ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

足の付け根の妊娠線!できる前に予防するのが鉄則!

      2016/02/25

見えないところのケアこそ丁寧に

知らぬ間に妊娠線?!見えないところは要注意!

お腹が大きくなってくると、胸やお腹のあたりは見えますが、お腹の下や足の付け根、太ももの内側などは見えづらくケアが行きわたらない箇所です。

気を付けていても見えないところのケアは怠りがち。

オイルやクリームの塗りが甘いと、敏感になっている肌はさらに乾燥してしまいます。

見えるところに妊娠線がないと思っていても、妊婦健診の時に医師や助産師に言われて気づく女性も多いのです。

見えないところはパパに手伝ってもらうのもオススメ♪

見えないところほど丁寧にケアし、塗りづらい箇所はパートナーに手伝ってもらうといいでしょう。

赤ちゃんがいるのは女性の体の中なので、早いうちから女性は母親である自覚を持ちます。

しかし、男性が自覚を持つのは赤ちゃんが生まれてきてからだと言われ、男女で1年の差が生まれてしまいます。

少しでも早く父親である自覚を持ってもらうためにも、マッサージを兼ねて赤ちゃんとのスキンシップをとってもらいましょう

妊娠は夫婦の共同作業ですので、自力では難しいことはお互い助け合いましょう。

足の付け根のケア方法

おへその下、下腹から太ももの付け根、そしてお尻までを足の付け根と思いましょう。

足の付け根のケアは血行促進にもGOOD!

足の付け根に妊娠線ケアでオイルやクリームを塗りこむことは、血行促進の効果も期待できるため丁寧に塗りこみましょう。

 

お腹が大きくなると足の付け根は圧迫され、血の流れが滞るようになります。

血流の悪さによる冷えや大腸の圧迫による便秘に悩む女性も多くいます。

足の付け根のマッサージは怠らないようにしてください。

硬いクリームを使うと、クリームを伸ばそうと力が入ってしまいます。

柔らかいクリームや伸びの良いオイルを使用し、肌への負担を減らしてあげましょう。

 - 妊娠線ケア