ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

よく出るおならも妊娠初期症状?効果的な対処法は?

      2016/03/29

妊娠が判明してから、どうもおならの回数が増えた気がするというママも多いのではないでしょうか?

もしくは、おならを我慢するあまりポッコリとお腹が張ってしまってつらいとお悩みかもしれません。

今回は恥ずかしくて他の人には聞きづらい、妊娠初期のおなら事情について原因や解消法などをご紹介していきます。

妊娠初期によく出るおならの原因は?

女性ホルモン

一番の原因は女性ホルモン

妊娠中は女性ホルモンの1つであるプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増加します。

このホルモンの作用により腸の働きが滞り、便秘やおならの原因となってしまうのです。

実はこのホルモン、妊娠前は毎月の生理前の時期に分泌されていました。

生理前はいつも便秘に悩まされていたという方はこのホルモンが理由だったのですね。

妊娠中は生理前よりも多くの黄体ホルモンが分泌し続けるので、身体がこのホルモンバランスに慣れるまではお腹の調子も狂ってしまうわけです。

つわりによる胃腸機能の低下

妊娠初期につわりに悩まされるママは多いですよね。

食べられるものがフルーツや飲み物だけだった、アイスや炭酸水なら飲み込めた、などという話もよく聞かれます。

でもこういった偏食により胃や腸が冷やされ、消化機能がさらに低下してしまうことがあります。

消化機能が低下すると便秘を誘発し、腸に溜まった便からガスが出て、いつもより臭いおならが出てしまうのです。

子宮に水分が集中

妊娠すると身体中の水分が子宮に集中します。

本来、胃腸で必要とされていた水分まで子宮にとられてしまうので、消化機能が低下し便秘になりやすくなります。

便秘が引き起こされると、やはりおならも同時に誘発されてしまうのです。

そのため、妊娠中はいつもよりも多めに水分を摂取することを意識しなければなりません

 

恥ずかしいおならを少なくする4つの対処法

おなら

おならは臭いだけでなく、お腹の張りまで引き起こして憂鬱ですよね。

しかも、外出中や仕事中にうっかり出てしまわないか緊張してしまい、ついお尻の穴に力を入れて我慢してしまいがちです。

おなら対策は、便秘対策といっても過言ではありません。

そこで、出来る限り少なくしたいおならと便秘の対処法を以下でご紹介します。

規則正しい生活で排便リズムを整える

毎日できるだけ決まった時間に起床、食事、排便、就寝する癖をつけるようにしましょう。

生活リズムが整うと腸も排便のタイミングを覚えて、便秘になりにくくなります。

休日は遅くまで眠りたいと思っても、出来る限り平日と同じ時間に起床し一定のリズムを崩さないように努力してみましょう。

無理のない範囲で身体を動かす

妊娠初期は身体を労わるあまり、特に運動不足になりがちです。

軽くウォーキングやストレッチをするなどして、腸を刺激してあげましょう。

医師から安静を指示されている場合は、姿勢を正して温かい手で腰をさするだけでも効果がありますよ!

腸内に善玉菌を増やす

腸の運動を活発にさせるために善玉菌を意識して体内に入れてください。

善玉菌を多く含む食品
  • ヨーグルト
  • キムチ
  • 納豆

多くは発酵食品です。

それらを摂取することはもちろんですが、善玉菌のエサとなる食物繊維も一緒に摂取するとより効果的です。

根菜類やキノコ類、イモ類など一緒に発酵食品を毎日食べることを習慣にしてみましょう。

身体を温める

お腹を触ってみてください。

もし脇の下よりも冷たく感じたら、胃腸の冷えが便秘やおならの原因かもしれません。

身体を温めると胃腸の機能が向上し、排便が促されます。

飲み物は常に温かいものにするように気を付け、毎日入浴する習慣をつけるなど、身体を冷やさないように意識しましょう。

 

おならを我慢しても大丈夫?赤ちゃんへの影響が心配

あかちゃん

おならは生理現象とはいえ、やっぱり人前でするには抵抗がありますよね。

職場の同僚や友人と一緒に居る時、どんなに親しくても女性は我慢してしまう人が多いのではないでしょうか?

おならを我慢することは妊娠中であるか、ないかに関わらず身体によくありません。

以下でその理由をみていきましょう。

我慢したおならは他の穴から出ていく!?

おならが出そうになった時、必死に食い止めて我慢することに成功したとしましょう。

でも、我慢したおならのガスは消えてなくなったわけではありません。

肛門から放出されずに腸内に留まったガスは、腸壁から吸収されて血液に乗り全身を巡ります。

そして、身体のあらゆる器官で汗や吐息、尿へと溶け出して体外へ出ていくのです。

例えおならを我慢できたとしても、口臭や体臭が臭い!なんてことになったら意味がないですよね。

身体中にガスが巡る前に、我慢しないで出してしまいましょう。

おならを我慢するとガンになる!?

我慢したおならは、腸壁に吸収されるかそのまま腸に留まります。

留まったおならは便秘をさらに誘発するだけでなく、有害なガスへと変化して腸内環境を悪化させてしまうのです。

この有害なガスが腸を長期に渡って刺激し続けると、悪玉菌が増殖し発ガン物質まで作られることが研究でわかっています。

妊娠中の一時的な期間であれば、もちろんすぐにガンになってしまうことはないのですが、我慢することがそれだけ身体に悪影響を与えることは肝に銘じておきましょう。

 - 妊娠初期 , ,