ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠初期の立ち仕事の悪影響は?出血、流産のリスクは?

      2019/02/21

妊娠が判明して嬉しい反面、今まで通りに仕事をすることに不安を感じるママも多いのではないでしょうか?

つわりで体調が悪くてお休みしたくても、まだ初期だから上司に報告しづらいなぁと悩んで無理をしてしまっているかもしれません。

今回は妊娠が判明してからの仕事で気をつけたいことや、周りへの報告タイミングなどをご紹介していきます。

 


立ち仕事は大丈夫?赤ちゃんに影響のある働き方

男性と同じように働く女性が増えた現代では、様々な職種で働いているママがいます。

妊娠したことを機に、自分の仕事内容で赤ちゃんに悪影響を及ぼす業務がないか考えてみることは大切です。

よくある業務内容で赤ちゃんに影響がないか、以下でみていきましょう。

立ち仕事

立ち仕事はすぐにやめなければいけないほど危険なことではありませんが、長時間に及ぶ場合は要注意です。

ママの体力や妊娠経過など個人差があるので、具体的に何時間まではOKという目安は明確には存在しません。

基本的にはお腹に張りを感じたり、立ちくらみなどの不調を感じた場合は、すぐに椅子に座って安静にする必要があります。

忙しくてつい無理をしてしまいがちなママは、1~2時間ごとに休憩を取らせてもらうことにするなど、周りの同僚に協力してもらって対策をしましょう。

 

 

 - 妊娠初期 ,