ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠線クリームを使うデメリット

      2016/02/25

副作用が心配…大丈夫?

妊娠中は身に付けるものにナーバスになっているもの…

そんな中、「妊娠線予防クリームは本当に使っても大丈夫なの?」と不安になる方も少なくないかもしれません。

お腹の中の赤ちゃんへの影響はもちろんのこと、実際に皮膚につける妊婦さん自身も、
「かぶれたりしないか」「乾燥が酷くならないか」など、とても心配になってしまいますよね…。

妊娠線を予防する為には、確かにクリームを使うことは手軽で効率のいい方法かもしれません。

「でも、副作用やデメリットなんかは本当にないの?」…そんな方の疑問にお答えします。

 

お腹の赤ちゃんへ影響は?

まず、お母さんとして一番先に気になるのは、「お腹の赤ちゃんに何も影響がないか?」という事だと思います。

ですが、こちらは完全な杞憂に終わります。

妊娠線予防クリーム赤ちゃんへ影響はない!

というのも、お腹の中の羊水で守られている赤ちゃんに何かしら影響が出るとすれば、必ずその前にお母さんである妊婦さん自身に劇的な不調が見られます。

経口で服用するお薬とは違い、外服薬はお医者さんでさえ比較的軽く出してくれるものです。

極端な話ですが、お肌に乗せた瞬間激痛が走る・皮膚が焼ける等と言った毒薬で無い限り、赤ちゃんに何かしらの悪影響が出る、という事は一切ないので、どうか安心して下さいね。

肌が荒れたり、かぶれたりしない?

肌の荒れ・かぶれもほとんど問題ナシ!

次に直接肌で感じるお母さんへの副作用ですが、こちらもまず問題はありません。

何故なら妊娠線予防クリームは、ただでさえ肌が敏感になっている妊婦さんの為に作られたクリームなので、開発者は通常のボディクリームよりもいっそう気をつけているからです

妊娠線予防クリームのデメリット

デメリットは強いて言うなら、コスト面

特に挙げられるデメリットはありませんが、強いて言うならば、やはりコスト面でしょうか。

上記の通り、妊娠線予防クリームは研究者が慎重に開発している物のため、通常のクリームと違い少し割高になっているものが多いです。

その違いがお値段の違いになってくるので、やはり通常のクリームと比べると、コストパフォーマンスの面では劣ってしまうでしょう。

とは言え何度も言うようですが、品質が良いのはやはり、妊娠線予防に特化したクリームです。

一生の内にそう何度も訪れないマタニティ期間です。

ご自身のお財布と相談して、ピッタリのものを選んで使用して下さいね。

 - 妊娠線ケア