ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

実はよくある?妊娠後期の尿漏れ対策5つ!

      2017/06/24

妊娠後期に入ってくしゃみをした時や咳込んだ時などに尿漏れを経験した妊婦さんが多いのはご存知ですか。

お漏らしをしてしまったみたいで恥ずかしいとあまり話題に上がらないだけで、意外と経験している方は多くいらっしゃるのです。

ただし妊娠後期にはお産の兆候として破水が起こる場合もありますので、尿漏れと破水の違いを知っておかなければ万が一の時に落ち着いて対処できません。

まずはどうして妊娠後期に尿漏れを起こしやすいのかという原因について説明していきます。

また尿もれと破水の見分け方についても紹介しますので、参考にしてみて下さい。

恥ずかしがらなくても大丈夫!妊娠後期の尿漏れには原因が!

A woman holds a hand over her genital

妊娠後期の尿漏れは実に7割近くの妊婦さんが経験していると言われており、特に恥ずかしがることではありません。

と言いますのも、この尿漏れには妊婦さんならではの原因があるからです。

また尿漏れに悩んでいる妊婦さんにお勧めの対処法も紹介していきますね。

妊娠後期に尿漏れを起こしやすい原因4つ!

1.膀胱が圧迫される為

妊娠後期には一人で起き上がるのも中々大変になる位お腹が大きくなります。赤ちゃんが順調に成長しているという嬉しい証拠ですよね。

そして赤ちゃんが大きくなると同時に隣り合わせになっている膀胱が圧迫されるのです。

その為くしゃみなどのちょっとした振動でも尿漏れを起こしやすくなっているそうです。

2.ホルモンバランスの影響

妊娠すると赤ちゃんがきちんと育つ様に黄体ホルモンがたくさん分泌され、子宮の内膜が分厚くなります。

この黄体ホルモンは同時に膣や子宮の筋肉を緩める働きがあり、その近くにある膀胱もその影響を受けると言われています。

膀胱の筋肉が緩くなってしまうことで、自然に尿漏れが起こってしまう様です。

3.骨盤底筋が緩んでしまう為

年齢を重ねると尿漏れをしてしまうという話をよく聞くと思いますが、これは加齢により子宮を支えている骨盤底筋が衰え膀胱にその重みが直接伝わるからだと言われています。

妊娠中もこの骨盤底筋が緩みやすくなっています。

特に急激な体重増加があった妊婦さんはこの筋肉が緩んで子宮の重みが膀胱にのしかかり、尿漏れを起こしてしまうそうです。

4.骨盤底筋に傷がついてしまっている場合

500x0_56176048-c6ac-485d-88e9-05270a0100b8.jpg

これは特に経産婦さんに多い原因の一つですが、これまでの出産で難産や分娩に問題があった場合に骨盤底筋が傷ついてしまっている場合があります。

そうすると膀胱周辺の排泄を調整している神経に障害が起こり、尿意をきちんと感じることができなくなっている場合があるそうです。

そしてトイレに行くタイミングが遅れ、尿漏れを起こしてしまう様です。

尿漏れがひどい!妊娠後期の尿漏れの対策5つ

1.トイレはこまめに行きましょう

子宮が膀胱を圧迫しているので、頻繁にトイレに行きたくなる方も多いと思います。

大きなお腹でトイレに行くのは億劫ですし、面倒くさくなりがちですがこまめに排泄する事で膀胱にたまるおしっこの量が減り、尿漏れを防ぐことが出来るでしょう。

2.骨盤ベルトを巻く

妊娠後期はお産に向けて骨盤が緩んできていますので、正しい位置で骨盤ベルトを巻いてあげる事で骨盤が安定し骨盤底にかかる負担も軽減される様です。

ただしベルトの巻き方や巻く位置に等によっては赤ちゃんの負担になる場合もありますので、使用する際には予め先生に相談しておくと良いでしょう。

3.尿漏れパッドを使用する

poi

おりものシートやナプキンではおしっこの様なサラサラの水分を上手く吸収出来ないので、専用の尿漏れパッドをお勧めします。

ある程度の尿漏れでも十分に吸収してくれ、更に最近では消臭効果のある物まで開発されていますので一度試してみると良いでしょう。

4.体を冷やさない様にしましょう

やはり冷えは尿意を感じやすくなりますよね。妊娠後期は大きくなった子宮で血管が圧迫され体が冷えやすくなっています。

特に下半身は血流が悪くなっていますので、なるべく冷やさない様に靴下をはいたり足湯をしたりなど工夫されると良いでしょう。

5.骨盤底筋を鍛える

先ほどの原因にもありましたが、骨盤底筋が衰えると尿漏れを起こしやすくなります。

簡単に鍛えられる方法もありますので試してみると良いでしょう。

ただし妊娠後期にはお腹が大きく無理な体勢や体調の悪い時に行うと母体にも胎児にもあまり良くありませんので、必ず体調の良い時に行う様にしましょう。

骨盤底筋を鍛える方法とは?
  • 仰向けに寝た状態で足を肩幅に広げ、膝を立てます
  • 力を抜いて深呼吸をしたらお尻の穴と膣を締めるイメージで少し力を入れます
  • その状態を十秒ほどキープし、そのまま力を抜きます
  • 1回に5〜10回程繰り返す

