ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

自分の子供はサイレントベビー?サイレント・ベビーとは?特徴は?

      2017/09/28

お子さんが生まれて3か月程経つと、生まれたばかりの頃に比べると、動いたり目で物を追ったりと出来ることが増えてきますよね。そんな成長が嬉しい一方、児童館へ行ったときなど、「他の子に比べてうちの子あまり笑ったり泣いたりしない…?」と不安に思うお母さんもいるのではないでしょうか?

他のママ友と比べて育児に手が掛かるといった不満を抱いたことがなく、自分の赤ちゃんの表情がない気がすると不安に思うお母さんたちが考えるのは、サイレント・ベビーと言われる赤ちゃんのこと。では、そのサイレント・ベビーとは何か、詳しくご説明致しましょう。

サイレント・ベビーの特徴

gatag-00009086

サイレント・ベビーとは?

サイレント・ベビーとは、大人しくあまり表情のない赤ちゃんのことを呼びます。そもそも、サイレント・ベビーとはなにか?ここ数年の間に出てきた名前でありますが、実はこれ、病名ではありません。

サイレント・ベビーという名前が出たのは、1990年に小児科医の柳澤慧先生が書籍で出版された本で表されたのが始まりです。

「原因は一つだけでなく、多くの要因が複雑にからみあって、この静かな寡黙な笑わない赤ちゃんを作り上げるのです。私はこれをサイレント・ベビーと呼ぶことにしました。」

引用先:『いま、赤ちゃんが危ない―サイレント・ベビーからの警告』柳澤慧著 出版社:フォー・ユー(1990/01)456544

あまり笑わない、あまり泣かないといった症状が多い赤ちゃんのことを呼んでいるだけの俗称のため、定義としてもとてもあいまいなものでこれといった決まりがあるわけではないのです。

「サイレント・ベビーは病気とは断定できませんし、誰にでもすぐわかる特徴的な変化も示しません。しかし私には、静かで余り泣かず、目の輝きにもお母さんを求めようとする意欲が欠けている赤ちゃんが増えつつあるように思えてなりません。」

引用先:『いま、赤ちゃんが危ない―サイレント・ベビーからの警告』柳澤慧著 出版社:フォー・ユー(1990/01)

具体的な内容としては下記の特徴が当てはまるといわれています。

サイレント・ベビーと言われる4つの特徴

  1. あまり泣かない
  2. よく笑わない
  3. 目が合わない
  4. 動きが少ない

1.あまり泣かない

赤ちゃんはまだ言葉を発することが出来ません。「お腹がすいた」「オムツ変えて」などと言った欲求は泣くことでお母さんにアピールをするのですが、サイレント・ベビーはそういった欲求が現れたとしても、泣くことをせずそのままでいることが多いのです。

2.よく笑わない

新生児の赤ちゃんには、自分の意志とは関係なく笑みが出る「生理的微笑」という笑顔があります。これは生後3か月前後で自然となくなるもので、その過程を経て、自分の意志で笑う「社会的微笑」という笑顔に変わっていきます。

生後3か月が経つと人の顔だと認識し、笑顔を見せることも多くなってくるのですが、サイレント・ベビーは笑うということをあまりしません

3.目が合わない

赤ちゃんは目が合うと見つめ返す習性がありますが、サイレント・ベビーの場合、お父さんやお母さんといった普段一緒にいる人があやしたり話しかけたりしても、目を見つめてくることがありません

ですが、目が合わないということについては視力の問題といった発達面での問題がある可能性もあるので、気になる場合は医師に相談する必要があります

4.動きが少ない

見るものすべてが気になる赤ちゃんは、手を伸ばして物を取ろうとしたり、声を出して指差しをしながら親に向かって取ってほしいものをアピールするものですが、サイレント・ベビーはそういった「取りたい」「何あれ」「気づいて」といったアピールをすることが少ないです。

なぜサイレント・ベビーに?

gf01a201311281700
うちの子、サイレント・ベビーなのかも…と不安になったお母さんは少なからずいらっしゃると思います。ではなぜサイレント・ベビーと疑われる赤ちゃんになってしまうのか。その理由は下記にありますが、それと同時に赤ちゃんの心の発達について知っていてほしいことがあるのです。

