ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

3歳児の子育てサークルへ!お友達みんなで遊べる遊びや手遊びは何?用意する物は?

      2017/09/14

幼稚園年少に入園する前の年の3歳児。地域や児童館で、決められた日時に集まって活動する「子育てサークル」を行っているところが多い年齢です。児童館のスタッフさんやサークルの発起人のママが、毎回の活動を決めてくれるところもあります。

ですが、中には参加者で相談して、その日の「遊び」や「手遊び」を計画する必要があるところも多いです。子育てサークルは、3歳児がママだけでなくお友達と遊びや手遊びを通して関わり合い、成長する活動です。3歳の子供でもできるような簡単で楽しい遊びはあるでしょうか?

3歳児の子育てサークルでできるような「室内遊び」「手遊び」について、ご紹介します。

3歳児の室内遊び「フルーツバスケット」

画像出典元:http://aichi-kokusaigakuen.jp/preschool/info/4_experience20160413/

「フルーツバスケット」は、ルールが簡単で、3歳児でも十分に理解できます。お子さんだけでやらせるのは難しいと不安な場合は、ママとお子さんが1組になってやるとスムーズに遊べます。20組以上人数がそろうとより楽しくできます。

用意する物

  • 果物の絵が描かれたカード(紐を通して首から提げられるようにする)を参加している組分の枚数(種類は4,5種類)
  • いす(参加の組の数より1つ減らす)

紙に描く絵は果物でなくても、例えば「アンパンマン」「ばいきんまん」「ドラえもん」などのキャラクターでも可能です。子供がわかりやすいものであれば何でも構いません。

ルール

  1. 果物カードを首から提げる。鬼を1組決め、その他の人はいすに座る。(お子さんをママの膝の上に座らせる)
  2. 鬼は1種類果物を決めて、呼ぶ。(例:「りんごの人!」など)
  3. 呼ばれた果物の人は、いすから降りて、今座っていたいすとは別のいすに座る。(鬼も空いているいすを探して座る)
  4. 座れなかった人が次の鬼になる。

直前まで座っていたいすには座ることはできません。1~4を繰り返します。鬼が「フルーツバスケット!」と叫んだら、全員いすから降りて、別のいすに座ります。自分が呼ばれたときだけ動くというルールを理解し、反射神経が育ちます。

我が家の長男の場合

  • 児童館の子育てサークルに週1回参加
  • 「アンパンマンバスケット」を1年に2回やった
  • ママと子供1組で参加

子供はルールをすぐに理解し、楽しそうな笑い声を上げて参加していました。「早く動かないといすに座れなくなる」というドキドキ感も、存分に楽しんでいました。

3歳児の室内遊び「段ボール迷路」

画像出典元:http://nahanahacocolo.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-c037.html

30~40畳の広さが必要になります。

用意する物

  • 段ボール20箱以上
  • ガムテープ
  • ビニールテープ
  • マジック
  • カッター、はさみ

ケガをするので、カッターやはさみを使うのはママだけにしてお子さんに触らせないようにしましょう。ママが使うときも取り扱いに十分注意して下さいね。

作り方

  1. 段ボールを組み立て、蓋と底を開けた状態で筒状にし、ガムテープでつないでいく。
  2. 必要に応じて、カッターやはさみで段ボールの一面を切り取り、迷路を作っていく。
  3. 入り口や出口にビニールテープを上からすだれのようにたらし、ガムテープで貼る。
  4. できあがった迷路にマジックで子供達にお絵かきをしてもらうのもよい。

迷路の設計図は特に必要ありません。ママの直感で思い思いにつないでいきましょう。単なる一直線でも、長く段ボールをつなげば長いトンネルになります。それをハイハイでくぐるだけで、お子さんは十分に楽しんでくれます。

3歳児の工作「ビニール袋で凧上げ」

画像出典元:http://q-waie.koshigaya-kosodate.net/docs/2015020300014/

工作を取り入れると、作る時間と遊ぶ時間両方合って楽しむことができます。ビニール袋で作る凧なら、3歳のお子さんでもママと一緒なら簡単に作れます。

材料

  • 取っ手付きビニール袋(15L~20Lの大きさだと子供が扱いやすい)
  • 紐(2m位のビニール紐か麻紐)
  • はさみ
  • 油性マジック

ビニール袋が大きすぎると、お子さんの力ではうまく上げられないことがあります。15L~20Lの小さめのものを用意してあげて下さい。紐はビニール紐、麻紐などのしっかりした物を用意しましょう。

作り方

  1. ビニール袋の取っ手同士を紐で結ぶ。(ビニール袋が広がった形になるように結ぶ。)
  2. 1の紐の真ん中あたりに、残りの紐を結ぶ。(凧を上げるときに持つ紐になる。長さはお子さんに合わせて調整する。)
  3. ビニール袋にマジックでお子さんとお絵かきする。

室内でもお子さんが走れば、十分凧を上げることができます。もし外で遊べるようでしたら、出来上がった凧を持って、みんなで外で上げるのもいいですね。

3歳児の手遊びはどんな効果があるの?

画像出典元:https://ameblo.jp/harapecokobuta/entry-11576266894.html

0~2歳までの手遊びは、ママがお子さんの手を持って一緒にやったり、ママがお子さんの体に触れて遊んだりというものが多いです。3歳児におすすめなのは、自分の手や体を使って遊ぶ手遊びです。

歌詞の意味を理解して自分の指を動かすことで、脳の働きを活発にすることができます。

おすすめの手遊び2つ!

画像出典元:http://tanpopo.amamin.jp/e476304.html

それでは、具体的に3歳児におすすめの手遊びを動画付きでご紹介します。

1.「パン屋さんにおかいもの」

パンの名前が5種類出てきて覚えることができます。指を曲げたりねじる動作をしたり複雑な動きもありますが、1本1本の指を動かす練習になります。

2.「お弁当箱の歌」

数字が2~5まで出てきます。指で数字を表す方法を学ぶことができます。初めのうちはピースサインの「2」ができない子もいますが、何回も練習するうちにできるようになってきます。

まとめ

まとめると、3歳児の子育てサークルで行うことができる室内遊びは、

  • フルーツバスケット
  • 段ボール迷路
  • ビニール袋凧

があることがわかりました。基本的にはママが作ったりルールを理解して動いたりしますが、お子さんにもお絵かきをしてもらったり、走ってもらったりと一緒に参加してみて下さい。はさみやカッターの取り扱いには十分注意しましょう。

3歳児ができるおすすめの手遊びには、

  • お弁当箱の歌
  • パン屋さんにおかいもの

があります。数字を覚えたり、自分の手を使って動いたりすることができます。手遊びもうまく取り入れてみて下さい。

 - 育児 , ,