ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

小学校の入学祝いは何がいいの?値段はどのくらい?

   

小学校入学は子育ての中での節目です。親はもちろん子どもも、入学やそこから始まる小学校生活を楽しみにしています。友人や親せきのお子さんがそんな節目を控えていると知り、お祝いを贈ろうと考える人は多いですね。

でも、何を贈ったらいいのか、どれくらいの金額がふさわしいのか迷います。あまりに高いものだと相手に気を使わせてしまうし、どうせ贈るなら使うものを贈りたいですよね。子どもも親も貰ってうれしい贈り物があれば知りたいものです。ここでは、小学校の入学祝の予算やおすすめの贈り物を提案します。



小学校の入学祝いはしなければいけない?

職場の先輩のお子さんが小学校に入学されると聞くと、お祝いをしなければ失礼なのかなと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、職場の先輩というだけでは贈り物をしなくても失礼ではありません。入学祝いというのは、普段からとても仲良くしている友人や親せきなど、親密な関係に贈るものなのです。

一般的に入学祝いを贈る相手

  • 子ども
  • 兄弟や姉妹やその子ども
  • 普段から、親密に親しくしている友人

入学祝いはいつ頃贈るもの?

入学祝いは入学式の3週間ほど前くらいに贈りましょう。もう少し早い時期に合う予定があるのであれば、その時でも良いです。でもお正月にお年玉と一緒に渡すのは「ついで」と思われてしまうかもしれません。せっかくの贈り物ですので、入学式が近づいて準備をしている頃に贈りましょう。

2月頃に「お祝いを贈りたい」と伝え、何が欲しいか聞いてみても良いです。文房具など購入を予定しているものがあるのであれば、先に贈り物の内容を知りたいと思うかもしれません。

また、入学式の後に会う予定があるのであれば、その時でも問題はありません。その場合、文房具は入学までに揃っていますので、文房具などよりも商品券や図書券や現金を贈るほうが使いやすいかもしれませんね

入学祝いに現金は失礼?

贈り物をしたいけれど何が喜ばれるのかわからない場合、現金を渡したいなと思うことはありませんか?現金だと好きなものを買って貰えるし、せっかく贈るのだから使ってもらえるもの、喜んでもらえるものを渡したいですよね。

でも、そこで心配になるのは「現金って失礼じゃないかな」ということではないでしょうか。自分なら現金でも嬉しいけれど、人によっては失礼と感じるかもしれないと躊躇してしまうかもしれません。

でも、入学の時期は文房具や体操服など、学校で使ういろいろなものを購入しなければなりませんので、既に購入したものを渡してしまうよりも、現金をおすすめしますどうしても現金は抵抗がある場合は、図書券や文具券といった入学後にも使える券をプレゼントしましょう。



小学校入学祝いの相場はあるの?

友人の子どもや親せきの子どもが小学校に入学すると聞き、お祝いをしたいと品物を考えてみたものの、何を贈ればいいのか迷いますよね。普段から子どもと交流があって好みがわかっている場合はともかく、親とは友人でも子どもの好みまでわからない場合がほとんどではないでしょうか。

好みにあったものを選んでもらおうと現金を渡すことを考えたり、図書券を渡そうかと考える方も多いでしょう。でもその場合の金額はどのくらいが良いのでしょうか。

贈り物の金額は相手との関係によっても多少前後しますよね。でも、大切なことは、受け取った相手が困ってしまうほど高価なものは避け、気を使わせない金額のものを選ぶことです。

入学祝はごく親しい身内で行うものですので、基本的には入学祝いに対してのお返しはしません。そのことからも、相手に気を使わせない金額や品物を選ぶのです。

小学校入学祝いの金額例

入学祝いはごく親しい身内を中心に贈るものですので、相手との関係によって変わってきます。また、送る側の年齢によっても変わります。ただ目安の金額はありますので、それを参考に贈り物を決めましょう。

下記表は、送る側が30代の場合を想定しております。40代になると表より2,000円~5,000円多めに贈る方も多いようです。

間 柄 金 額
親戚 3,000円~5,000円
友人 3,000円~5,000円

※相手が孫の場合、ランドセルや机など高価なものを贈ることも多いので、相場ではなくご家族で相談しましょう。

小学校の入学祝いにはどんなものがいいの?

贈り物は贈る時期によって内容を考える必要があります。筆箱や色鉛筆など入学後すぐに使うものを渡す場合は、入学式よりも前に渡さなければなりません。同じ文房具でも、鉛筆と消しゴムなら、補充用にも使えますので入学から遅れても大丈夫です。

ただし、持ち物については学校指定があることもありますので、学校に持って行くものを選ぶときは、贈る相手に確認しましょう。贈り物は、小学校に持って行くものも喜ばれますが、放課後に親から離れて行動することも増えてきますので、放課後に使うものも喜ばれます

入学祝いに喜ばれるもの

  • リュックサック
  • 文具セット
  • 鉛筆削り
  • 色鉛筆
  • 図書カード
  • 腕時計
  • 目覚まし時計
  • キーケース
  • 地球儀

この中で何点か実際の商品をご紹介します。

[ザ・ノース・フェイス] リュック K Small Day 

価格 6,600円

縦:37 cmX 横:29 cmX マチ:18 cm

リュックは、遠足や課外授業、学校によっては終業式の日などに使います。学校だけでなく、ちょっと出かけるのにもリュックサックはよく使用します。ただし、学校によっては指定のリュックサックがありますので、学校指定のものがないか確認してみましょう。

このリュックは胸と腰の部分にベルトがついており、ずり落ちることを防止してくれます。身体にあっていないとリュックがずり落ちるので子どもにとってはとても煩わしいようです。

私の息子はこのベルトがついていないリュックを使っていたのですが、煩わしくてすぐにリュックを下ろしたがったので、胸のベルトだけを購入しました。ベルトをつけると安定して背負えるので楽になったようでした。

特に女の子は可愛い子のみのデザインを欲しがるかもしれませんね。そんな時は胸のところで固定できるベルトを一緒に購入すると喜ばれるのではないでしょうか。

CACTUS キッズ腕時計

価格 2,510円

小学校の入学祝いにと腕時計を貰ったら、ちょっと大人に近づいたようなワクワクドキドキした気持ちになれるのではないでしょうか。学校につけていくことはできませんが、お友達と出かける時に親と約束した帰宅時間を守る癖もつけられます

また、小学校に入ると時計の読み方も勉強しますので、デジタルではなくアナログで練習しておくと良いですね。腕時計をつけるのは、慣れない子供には大変な作業かもしれませんが、この時計はマジックテープでつけられますので子どもが自分で装着できます。

キッズ リール キーケース ナイロン ランドセル対応 

価格 1,480円

横 約6センチ  高さ 約11センチ

小学校から帰宅したときに自分で鍵を開けて家に入る子どものためのキーケースです。ランドセルを下ろして出さなくてもリールで引っ張って鍵を開けることができます。ランドセルにぶら下げていますが、カギは収納されますので外から鍵は見えません



まとめ

小学校入学は親にとっても子どもにとってもとても嬉しく、楽しみです。そんな門出に贈る贈り物ですので、やさしさの溢れたものにしたいものです。おもちゃは喜ぶかもしれませんが、おもちゃよりも勉強に役立ったり「成長してるんだ」と感じられるものは、子どももワクワクします。

もうすぐ来る小学校生活にワクワクし、そして小学校生活を楽しく過ごすことができるグッズを選んであげてくださいね。

 - 小学生, 行事 ,