ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

産後も妊娠中に使ったトコちゃんベルトを!使い方や効果、使用期間は?使わないとどうなる?

      2017/07/24

妊娠中の腰痛、恥骨痛を軽減してくれるトコちゃんベルト。産婦人科のお医者さんや助産師さんから購入を勧められ、使用している妊婦さんも多いことでしょう。基本的に毎日寝るとき以外は装着していることが望ましいトコちゃんベルト。付け方は慣れれば簡単ですが、毎日着けていると煩わしさもありますね。

「出産が終わるまでの我慢」と思われている方もいるでしょうが、実はトコちゃんベルトは産後も使用することが勧められています。「トコちゃんベルトはもうたくさん!」と思わずに。出産で緩んだ体を正しい方法で元に戻す役目を果たしてくれます。今持っているトコちゃんベルトで出産後の体を元に戻しましょう。

産後のトコちゃんベルトの使い方や効果、使用期間などをご紹介します。

産後にトコちゃんベルトを使うとどんな効果がある?

画像出典元:https://www.3bs.jp/model/genital/a62.htm

トコちゃんベルトは、「トコちゃんベルトⅠ」「トコちゃんベルトⅡ」「トコちゃんベルトⅢ」の3種類があります。それぞれのトコちゃんベルトには以下のような働きがあります。

種類別トコちゃんベルトの効果

  • トコちゃんベルトⅠ:恥骨痛を和らげる。出産で恥骨の結合が離れてしまった人向け
  • トコちゃんベルトⅡ:骨盤矯正。腰痛があって開いてしまった骨盤を元に戻したい人向け
  • トコちゃんベルトⅢ:骨盤矯正。腰痛がなくて骨盤を元に戻したい人向け(妊娠中は使用できない)

ⅡとⅢの違いは腰痛があるかないかです。Ⅲは妊娠中は使えないので、こちらを持っている人は少ないはずです。ただし、わざわざ違う種類に買い換えなくても、基本的には妊娠中に使っていたトコちゃんベルトをそのまま使用できます。

Ⅱを使っていた人はⅢを買わずに、まずは腰痛がなくてもそのままⅡを使用してみて下さい。

トコちゃんベルトを使わないとどうなる?

トコちゃんベルトを産後に着けることでぐらぐらになってゆがんでいた骨盤を元に戻すことができます。着けないと、以下の影響が出ることが考えられます。

トコちゃんベルトを着けないで骨盤がゆがむと・・・

  • 腰痛、恥骨痛がひどくなる
  • 歩行困難
  • 赤ちゃんの抱っこがつらくなる
  • 坐骨神経痛になる
  • お腹が飛び出たままになる

骨盤がゆがむと不安定な骨盤で生活することになります。痛みだけではなく、歩くのも大変になったり、赤ちゃんの抱っこ・重たいものを持つという動作も難しくなります。

骨盤を元の正しい形にすることで、膨らんでいた子宮も元の正しい位置に戻っていきます。それにより下腹部の膨らみがなくなり、ぽっこりお腹にならずに済むのです。

私の場合

  • 長男妊娠中からトコちゃんベルトⅡを着用
  • 出産後は毎日着けなければならないわずらわしさから、着けなくなってしまう
  • 坐骨神経痛と診断される(次男を出産するまでの3年間治らず)

立ち上がる拍子、寝返りを打つ拍子に毎回と言っていいほど、腰から足の付け根にかけてビリビリと電気が走るような痛みを感じました。あまりの痛さに動けなくなってしまうこともありました。

このときの反省を踏まえ、次男を出産後、トコちゃんベルトの着用を産後2ヶ月まで毎日続けました。結果、坐骨神経痛はなくなりました。トコちゃんベルトを着けることで、ゆがんでいた骨盤が元に戻り、痛みがなくなりました。

トコちゃんベルトの使い方は?

画像出典元:https://ameblo.jp/koshiyokan/entry-11435260958.html

それではトコちゃんベルトⅠ、Ⅱの使い方を見ていきましょう。わかりやすいように動画で紹介します。お手持ちのベルトはどちらなのか確認して動画を見てみて下さい。妊娠中はトコちゃんベルトⅢは使えませんので持っている人は少ないでしょう。Ⅲについての動画は省略します。

どちらのトコちゃんベルトでも一緒ですが、「腹巻き→トコちゃんベルト→ショーツ」の順番で身につけて下さい。この順番を守れば、トコちゃんベルトをいちいち外さずにトイレに行くことができます。

トコちゃんベルトⅠの使い方

トコちゃんベルトⅠは、ⅡやⅢよりも着け方が難しいので、助産師さんなどに着け方をきちんと教えてもらうようにしましょう。

トコちゃんベルトⅡの使い方

使い方がわからない場合、どこで教えてもらえる?

画像出典元:http://irodori-seikotsuin.jp/column/1357

使用していると着ける場所がわからなくなったり、ちゃんと着用しているつもりでも痛みが軽減されず、着ける場所が合っていなかったりということがあります。そういう場合は、着け方をきちんと指導してもらう必要があります。

トコちゃんベルトの使い方を指導してくれるところ

  • 出産した病院、助産院
  • 整体
  • 自治体やママサークルの講習会

出産した病院がトコちゃんベルトを採用していない、近くに整体がないという場合は、以下のリンクを参考にして使い方を教えてくれるところを探してみましょう。

トコちゃんベルトの青葉

使用期間はどれぐらい?

画像出典元:http://life2528.ti-da.net/e4580523.html

産後すぐから産後2~3ヶ月はトコちゃんベルトを着けましょう。産後は骨盤がぐらぐらで安定していません。骨盤が元に戻るまで大体2~3ヶ月かかります。この時期にしっかりとベルトで締めることで、骨盤が元に戻り、お腹も引っ込みやすくなります。

ただし、出産直後はまだ出血が多く、ベルトを血で汚しかねません。また、出産による腰痛、下腹部痛、骨盤の不安定さなどで、一人でベルトを装着するのも大変です。出血が止まり、体の痛みが楽になってきた頃からベルトを装着することをおすすめします。

産後3ヶ月目以降は、腰痛がどうしてもつらいときなどに使用し、毎日着けるのはやめましょう。ベルトに頼りすぎてはいつまでも骨盤が安定しないためです。

まとめ

まとめると、産後にトコちゃんベルトを着けると

  • 出産でゆがんだ骨盤を安定させる
  • 恥骨痛、腰痛を改善させる
  • お腹を引っ込ませる
  • 坐骨神経痛の予防

などの効果があることがわかりました。トコちゃんベルトにはⅠ~Ⅲの3種類がありますが、Ⅲは妊娠中は使えません。Ⅲは腰痛がない人向けですが、腰痛がある人も妊娠中に使っていたトコちゃんベルトをまずはそのまま使いましょう。

それぞれの使用方法は

  • 出産した病院、助産院
  • 整体
  • 自治体やママサークルの講座
  • 「トコちゃんベルトの青葉」というサイト

で確認してみましょう。また、インターネット上の動画でも使用方法を見ることができます。使用期間は産後出血が治まってから2~3ヶ月です。正しく着用して、骨盤のゆがみを矯正しましょう。

 - 産後, 産後ダイエット , , ,