赤ちゃんは愛情をもらうことで親を覚えていく

赤ちゃんは、泣いてお母さんを呼ぶことを生まれながらに知っています。「お腹すいた→ごはんちょうだい」「眠い→ねかせて」「お尻が不快→オムツ変えて」と言った赤ちゃんにとっての欲求を満たしてもらうために泣くのです。

そういった欲求を満たしてもらうことで、新生児の赤ちゃんは「この人は自分の欲求を叶えてくれる人だ」ということに気づき、抱きしめてもらったり、話しかけてもらったり、笑いかけられるといった密接な時間を過ごすことで、両親を親だと認識していくのです。

これらから、サイレント・ベビーになる理由として大きく分けて2つ挙げられます。

サイレント・ベビーになる原因2つ

  1. 長時間の放置の繰り返し
  2. コミュニケーション不足

1.長時間の放置の繰り返し

赤ちゃんが泣いているのに駈け寄らず、そのままにしてしまうという行為を繰り返し行うと、赤ちゃんは「泣いても無駄だ」と学習してしまい、唯一伝えることが出来る手段であった『泣く』という行為を止めてしまいます。

そこから、自分にとっての快・不快に対してもあまり興味を示さなくなり、無頓着な赤ちゃんへと変わっていくのです

2.コミュニケーション不足

赤ちゃんが声を出していたり、目が合ってニコっと笑っているのに、特に反応をせず話しかけることをしないでいれば、長時間の放置の場合と同様に赤ちゃんは反応を示さなくなっていきます。

会話よりもTVを見せていることの方が多い場合も、コミュニケーションの取り方を学ぶ機会が少ないため、周りへの興味を示すこともなくなってしまうのです

いつ頃からサイレント・ベビーになるの?

gatag-00012959

赤ちゃんが本能的に出る「生理的微笑」が終わり、周りの反応から学ぶ「社会的微笑」になり始める3か月を過ぎたころから、サイレント・ベビーになる可能性はあります。ですが、サイレント・ベビーは生まれつきある先天的なものではなく、育ってきた環境からなる後天的なものなので、いつなるという明言は出来ません

上記で述べた原因が積み重なっていくことでサイレント・ベビーに繋がっていくのです。

サイレント・ベビーにしないためには

gf01a201312032200

愛されることを実感させてあげる3つの行動

  1. 抱きしめる
  2. 笑いかける
  3. 言葉かけをする

1.抱きしめる

愛情を示す一番の方法は抱きしめてあげることです。赤ちゃんは抱っこをしてもらうことが大好きで、抱きしめてもらうことで安心感を得ることが出来ています。

赤ちゃんにとっての抱っこは愛情をもらえる一つの手段と言えるので、気にせず抱きしめてあげてください。とはいえ、家事をしていたり、ふと息をつきたいとき、何かとタイミングが合わずすぐに抱きしめてあげることが出来ないときがあると思います。

その時には、「待っててね」と声をかけ、落ち着いた後、待たせた分抱きしめてあげることが出来ればそれで充分です。

笑いかける

赤ちゃんにとって母親の表情がとても重要であることがわかる動画があります。

見ていただくと分かる通り、母親の表情に合わせて赤ちゃんの表情も変わっていくのが確認できます。赤ちゃんは母親の表情や仕草を良く見ていて、母親の笑顔や触れてもらうことで安心しているのがわかりますね。

言葉かけをする

オムツ替えのときや、目が合ったときでも、いつでもいいのでたくさん言葉をかけてあげると、赤ちゃんは「今自分に話しかけてくれてる=構ってくれてる」と気付き、それに応えようとしていきます。

中には、どう言葉かけをしたらいいかわからないお母さんもいるかと思いますが、「オムツ替えてすっきりしたねー」や「今日はいい天気だねー」など、目の前に見えるものを言うだけでも充分なので、あまり深く考えすぎず言葉かけをしてあげるようにしてください。

自閉症との違い

上記で述べてきたサイレント・ベビーですが、これらの特徴と酷似しているのが自閉症という障がいです。おそらく、サイレント・ベビーについて検索されている中で、自閉症についてのコラムも同時に出てくることも多く、「うちの子、自閉症なのかな…?」と思われる方もいたかもしれません。

