ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠線のできやすさは遺伝するの?

      2016/02/25

遺伝は関係ない!

どんなに保湿ケアをしていても妊娠線ができる人がいる一方、何もケアしていなかったのに妊娠線が全くできない人もいます。
bba47f693599b9d93da8390112f0e6e0-480x319

妊娠線のできやすさは体質が関係している!?

遺伝だと思ってしまうかもしれませんが、
多くの場合は、妊娠した女性の体質に起因します

妊娠線ができやすい体質の人はもともと皮下脂肪が多い人や、皮膚が伸びない人

妊娠する前に体質を改善できる場合はきちんと対策を練りましょう。

妊娠している人は出来やすい体質だからと諦めず、妊娠線を極力少なくするよう適切にケアを行いましょう

遺伝以上に左右される要因

体重の急激な増加

妊娠線が原因となる一番大きな原因は、体重の急激な増加です。

つわりがなくなると食欲が湧き、二人分とばかりに食べてしまいがちです。

体重増加に伴い、皮膚の伸びに耐えられなくなった皮下組織や真皮が断裂し、妊娠線が発生してしまうのです。

これは体重コントロールがうまくできなかったということです。

体重をきちんとコントロールすることで、妊娠線を予防することが大切です。

乾燥とかゆみ

次に、妊娠線の原因となるのが乾燥とかゆみです。

妊娠中は肌のターンオーバーを抑制するホルモンが強く出ます。
そのため、肌の組織は薄く固くなり、刺激に敏感になります。

今まで感じたことのなかった下着の締め付けによるかゆみや、水分不足による乾燥が発生。

知らず知らずのうちに掻いてしまったりすると皮膚を傷つけ、妊娠線に繋がります。

コラーゲンを日々摂り、保湿ケアをしっかり行うことによって妊娠線を予防しましょう

皮膚が伸びる

最後に、必要以上に皮膚が伸びてしまうことです。

お腹が大きくなるにつれ、重力に負けて、お腹の位置が下がってしまいます。

必要以上に皮膚が引っ張られてしまわないように、さらしや腰ベルト、ガーターなどで適宜お腹を持ち上げ、皮膚への負担を減らしてあげましょう

 - 妊娠線ケア