ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

もうすぐ産休入りする同僚に何かプレゼントしたい!気を付けることはないの?何を贈ればいいの?プレゼントの相場やおすすめのプレゼントをご紹介!

      2018/02/16

妊娠中も働いている方は、一般的に出産の六週間前に産休に入ります。出産後の復帰時期は様々ですが、しばらく一緒に働けなくなります。見送る側の方の中には、産休入りする方に、何かプレゼントしたいと考える方もいるのではないでしょうか。

プレゼントを贈る際に気を付けることはないのか、どれくらいの金額のプレゼントを贈ればいいのか、何を贈れば喜んでもらえるのか、いろいろと気になりますよね。

今回は、産休入りする妊婦さんの心境や、プレゼントを贈る場合の相場、出産を控えた妊婦さんがもらって嬉しいプレゼントをご紹介します。


産休って何?どれくらい休むの?

産休の基礎知識

産休は、出産前の産前休暇、出産後の産後休暇に分かれます。産休については労働基準法で定められています。産前休暇は出産予定日の六週間前(双子以上の多胎妊娠の場合十四週間前)から申請することができます。産後休暇は、出産後八週間取得する必要があります。

産休明けはどうなるの?どれくらい休むの?

産後休暇取得後、いつから復帰するかは様々です。産後休暇明けは、赤ちゃんを実家に預けてすぐ復帰する方もいれば、そのまま育児休職を取得する方もいます。近年は夫婦と子供だけで暮らす核家族が増えているので、育児休職を取得し、保育園に預けられた段階で復帰するケースが多くなっています

保育園によって預けられる月齢は様々ですが、一般的に生後4か月~6か月を過ぎないと預けられないところが多いです。産休入りした後、数か月はお休みするケースが多いということになります。

産休入りする妊婦さんの心境は?

産休入りする妊婦さんの気持ち

  • しばらく仕事を休むことになり同僚に申し訳ない
  • 戻ってきた時に自分の居場所があるか不安
  • 赤ちゃんを迎えることにワクワク・ドキドキ

新しい家族が増えることへのワクワク・ドキドキした気持ちはもちろんありますが、同僚への申し訳なさや仕事を長期で休むことへの不安を抱える方は多いです。

産休に入ることで、自分が抱えていた仕事を同僚に代わりにお願いすることになります。これまで忙しく働いていた方は特に、長期で休むことが申し訳ないという気持ちが大きくなります。

また、これまで仕事に一生懸命取り組んでいた方や、キャリアアップを目指して頑張ってきた女性は特に、長期間仕事をお休みすることへの不安が膨らんでいきます。

妊婦さんに贈り物を贈ることのメリットは?

そんな働く妊婦さんにプレゼントを贈ることは、産休に入る妊婦さんにとっても、見送る同僚にとってもメリットがあります。どのようなメリットがあるかご紹介します。

産休に入る妊婦さんにとってのメリット

  • 同僚からあたたかく送り出してもらうことができたと感じ、仕事復帰に対する不安や同僚への申し訳なさ等の精神的な不安が軽減する

見送る同僚にとってのメリット

  • 出産というおめでたいイベントを控えた同僚をあたたかく送り出すことができる
  • スムーズに職場復帰してもらうことができる

プレゼントを選ぶときに気を付けたいこと

避けたほうが無難なプレゼントは?

プレゼントを選ぶ際に、避けたほうが無難なプレゼントが二点あります。

避けたほうが無難なプレゼント

  • ベビー用品
  • 安産のお守り

順調な妊娠経過をたどっている方でも、100%無事に赤ちゃんが誕生するという保障はありません。ベビー用品を贈っていたけれど、死産してしまった等、悲しい結果になってしまったら、プレゼントを贈ったほうも贈られたほうも、悲しく気まずい思いをしてしまいます。

そうなることを防ぐためにも、ベビー服やおむつケーキ等のベビー用品は、産休入りする妊婦さんへのプレゼントとしては避けたほうが無難です。 

また、妊婦さんは少なからず「無事に赤ちゃんが生まれてきてくれるだろうか」と出産に対して不安な気持ちを抱いています。安産のお守りは、嬉しく感じる方がいる一方で、受け取る方次第でプレッシャーに感じられる可能性があります。

また、お守りは一般的に神社に返しに行く風習があります。産後なかなか時間が取れないことが想像されますので、お守りを返しに行けないということを心理的に負担に感じる可能性もあります。これらのことから、お守りを贈ることは避けたほうが無難です。

なかなかプレゼントが決まらない・・・

産休入り前の妊婦さんへのプレゼントは、上記のような気づかいが必要ですし、何をあげたら喜んでもらえるんだろう?と迷ってしまいますよね。

後ほどおすすめのプレゼントをご紹介しますが、どうしても決められない場合は、「〇〇をプレゼントしようと思うんですが、どうでしょうか?」や、「皆でプレゼントを贈りたいんですが、〇〇と〇〇だったらどちらがいいですか?」、「全員から〇〇円くらいの相場でプレゼントを贈りたいのですが、何かリクエストはありますか?」等と直接本人に確認することをおすすめします。

プレゼントが重たくなったりかさばる場合は妊婦さんへの配慮を!

