ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠初期に風邪薬は飲んでいい?病院はどこへ行ったらいいの?

      2017/06/24

【内容の修正】

・妊娠初期のどの週数でどんな影響があるかは、別記事で細かく書いているので不要です。その記事をリンクで飛ばします。もっと簡単に書いてもらって構いません。

・市販の薬と病院で処方される薬を分けて書いて欲しいです。風邪薬・抗生剤どちらもです。市販の風邪薬でよく見たり聞いたりするものは書いてください。

妊娠すると免疫力が下がって、妊娠前より風邪をひきやすくなったりします。

つわりもあって体調が悪い上に風邪、薬を飲んでさっさと治したいけれど、妊娠中はあまり薬を飲めないというし…と悩んでしまいますよね。

妊娠中でも飲める風邪薬はあるのでしょうか?

薬や病院についてなど、妊娠初期と風邪薬の関係についてまとめました。

妊娠中の風邪薬は飲んでOK?知らずに飲んだ場合は?

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

妊娠中の薬の服用はちょっと心配ですよね。週数によっても薬の影響は変わってきます。

では、妊娠初期にはどんな影響があるのでしょうか?

妊娠初期の薬の影響は?知らずに飲んだら?

妊娠初期にもっとも影響を受けやすいのは、妊娠2ヶ月(4〜7週)の「器官形成期」とよばれる時期す。

この時期は赤ちゃんの内臓や脳などの大事な器官の基礎がつくられるため、催奇形性などになる場合があるとされ、薬の服用には十分注意したい時期とされています。

また妊娠3〜4ヶ月(8〜15週)の時期も、大事な器官形成や終わっていますが、唇や性器などが形成される時期なので、まだまだ薬を服用する際には注意が必要です。

妊娠16週以降は薬による影響はだいぶなくなります。ただ妊娠中に飲まない方がいい薬もあるので、必ずお医者さんの指示に従って飲むようにしましょう。

知らずに飲んでしまったら

妊娠に気づく前に知らずに風邪薬を飲んでしまった!ということもあるかと思います。妊娠超初期(0〜3週)は影響はないとされ、知らずに薬を飲んでしまったとしても、あまり心配はないようです。

長期に服用していたり多量摂取でなければ、基本的に大丈夫です。心配な場合は、かかりつけの産婦人科に相談しましょう。

妊娠さんにOKな風邪薬は?また気をつけた方がいい薬は?

なるべくなら薬を飲まずに過ごしたい妊娠初期ですが、風邪で体調が悪い状態が続くのもよくありません。

では妊娠中でも飲める風邪薬には、どんなものがあるのでしょう?また服用しない方がいい薬は?

妊娠中に処方される薬や市販薬について

a368590b6daa7191bcb095997dbaf7f5_s

病院で処方される薬

種類・効能 名称 主成分
解熱鎮痛剤 カロナール アセトアミノフェン
総合感冒薬 PL顆粒 サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン、プロメタジンメチレンジサリチル
鼻水(抗ヒスタミン薬) ポララミン d-クロルフェニラミンマレイン
咳止め アストミン ジメモルファン リン
フラベリック ベンプロペリンリン
メジコン デキストロメトルファン
去痰 ムコダイン カルボシステイン