乳児検診の中でも、サイレント・ベビーの疑いがある赤ちゃんは同時に自閉症の疑いもあると考えた方がいいと推奨しているところもあります

精神遅滞、自閉症スペクトラム障害:サイレントベビーや、目で養育者と子どもが見詰め合う動作、あやし笑いなど乳児期の共感行動がみられにくい場合は、知的障害や自閉症スペクトラム障害も鑑別に考えるべきである。

引用先:新潟県福祉保健部 新潟県医師会より 乳幼児健康診査の手引 (2014/03)

ですが、育ちの環境が原因の後天的なサイレント・ベビーとは違って、自閉症は先天的なものであり、脳の機能障害であるので、サイレント・ベビーとは全く違うものであることを知っていてください。

自閉症とは?

12種類ある診断基準が大きく3つに分けられ、6つ以上(最低でも1.から2つ、2.3.から1つずつ以上)当てはまった場合、診断される障がいです。

  1. 対人関係に対する障がい
  2. 話し方、コミュニケーションに対する障がい
  3. 限定された活動や興味

具体的にどんな症状なのか

  • 名前を呼んでも振り向かない
  • 一人遊びが多い
  • 親の後追いをしない
  • 抱っこされるのが嫌い
  • いないいないばぁなど遊んでも興味がない
  • アイコンタクトが出来ない
  • 相手の表情やジェスチャーなどの言葉でない行動の理解が苦手
  • 年齢相応の対人の関りを築くことが困難
  • 言葉の発達が遅い
  • 「いってきます」「いってらっしゃい」などのやりとりが理解できない
  • 奇声をあげる
  • 手で何かをたたき続ける
  • 体を揺らす
    などが挙げられます。

サイレント・ベビーとの違い

先ほど、サイレント・ベビーとの違いは、生まれつきの障がいであるかそうでないかと説明しましたが、母親との関係が原因と言えるサイレント・ベビーは環境次第で治すことが可能なのです。

サイレント・ベビーも自閉症の子も、反応が薄いことや視線が合いにくい、表情があまりないといった部分では酷似しているところがあります。では、どのようにして自閉症なのかサイレント・ベビーなのか見分ければいいのでしょうか。

赤ちゃんの頃に気づくために

サイレント・ベビーは話す・動く・笑うなどの身体の動きが少なく、自閉症の赤ちゃんは落ち着きがなく過剰な反応を示す、真逆の状態になることが多いです。この違いが、サイレント・ベビーなのか自閉症なのか見分ける大きなポイントと言えます。

自閉症特有の行動

  • 抱っこを嫌がり泣きながら反り返る
  • 指差しをしない
  • クレーン現象(両親の手を持ち、その手を道具として自分のやりたいことを代わりにやってもらおうとする行為のこと)が見られる

上記3つは生後2か月頃から1歳頃の間に起こる、自閉症特有の行動です。自閉症らしき行動が見られる場合は、病院の医師とともに経過を観察する必要があるのです。ですが、自閉症だと確定した診断をされるのは、3歳前後からと言われています。

どちらも早い段階での発見が必要

自閉症が3歳前後まで断定することが出来ないとしても、早期の段階で気付いていれば早めの対応が出来るので早いに越したことはありません。サイレント・ベビーにも早く気付ければ、親の対応の仕方を変えることが出来、赤ちゃんの心が健康に戻る時間も早くなるのです

この2つは似ているようで、赤ちゃんへの対応の仕方が全く違ってくることがあります。自分の子供がサイレント・ベビーなのか自閉症なのかはっきりと見分ける手段はありませんので、少しでも心配であるならば、小児科にて相談をすることが大切なのです。

まとめ

サイレント・ベビーとは病気ではなく、一つの考えかたです。親の愛情次第でどうなるか変わってくるものですが、気に負いすぎて常にそばにいなくてはいけないということではありません。一番大切なのはお母さんが健康でいることで、赤ちゃんに笑顔を見せてあげることです。

赤ちゃんを抱きしめて「大好き」と言ってあげることで、赤ちゃんの心が豊かになりサイレント・ベビーから遠ざけられるようになります。お母さんにとって大切な我が子ですから、たくさん笑いかけて抱きしめて、大切だということを伝えてあげてください。

もし、サイレント・ベビーなのかも、と疑いが晴れないようなら、遠慮なくかかりつけの先生に相談してみましょう。

 - 育児, 赤ちゃん