ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

【保存版】産後抜け毛にオススメのシャンプー5選!

      2016/02/25

産後抜け毛に限らず、抜け毛を防ぐのに重要なのは髪質を整えることよりも頭皮環境を改善することです。

一般的に剛毛だと丈夫で抜けにくい、やわらかい髪質だと弱く抜けやすいと思われがちですが、見た目の髪のボリュームから受ける感覚に左右されていることが多いのです。

結局は、毛根そして頭皮を健康に保つことが最も大切なこと。

そのためには、まずシャンプーを見直すことが近道でしょう。
150512_cause-the-scalp1

産後抜け毛に良いシャンプーは何か、選んでみました。

シャンプー選びのポイントは「ノンシリコン」と「アミノ酸系」

抜け毛を防ぐためのシャンプー選びのポイントは次の2つです。

  • 「ノンシリコン」
  • 「アミノ酸系」

産後抜け毛対策のためのシャンプー選びといっても、巷にはとても多くの商品があふれています。

何を基準に選べばよいのでしょうか。

抜け毛を防ぐには頭皮環境が大切です。
そのことを第一に考えると「ノンシリコン」と「アミノ酸系」というキーワードが見えてきます。

では、それぞれについて説明していきましょう。

「ノンシリコンシャンプー」で毛穴ケア

従来からあったシリコンの含まれるシャンプーは、髪を艶やかにし、手触りを良くする作用があります。
それは、シリコンが髪全体をコーティングするためです。

しかし、同時に頭皮にも幕を張って毛穴を詰まらせてしまうことにつながります。

毛穴が詰まると汚れが取れにくくなり、結果的に頭皮環境を悪化させてしまうのです。

「アミノ酸系シャンプー」で弱酸性を保つ

頭皮は本来弱酸性を示します。
その状態に近いものが「アミノ酸系シャンプー」です。

一般的に出回っているシャンプーは、弱酸性と書かれていても健康な頭皮のPh値から見るとアルカリ性のものが多く、洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになります。

健康な頭皮(皮膚)には、アルカリ性から正常な状態である弱酸性へ戻す作用があります。
しかし、抜け毛などの頭皮トラブルを抱えている場合は、その作用がスムーズに行われていないことが考えられます。

頭皮ケアのためにはもともとのPh値に近いものを使用するのが良いでしょう

このページの先頭へ

シャンプー+育毛で効果を上げる

抜け毛には頭皮をやわらかく持つことも大切です。
頭皮が固いということは血行不良に陥っていると考えられ、そのような状態では栄養成分がきちんと浸透していきません。

そのため、育毛剤で栄養補給をしながらマッサージをして血行を良くするとよいでしょう。

今は、育毛効果のあるシャンプーも販売されています。

このページの先頭へ

産後抜け毛オススメシャンプーはこちら!

  • 「uruotte(うるおって)」

ノンシリコン、アミノ酸系シャンプー。
99%が植物由来の成分から作られている。
http://uruotte.com/LP11/?id=a8&utm_campaign=1003

  • 「花しゃん」

ノンシリコン、アミノ酸系シャンプー。
抜け毛や薄毛など髪に悩む女性の声から作られた。
「活性ポリ乳酸」配合で、毛穴のつまりを除去する作用あり。
http://lp.mycare.co.jp/lp/pc/hanaA01_002_r_m.php?mparams=1128

  • 「ラフィーシャンプー」

ノンシリコン、アミノ酸系シャンプー。
頭皮環境改善に的を絞ったシャンプー。
フコイダン配合で、頭皮の乾燥を防ぐ作用あり。
http://www.raffi-hair.com/lp2/index2.html?utm_source=a8&utm_medium=af

  • 「馬油シャンプーU-MA」

ノンシリコン、アミノ酸系シャンプー。
馬油配合で頭皮に栄養を補給。
育毛剤に含まれるグリチルリチン酸2配合。
http://www.u-ma.co.jp/ab/af01/index.html

  • 「薬用リリィジュ」

シャンプー、トリートメント、育毛剤の3点セット
シャンプーはノンシリコン。
トリートメント、育毛剤を含めて弱酸性。
効果として「産後の脱毛」が謳われている
https://www.wellbest.jp/rereje/2s/aft/a8.php?sesid=6c5jpXiLCHM

 - 産後抜け毛ケア