これって破水?尿漏れと破水の見分け方は?

shutterstock_218464825-480x310

妊娠後期には破水からお産が始まる方もいらっしゃいます。もし自宅で破水した場合には尿漏れとの違いに気づけるのかと不安になる妊婦さんもいらっしゃるでしょう。

どちらも似た様な症状ですし見分けるのが難しそうですよね。

しかし実際にはきちんと落ち着いて見てみると違いがあるので、初産婦さんでもきっと分かるのではないでしょうか。

では尿漏れと破水の見分け方のポイントを紹介しますね。

尿漏れと破水の違いとは!?見分け方のポイント4つ!

1.色

尿もれ・・・・おしっこ特有の薄い黄色

破水・・・・・透明もしくは薄い乳白色

2.臭い

尿もれ・・・・アンモニア臭

破水・・・・・無臭もしくは生臭い臭い

3.量

尿もれ・・・・少しの場合が多い

破水・・・・・一般的には大量、ただし高位破水の場合には少量の場合がある

4.破水は自分の意思では止められない

ninpu56iy0

もし少量であったとしても破水の場合には自分の意思で止めることが出来ず、出続けることになります。

完全に止まったり自分で意識して止められるようであれば尿もれの可能性が高いでしょう。

実はよくある?妊娠後期の尿もれ体験談

多くの妊婦さんが経験する尿もれですが、実際にはどの様な時になるのでしょうか。

実際に経験した経産婦さんの体験談を幾つか紹介しますね。

私の尿漏れ体験談

くしゃみしただけで尿もれ

一人目の妊娠の時はそうでもなかったのですが、二人目を妊娠した時には物凄く喉が乾く様になり水分を沢山摂っていました。

そのせいかトイレも近くなり、尿意をもよおしてからトイレに行くまで我慢できなくなり尿もれをする様になりました。

さらにトイレに行きたいと思っていなくてもくしゃみをするだけで結構な量の尿もれをする様になってしまい、とても恥ずかしかったです。

尿もれパッドを使用しているのですが臭いも気になりますので、外出先でもこまめに取り替える様にしています。

外出するのが億劫

妊娠してから頻尿になったのですが、後期に入ってからは更に酷くなり1日に10回以上トイレに行きます。

また尿もれも起こす様になり、尿もれパッドが手放せません。

外出先ではまずトイレを探すことから始まり、買い物を楽しんでいる間でも頻繁にトイレに行く様になったので外出するのも億劫になってきました。

尿もれパッドを付けているので漏れたりすることはありませんが、どうしても臭いが気になったりトイレに行く回数が多くてあまり外出しなくなりました。

早く出産して元の体に戻りたいです。

破水だと思ったら尿もれだった

0637_LL

夜中に太ももが冷たいと感じ、目を覚ますと下着もパジャマも股の部分が濡れており破水だと思いました。

とりあえず生理用ナプキンを当てて病院へ向かったのですが、病院で検査したところ破水ではなく尿もれだった様です。

結構な量だったのと初めての出産で破水がどんなものか分からなかったのですぐに病院へ向かったのですが、恥ずかしい思いをしました。

ただ助産婦さんは「破水と尿もれは似ているので、不安に思ったらすぐに来てもらっても大丈夫ですよ」と優しく声をかけてくれ、少し安心したのを覚えています。

その1週間後に破水したのですが、尿もれとは全く違い自分でも直ぐに気づくことが出来ました。

起き上がる時ですら尿もれしてしまう

朝トイレに行く為に起き上がると尿もれしていました。

夜中の内におしっこが溜まっているのと、起き上がる時にお腹に力が入るからだと思います。

なるべく力を入れない様にゆっくり起き上がる様にはしているのですが、どうしても尿もれしてしまいますのでおりものシートを付けていました。

私の場合はごく少量の尿もれだったので、尿もれパッドは必要なくおりものシートをで十分対応出来ていました。

出産後はぱったり尿もれもなくなり、快適な朝を迎えられています。

まとめ

妊娠すると初期の段階から頻用ぎみになり尿漏れも起きやすくなります。

特に妊娠後期は大きくなった子宮で膀胱が圧迫され尿漏れを起こしてしまう妊婦さんも多いのです。

しかし尿漏れや頻尿は出産すると元通りに改善される場合が殆どですので、あまり気にしすぎてストレスを溜めない様にしましょう。

 

 - 妊娠後期 ,