ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

決して高くない!妊娠してから産後までで妊娠線クリームにかかる総費用

      2016/02/25

今は色んなメーカーから妊娠線予防クリームが出ていますが、クリームの中に入っている美容成分の種類や比率・内容量によって値段にはバラつきがあります

できてしまった妊娠線は決して消えない

ここで、大事な事を一つ…よく「妊娠線は消えますか?」と聞かれる事があります。

残念ですが、できてしまった妊娠線は、皮膚の繊維組織が壊れてしまっているので、刺青を消すのと同じ、レーザーなど特殊な美容整形外科手術を施さなければ完全に消すことはできません!!

妊娠線ができてしまった後の美容整形の値段

美容整形の主な方法としては、妊娠線ができてしまった皮膚を一度切開・除去し、再び縫い合わせる、といったやり方となります。

麻酔が効いているとは言え、聞いているだけで痛々しいですよね…。

妊娠線を消すために最低20万円・・・?!

病院やクリニックによってお値段にバラつきはありますが、一回の施術につき1〜3万円から、というのが相場のようです。

レーザー治療というのは20回や30回コース、というように、目安で受ける回数が決まっているものがほとんどなので、単純計算でも最低20万円ほどかかってしまう、ということになりますよね。

いくら綺麗なお肌を取り戻すためとは言え、20万円は普通の人にとっては大金です・・・。

できてしまってから、慌てて美容整形するより、できる前からお手軽に妊娠線を予防する為には、やはりクリームでのケアが一番!という事になります。

口コミでも人気な、ベルタ妊娠線予防クリームの場合

様々なサイトで人気の高い《ベルタの妊娠線予防クリーム》には、お得な『定期便コース』というものがあります。

定期便コースで賢く妊娠線予防♪

定期便は買い忘れを防げるというメリットもありますが、最大の特徴は通常の購入よりも一つ2,000円もお安く手に入る、という事です。

妊娠線予防クリームにはたくさんの種類がありますが、仮に上記のベルタを使用した場合、お腹が大きくなる妊娠五ヶ月から使用したとしても、出産後までクリームのかかる費用は約30,000円ほど

美容整形との金額と比べてみると、自宅でのケアがいかにコストパフォーマンスに優れているか、という事が顕著にわかります。

できてしまってからの後悔より、予防を心がけましょう!

妊娠中は70%の確率でできると言われている妊娠線

毎日のこまめなお手入れで妊娠線予防を!

できてしまってから後悔したり、多額の費用をかけて除去するより、毎日簡単でもいいのでこまめにお手入れをして妊娠線を予防していきましょう!

結果的にそれが安上がりに済ませる方法でもあるのです。

 - 妊娠線ケア