ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠初期、旦那にイラッとするのはみんな一緒?そのメカニズムと対処法

      2017/04/04

妊娠すると、何かと情緒不安定になりがち。特に、妊娠初期は体も不安定なので、心細く思ったり急に不安になったりするかもしれません。

でも、そんな変化にお構いなしの旦那さん。妊娠すると、些細なことで夫にイライラする人は多いはず。

今回は、思わずイラっとする夫の行動と、その対処法をお伝えします。

みんながイライラ・落ち込む旦那の行動とは

-shared-img-thumb-OY151013510323_TP_V

ケース1 自分のお世話まで妻任せ

子どもがいない時には、妻が夫の世話をするという形の夫婦もあるかもしれませんが、妊娠中〜子どもの誕生後では状況が全く違います。

食事や洗濯などの家事はまだしも、脱いだ服や使った道具の片付けまで妻にお任せの夫の行動は言語道断。赤ちゃんが産まれた後の生活も考えると不安は募る一方ですよね。

お腹に赤ちゃんがいても家事炊事はすべて私

お腹がでてくると重たいものや立ち仕事が大変です。主人は自宅へ帰ってくると動きません。

二番目三番目の妊娠中は仕事から帰ると、食事の用意に洗い物。洗濯にお風呂掃除。たくさんの仕事が主婦にはあります。

うちの主人は私がお腹が張るから休んでいたり重たい洗濯かごを二階に運んでいても動きたくないからみないふり。

あげくには上の子供を布団に横になって寝かせなごら自分も寝ることがほぼ毎日。

体力的にもきつく、どうしてかわってもらえないのか、二人の子供なのに私だけが…と悲しくて泣きながら家事をこなしていました。おかげで三人目は切迫早産に入院。

医師にも、どうしてそこまで妊婦がしていたの?と。やっぱりそうなんだぁ。私がしんどかったのは普通だったんだな。と実感しさらにショックをうけました。

ケース2 家事ができない

いざ家事を手伝ってもらおうと思っても、何かお願いすると、やってほしいと思っていることの6割くらいしかできていない…そういう旦那さんは結構多いのではないでしょうか。

食器洗いをお願いすると洗い残しがあったり、洗濯物干しではくしゃくしゃのまま干されていたりして、結局やり直す羽目になることも。「自分ならもっと手際よくきちんと家事をこなせるのに」とイライラしてしまうことでしょう。

分担なんて、夢のまた夢

収入が正社員の主人と契約社員の私とでは雲泥の差。さらに主人は泊まりメインの超不規則勤務。

そのため必然的に家事の比重は私にどんどん傾いていったのですが、妊娠したからといってそこは変わることなく、ほとんどの家事を私一人でこなしていました。

しかし、酷い二日酔いのようなつわりがある中での家事はしんどく、ある日の夕飯はとても簡単に済ませられるようなメニューにせざるを得ませんでした。

その日食卓を見た主人が一言、『なんか、朝ごはんみたいだね…』と言い放ったのです。非常に腹が立ちましたが、喧嘩をするエネルギーもなく、何も言い返すことができませんでした。

ケース3 休む妻を疎む

つわりやだるさで体調を崩しがちな妊娠初期。眠気も強い時期なので横になっていたいと思うものの、夫がそれを許さないというケースがあります。

「仕事が忙しい」と自分の大変さを持ちだして、妻の休んでいる姿を攻める夫…。

思うように体が動かない妊娠初期は、妻自身も悩ましいものそれに加えて夫からの冷たい目線を受けるのは、つらく、気分も落ち込んでしまうことでしょう。

つわりをあたりまえと思う旦那

妊娠中はつわりがひどくなるということは私が妊娠する前からテレビなどの情報で旦那は知っていた。

私がいざ妊娠してつわりがはじまると心配する様子が全然見えない。晩御飯とか家の事ととかどうしようもなくなって私のお母さんに助けに来てもらい夕方に帰ってもらっていた。

