ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

【妊娠初期】0週目からのお腹の赤ちゃんが週数別でどのように育っているかを知ろう!

      2016/02/25

妊娠初期の頃の赤ちゃんを知ろう

妊娠初期とは、妊娠15週まで、つまり妊娠4か月までを指します。

妊娠1か月(妊娠0週~3週) 着床の時期

赤ちゃんは、ママがまだ妊娠に気づいていない受精直後から、活発に細胞分裂を始めます。

このころの赤ちゃん(胎芽)の発育を見てみましょう。

妊娠1か月の胎芽の発育

  • 体部分のもとになるものと共に、胎盤を作るもととなる「絨毛膜」や羊水の入るための「羊水膜」、栄養を蓄える「卵黄嚢」などが形成
  • 3週目ごろ受精卵が子宮内に着床
  • 受精卵は約0.1mmだが、1mm近くまで成長

妊娠2か月(妊娠4週~7週) 器官形成期

この頃は、赤ちゃんの体の中で様々な器官が作られていく大変重要な時期です。
「器官形成期」と呼ばれます。

ママはやっと妊娠に気づくころでしょう。

妊娠2か月の胎芽の発育

  • 胎嚢の中にいて卵黄嚢から栄養を摂取

●4~5週頃

  • 胎盤は未成熟だが働き始める
  • 心臓管が作られ、血液循環始まる
  • 大動脈が作られ始め、早ければ心拍確認

●6~7週頃

  • 頭と胴体、手足、といった2頭身の体
  • 心臓が4室に分かれ始め、肝臓、腎臓、胃腸など内臓の形成
  • 脳、脊髄の神経細胞の約80%が作られる
  • 視神経、聴神経の発達

妊娠3か月(妊娠8週~11週) 胎芽から胎児へ

この頃には、ほとんどの赤ちゃんに心拍が確認され、初期の流産の確率がぐっと減る時期です。

また、骨の形成が始まってかなり人間らしい姿に近づき、胎芽から胎児と呼ばれる時期に入ります。

妊娠3か月の胎児の発育

●8~9週頃

  • 2頭身から3頭身の体形に
  • 背骨が形成され始める
  • 指がはっきりとし爪が作られ始める
  • 瞼、耳たぶ、唇などが形作られ、耳や鼻、口の穴ができる
  • 内臓の形はほぼ完成して働き始め、尿の排出をはじめる
  • 心臓がほぼ完成し、本格的に血液循環始まる

●10~11週頃

  • 歯のもとが作られ始める
  • 体を動かすようになり、口に触れた手に吸い付くなど反射神経も機能し始める

妊娠4か月(妊娠12週~15週) 胎盤の完成

この時期、ついに胎盤が完成します。
この後は、本格的に胎盤を通して母体から栄養を摂取するようになります。

妊娠4か月の胎児の発育

  • あごの骨が形成され、永久歯のもとが作られ始める
  • 横隔膜を上下させて呼吸の練習を始める
  • 間脳や大脳辺縁系といった脳の一部が機能し始める
  • 外性器ができ、性別が判定できるようになる
  • 活発に手足を動かすようになる

 - 妊娠初期 , ,