産休入り前の妊婦さんはお腹も大きくなっていますし、重たいものや大きなものを持ち帰るのが大変になります。お休みを前に、デスク回りのものを少しずつ整理し持ち帰っている方もいるかもしれません。

プレゼントが重たい場合やかさばる場合は、妊婦さんの負担にならないよう、自宅に郵送することをおすすめします。

プレゼントを郵送する場合、「〇〇をプレゼントとしてお贈りします。後日〇日ごろ届きます。また〇〇さんと一緒に働くのを楽しみにしています!」といった、目録代わりのメッセージカードを手渡しすると喜ばれますよ。

プレゼントの相場は?

プレゼントの相場はいくらくらいが妥当?

仲の良い同僚が産休に入る場合、何かプレゼントを贈りたいと考える方も多いでしょう。産休入り前の妊婦さんも、プレゼントそのものはもちろん、プレゼントを贈る同僚の気持ちを嬉しく感じるのではないでしょうか。

しかし先ほどもご紹介した通り、産休入りする妊婦さんは同僚に対する申し訳ないという気持ちを少なからず抱えています。あまりに高価なものをプレゼントすると、相手を恐縮させてしまう可能性があります

それでは、いくらくらいのプレゼントが妥当なのでしょうか。値段の相場は、相手との仲の良さや、プレゼントを何人で渡すか等によって変わってきます。今回は、以下の二パターンについてプレゼントの相場をご紹介します。

  1. 同じチームの同僚に、チーム全員からのプレゼントとして渡す場合
  2. 仲良しの同僚に個別に渡す場合

1.同じチームの同僚に、チーム全員からのプレゼントとして渡す場合

同じチームの同僚が産休入りする場合、チーム全員からプレゼントを渡すケースは多いのではないでしょうか。チームの人数によりますが、プレゼントの相場は3,000円~10,000円程度が妥当です。

チームの人数が多いとプレゼントの資金も集まりますので、もっと豪華なものを渡せるのに・・・と考えるかもしれませんが、あまり高価なものをプレゼントしても受け取る側の妊婦さんは恐縮してしまいます。

どうしても物足りなさを感じる場合は、プレゼントと合わせて産休入りする前に皆でランチ会を企画するのも素敵ですね。

2.仲良しの同僚に個別に渡す場合

お休みの日や仕事終わりにご飯に行ったり、よく相談に乗ってもらっていたような仲良しの方が産休に入る場合には、個別にプレゼントを用意する方も多いでしょう。この場合は、2,000円~5,000円の価格帯でプレゼントを探すとよいでしょう。

予算別!おすすめのプレゼントをご紹介!

3,000円前後のおすすめプレゼント

では、産休入りする妊婦さんへのプレゼントとしてのおすすめを予算別にご紹介します。まず、3,000円前後のプレゼントからご紹介します。

  • ハーブティー等ノンカフェインのお茶
  • 腹巻や靴下等の防寒小物

妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響を考慮してカフェインを控えている妊婦さんがほとんどです。ノンカフェインのお茶は、妊娠中も安心して飲めるのでおすすめです。出産後も、育児の合間にノンカフェインのお茶でほっと一息ついてもらえそうですね。

ただし、ハーブティーの中には妊娠中・授乳中に飲むのを控えたほうが良いとされているものもありますので、購入時に必ず確認するようにしましょう。また、妊娠中の女性にとって冷えは大敵です。季節を問わず、腹巻や靴下等の防寒小物は喜ばれますよ。

5,000円前後のおすすめプレゼント

  • ボディクリーム
  • ルームウェア

産休入りするころはお腹もどんどん大きくなってきて、お腹の皮が薄くなってきます。妊娠線や乾燥が気になる妊婦さんが多いです。妊娠線予防や保湿効果の高いボディクリームをプレゼントするのもおすすめです。

妊娠中も産後も着られそうな、ゆったりとした前開きのルームウェアをプレゼントするのも実用的でおすすめです。

10,000円前後のおすすめプレゼント

  • グルメカタログギフト
  • 美容家電

筆者自身、産休入り前のプレゼントとして、同僚から食べ物のカタログギフトを贈られてとても嬉しかった思い出があります。お休みに入るまで、身体の変化とうまく付き合いながら働き続けた自分へのご褒美と、旦那さんと二人きりでの思い出作りを兼ねて、カタログギフトから高級焼き肉店のランチを選び、食べに行きました。

高級なお肉や海の幸をお取り寄せできるものや、高級ホテルのアフタヌーンティーを体験できるものまで、様々なカタログギフトがありますので、産休入りする同僚の方の好みに合わせて贈ってはいかがでしょうか。

また、妊娠中も出産後も、美容に関心の高い女性は多いので、ドライヤーやスチーム加湿器等の美容家電をプレゼントとして贈るのもおすすめです。上記のほかに、3,000円~5,000円前後のプレゼントでご紹介したものを組み合わせてプレゼントするのもおすすめします。

まとめ

産休に入る働く妊婦さんは、出産や家族が増えることへのワクワクした気持ちとともに、仕事を休むことへの申し訳なさや不安を抱えています。そのような妊婦さんに、プレゼントを贈ることで、あたたかく送り出すことができます。

あまり高価なものをプレゼントすると受け取る側も恐縮してしまうので、相手との関係性や渡す人数によって何を贈るかを考えるようにしましょう。プレゼント選びの際はベビー用品やお守りを避ける、プレゼントが重たい場合は郵送する等といった妊婦さんへの気遣いも忘れないようにしましょう。

 - 産休・育休のトリセツ ,