旦那は何も言わなかったのだけど、つわりで大変な私に何も声をかけてくれないことに腹がたってきれると旦那が一言妊娠している人はみんな経験するのでしょうとあたまえのようにいったことが最低だった。

ケース4 妻への配慮をはき違えている

「つわりがしんどそうだから夕飯はいらないよ…」と連日外食や飲み会に出る夫。

一見優しい夫のように見えるけれど、体調不良の妻をほったらかしでは、本当の配慮とは言えません。おまけにつわりでにおいに敏感な時期、お酒の臭いをプンプンさせる夫を出迎えるのはイライラすること間違いなしです。

ケース5 体調が悪いのに体を求めくる

こちらの体調不良は関係なしに体を求めてくる夫にはイライラを通り越してうんざり

夫婦関係はデリケートな問題。夫婦によっては、求めに応じることができない自分を攻めてしまう妻もいるかもしれません。

スキンシップは大切ですが、せめてつわりの時期だけでもそっとしておいてほしいものです。

妊娠初期はなぜイライラするの?

shutterstock_272975432-480x320

妊娠すると、これまでは平気だったことが気になるようになったり、ちょっとしたことでイライラしたりするようになります。

なぜなのでしょう。

原因1 体調不良

一番の原因は、妊娠による体調不良です。

日常生活でも、口の中に口内炎ができたり腰を痛めて動くたびにピリピリしたり、といった些細な体調の変化が起こると、気になって心の調子も落ちてしまいますよね。まして、妊娠初期には、つわりを始め、だるさや眠気食欲不振、ほてりなど気分に変調をきたすような様々な体調の変化が起こります。

これまで元気に過ごせていたのに、思うように体が動かなくなったり終始気持ちが悪い状態が続くと、どうしても気分も落ち込みイライラしてしまうもの。

また、落ち込みやイライラだけでなく、ふとした時に悲しくなってしまうといった情緒の乱れもおきます。

原因2 ホルモンの作用

もう一つは、ホルモンの作用が原因だと言われています

妊娠の経過とともに増えるプロゲステロンというホルモンは、つわり症状などの体調不良を引き起こすホルモン。このホルモンは、体の症状だけでなくメンタルにも作用するため、イライラや落ち込みが起こると考えられています

これらのほかにも、赤ちゃんが誕生することで新たなライフステージに突入するプレッシャーや出産への不安などストレスの要因はたくさんあります。

ストレスが溜まるとイライラしやすいので、上手に発散しながら楽しいマタニティライフを過ごしたいものですね。

険悪にはなりたくない!どうしたらいい?

12d199864b2f9eb06caa4e6d00cc7e04_s

対処法1 妊娠初期の体の状態を理解してもらう

旦那さんがこれまで通りのことを要求したり、横になる妻を責めたりするのは、妊娠して変化を始めた女性の体を理解していないから。まずは、妊娠初期にどのような症状が現れるのかを旦那さんにに勉強してもらいましょう

それには母子手帳交付の際に手渡されたり産院でもらったりする冊子がおすすめ。最近は夫向けの冊子を用意する自治体も増えていますので、是非活用しましょう。

対処法2 家事の分担を決める

これまで家事や身の周りの世話を妻任せにしてきた夫に対しては、少しでも家事を手伝って貰えるよう役割分担を決めましょう

まずはゴミ出しやお風呂の準備といった簡単なことから。家事を任せることで自分の身の周りのことも自然としてくれるようになるかもしれません。

対処法3 「出産までに家事が上達すればいい」と長い目で見る

男性も女性も妊娠・出産がゴールではありません。出産は育児のスタートです。

妊娠初期の今家事が下手でも、少しずつ慣れてもらって赤ちゃんの誕生後にはしっかりできるようになっていれば良いのではないでしょうか。今から産後を見据えて旦那さんに家事上手になってもらいましょう

