

5歳は人の痛みや感情に敏感になり、他人を思いやることができるようになる年頃です。お友達が嬉しかったら一緒になって嬉しいし、テレビで悲しい場面が出て来れば感情移入をして悲しくなったりします。そのため、誰かのために何かをしてあげることが増えます。年下の子がいればお世話をしますし、ママやパパのお手伝いも進んでするようになります。

5歳の平均身長

5歳の平均身長は以下の通りになります。

  • 男の子 110、9cm
  • 女の子 108、3cm

引用元: 厚生労働省による平成27年国民健康・栄養調査 2015年の統計表

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001176863&requestSender=dsearch

ただし、身長や体重の成長はそれぞれですので、平均身長よりも高い、低い、といった個人差があります。低くてもきちんと食べていて運動機能もしっかりしているのであれば不安になる必要はありませんし、問題ありません。

しかし、身長については他の子と比べて低いと低身長を疑ってしまう方もいるかもしれません。低身長は遺伝の可能性もありますが、病気の場合もあります。その低身長について後述します。

5歳の低身長って?

⒈低身長の計算方法

平均身長を大きく下回っている場合、自分の子が低身長なのでは、と不安になるママやパパがいるかもしれません。身長の低い理由には様々な原因がありますが、たまに病気のために身長が低い場合があります。低身長症はSD(標準偏差)が−2以上の場合当てはまります。このSDは身長の実測値から平均身長を引き、標準偏差で割ったものを言います。

⒉平均身長とその−2SD

  • 5歳の男の子
5歳 平均身長 -2SD -2.5SD
0ヵ月 106.7 98.1 95.9
1ヵ月 107.3 98.5 96.3
2ヵ月 107.8 99.0 96.8
3ヵ月 108.3 99.5 97.3
4ヵ月 108.9 99.9 97.7
5ヵ月 109.4 100.4 98.2
6ヵ月 110.0 100.9 98.6
7ヵ月 110.5 101.4 99.1
8ヵ月 111.1 101.8 99.5
9ヵ月 111.6 102.3 100.0
10ヵ月 112.2 102.8 100.4
11ヵ月 112.7 103.3 100.9
  •  5歳の女の子
5歳 平均身長 -2SD -2.5SD
0ヵ月 106.2 97.7 95.6
1ヵ月 106.7 98.2 96.1
2ヵ月 107.3 98.7 96.6
3ヵ月 107.8 99.2 97.0
4ヵ月 108.4 99.7 97.5
5ヵ月 108.9 100.1 97.9
6ヵ月 109.5 100.6 98.4
7ヵ月 110.0 101.1 98.9
8ヵ月 110.6 101.6 99.3
9ヵ月 111.1 102.0 99.8
10ヵ月 111.6 102.5 100.2
11ヵ月 112.2 103.0 100.7

母子手帳にある平均値の成長曲線から上の表のー2SDの数値ほど外れている場合は、気をつけてみておくといいかもしれません。低身長の原因として、ホルモンや染色体の異常、骨や臓器等の異常、心身によるもの等様々ですが、低身長だと自分で決めることはできません。

医者の判断が必要になります。早期の発見が治療法を左右することになるので、もし悩んでいるのであれば小児科へ行きましょう。

まとめ

今回は5歳の平均身長を含めた成長についてお話ししました。この頃の子供はたくさんのことに興味があり、身体的にも精神的にも成長する時期です。まだ子供だからと思うのではなく子供のやりたいことを尊重し、やらせてあげましょう。達成感を味わわせてあげることで、子供自身も嬉しいですし、たくさんのことを吸収するようになります。

その時にはルールやあぶないことの可能性等も教えてあげると、社会性も身につくのでこれから小学校に入るにあたっての準備期間になるでしょう。

 - 幼児 ,