ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

意外と知らない!産後抜け毛の「いつから」「いつまで」

      2016/02/25

ほとんどの人が経験するよくあること。
出産という大仕事を終えたところへやって来る大量の抜け毛。
ショックを受けてしまう人も多いでしょう。
e1434003912130

でも、あるアンケートでは7割の人が「経験した」と答えていて、決して珍しいことではありません。

そうはいっても、排水溝が詰まるほどの大量の抜け毛を見れば「いったいいつまで続くのか」と不安になるのは当然です。

いつから始まりいつまで続くのか。
そのことを知って、不安を少しでも取り除きましょう。

産後抜け毛の始まりは早ければ出産後1か月から

あるアンケートによると、産後1~6か月までの間に抜け毛を意識した人が約7割となっていて、多くの人が出産後半年以内に始まっていることが分かります。

では、なぜ産後間もない時期から抜け毛が始まるのでしょう。

産後抜け毛の原因はホルモン分泌量の急激な変化

産後抜け毛の原因は様々考えられますが、第一に挙げられるのは妊娠中から出産後にかけての女性ホルモンの分泌量の変化です。

妊娠中は、妊娠を継続させるために女性ホルモン「プロゲステロン」「エストロゲン」の分泌量は妊娠前より増えます。

髪の生成にも大きく関わっている「エストロゲン」は、胎盤完成後はそこから分泌されて出産まで分泌量は増えた状態が続き、出産によって胎盤が排出されて分泌量は激減します。

そうした状況が、産後抜け毛を増やす結果を招いているのです。

このページの先頭へ

産後抜け毛は出産後1年ほどで終わる

上記に挙げたアンケートによると、産後抜け毛の終わった時期は1年未満と答えている人が8割になっています。

そのうち約半数が6か月~1年未満と答えていて、出産後半年を超えている人の多いことが分かります。

一方で、出産後1年を超えても抜け毛があったと答えている人は20%になっていて、半年から一年を超えるころまでは抜け毛があると考えたほうが良いでしょう。

産後抜け毛の終わる時期は生理再開と関連が

産後抜け毛は女性ホルモンと関係が深いことはこれまで述べてきました。
女性ホルモンは月経周期に関連があることはいうまでもありません。

産後の生理再開は、個人差は大きいのですが、約7~8割の人で産後8か月ごろといわれます。
そして、一般的に母乳育児をしている人はミルクを使用している場合より生理再開は遅れます。

なぜ、母乳とミルクとで違いがあるのか。
それは、母乳の分泌に関わる「プロラクチン」というホルモンが、排卵抑制作用ももっているためです。

排卵を抑制しているということは、通常生理の1週間くらい前から増え始め排卵時にピークを迎える「エストロゲン」の分泌を抑制しているということになります。

生理が再開し、周期が整ったということは、ホルモンバランスの良い妊娠前の状態に戻ったとみてよく、産後抜け毛の終わる時期と考えることができるでしょう。

このページの先頭へ

個人差の大きい産後抜け毛

産後抜け毛の原因はホルモンの状態だけではありません。
そのことのみが原因であれば、上記のアンケートでも出産直後という答えがほとんどとなるはずです。
しかし、「抜け毛がなかった」としている人も約3割いるのが実情です。

ホルモンの状態以外の原因としては、ストレスや生活習慣の変化なども重要なものとして挙げられます。
産後抜け毛は、こうした様々な要因が複雑に絡み合って起こることです。

また、それぞれの感じ方によるところも大きいでしょう。

個人差が大きいというとも知っておきましょう。

 - 産後抜け毛ケア