対処法4 夫をねぎらう

「いつもありがとう」。この言葉をかけるだけで旦那さんの態度は変わると思います。妊娠初期のつらい時期だからこそ、旦那さんをねぎらい優しく接して、旦那さんにも優しくしてもらいましょう。

対処法5 夫以外の家族に助けてもらう

同居する両親や子どもがいる場合には、家事を積極的に手伝ってもらいましょう。

さらに夫への助言までしてもらえると尚いいですね。両親などを味方につけて、妊娠初期のつらい状況を伝えてもらいましょう。

第三者からの言葉のほうが旦那さんの耳にすっとはいるかもしれません。

妊娠初期の旦那にイラッとする、落ち込んでしまう体験談

男はいつでも男だった

初めて妊娠した時に、自分の体がどんどん変わり、胸も見たことない形や色になり、自分に自信がなくなって来たある日、旦那との会話で、携帯を見る事になりました。

すると、胸の大きな見た事のない女性の写真が保存されていました。雑誌の写真を撮影したのだとは思いましたが、体型や女として自信をなくした私にとっては、ものすごくイラッと来てすごい顔で怒ってしまい旦那はタジタジ。

でも、今思うと我慢してくれていたんだなと。これを機に、男はいつでも男なんだと気づきました。それからは、そっとしています。

体調のわるさにきづいてもらえない

つわりがひどく、吐き気が本当にひどいときに、夕食前の時間などなかなか動くことのひどいときに、夕飯は?などと平気で言ってきて、すべての用意を済ませないといけないことが大変でした。

洗い物やゴミ捨てなどちょっとした頼みたいことも無理で、病気じゃないのだからという心無い言葉にはがっかりでした。

なかなか安定するまでに時間もかかり入院したのですが、その時期の方がベッドでゆっくりできて今思うと、病院に行ってから休めるようになっていました。やさしさがもうちょっと感じたかったです。

妊娠初期の旦那のありえない行動

妊娠初期にツワリで食べられるものが限られて、料理も匂いが無理になり作れなくなりました。

唯一、野菜なら食べられたのですが、旦那がよかれと思って仕事帰りにピザをテイクアウトしてきました。

あまりの空気の読めなさというか、何も分かってないことにイライラしました。妊娠初期は見た目は普通なので、周囲からは妊娠が分かりませんが、一番身近にいる旦那くらい、大変さを理解してほしいものです。

妊娠の本を読むくらいの努力を見せてほしいです。

2人目妊娠初期、妊娠の大変さをすっかり忘れてしまった夫

我が家には5歳息子と2歳娘の2人の子供がいますが、娘の妊娠初期に夫にイライラしました。息子は不妊治療の末、ようやく授かった子なので、妊娠発覚時から私のことを姫を扱うかのようなオーバーぎみなくらい心配して支えてくれました。

しかし、娘は子作り開始後に、すぐに授かったこともあり、夫は息子のような時の気持ちをすっかり忘れていました。

私が持っている荷物も重くても声掛けも何もなし、家事も悪阻がある中、なんとかやっても気づかいや変わってくれることもしない。妊娠しても妊娠前との変わらぬ対応に、私が激怒して、それ以降夫は猛省して心を入れ替えてくれました。

お風呂に入浴剤を入れられてイラッとした

つわりで少しの匂いでも吐き気がすると夫はわかっているのにお風呂に入浴剤を入れられた。
湯船につかってゆっくりしたいから具合が悪いけど一生懸命お風呂掃除をしていざ入ろうと浴室に入ったらウッとくる匂いがした。

先にお風呂に入った夫が入浴剤を入れていたのだ。その時のイラッとした気持ちは今でも忘れない。文句を言っても「そっか、悪い悪い」の一言だけ。その日はお風呂に入ることができずにイライラは収まらなかった。

次の日は仕事から帰ってきた夫にお風呂掃除をさせて私が一番風呂に入ってなんとか気持ちが落ち着いた。

 

 - 妊娠初期 ,