熱が出てしまったり頭痛がつらい場合、アセトアミノフェンイブプロフェンを主成分とした解熱鎮痛剤は妊娠中でも服用できます。

ただしともに妊娠後期の服用は胎児に動脈管収縮のおそれがあるとして、注意喚起やイブプロフェンは妊娠32週以降の服用は禁忌とされています。

上記のような病院で処方されるものは服用して問題ないでしょう。その際はお医者さんの指示にしっかり従って服用してください。

市販の風邪薬

種類・効能 名称 主成分
解熱鎮痛剤 タイレノールA、ノーシン アセトアミノフェン
バファリンルナ、イブA錠 イブプロフェン
総合感冒薬 新ルルA錠s アセトアミノフェン、クレマスチンフマル、ジヒドロコデインリン、ノスカピン、dl-メチルエフェドリン、グアヤコールスルホン酸カリウム、無水カフェイン
エスタックイブ イブプロフェン、ジヒドロコデインリン、dl-メチルエフェドリン、クロルフェニラミンマレイン、無水カフェイン
ジキニン顆粒エース アセトアミノフェン、dl-メチルエフェドリン、ジヒドロコデインリンd-クロルフェニラミンマレイン、無水カフェイン、カミツレエキス、ニンジンエキス 、カンゾウ(甘草)エキス
咳止め パブロン50 アセトアミノフェン、デキストロメトルファン、グアヤコールスルホン酸カリウム
コンタック咳止めST デキストロメトルファン、ジプロフィリン、リゾチーム
喉の痛み ベンザブロックLプラス イブプロフェン、カルボシステイン、ジヒドロコデインリン、塩酸プロイドエフェドリン、クロルフェニラミンマレイン、無水カフェイン

上記のようにドラッグストアなどで購入出来る市販薬は、長期服用や多量摂取などの乱用がなければ、赤ちゃんに重篤な影響が出ることはほとんどないといわれています。

ただし「妊婦に禁忌」と書かれているものは避けた方がいいでしょう。

また処方薬にくらべて様々な成分を含んでいますので、妊娠に気づいたらなるべく服用は避け、病院へ行くことをおすすめします。

漢方薬(病院・市販)kanpou

種類・効能 名称 主成分
総合感冒 葛根湯(かっこんとう) 葛根、麻黄、桂皮、芍薬、甘草、大棗、生姜
喉の痛み 天津感冒片(てんしんかんぼうへん) 金銀花、連翹、甘草、桔梗、薄荷、牛蒡子、荊芥、淡豆鼔、淡竹葉、羚羊角
麦門冬湯(ばくもんどうとう) 麦門冬、半夏、人参、粳米、大棗、甘草
鼻水 小青竜湯(しょうせいりゅうとう) 麻黄、桂皮、芍薬、半夏、五味子、細辛、乾姜、甘草

効果がおだやかであったり副作用が少ないといわれる漢方薬も、妊娠中に処方されやすい薬です。また市販の医薬品を取り扱っている薬局で買うこともできます。

安心・安全なイメージが強い漢方薬ですが、きちんと説明を受け用法・用量を守りましょう

妊娠中に服用しない方がいいとされる薬

逆に服用してはいけないのは主成分がアスピリン(アセチルサリチル酸)のもので、市販薬ではバファリンなどがあります。

また、ロキソニンボルタレンも避けるべき薬です。

その他イソジンなどのうがい薬によく使われるヨードも使用頻度が高いと「先天性甲状腺機能低下症」を引き起こす恐れがあるので注意しましょう。

その他にも妊娠中には使用できないものは多数ありますので、自己判断での使用は絶対に避けましょう。

抗生物質は飲んでもいいの?

風邪が長引くと体内で菌が増えて、さらに悪化する場合があります。

初期はなるべく避けたいかもしれませんが、妊娠中でも必要と判断されれば使用できるものが処方されます。

妊娠中に服用できる抗生物質

病院で処方される抗生物質

系統 名称 主成分
ペニシリン系 サワシリン、パセトシン、アモリン アモキシシリン
ペングット バカンピシリン
マクロライド系 ジスロマック アジスロマイシン
クラリス クラリスロマイシン
セフェム系 セフゾン セフジニル
フロモックス セフカペンピボキシル
メイアクトMS セフジトレンピボキシル

妊娠中に使用できる抗生物質はペニシリン系、セフェム系、マクロライド系です。

逆に服用しない方がいいものには「アミノグリコシド系」「テトラサイクリン系」「キノロン系」などがあります。

また抗生物質は市販(通販)でも現在は手に入りますが、基本的に医師の処方が必要となりますので、必ず病院で処方してもらうようにしましょう。

病院は内科?産婦人科?何科へ行くべき?

f23d0e66cb5526ad2a5daeaa0d8f502d_s

なるべくなら自然に治したい妊娠中の風邪ですが、あまりにつらい場合は病院での受診をおすすめします。

受診の目安4つ

  1. 咳や鼻水がひどく止まらない
  2. 38度以上の高熱が出ている
  3. 嘔吐や下痢などがある場合
  4. 微熱程度でも長引いている場合

こういった場合は自力で治そうとするとかえって体に負担がかかり、赤ちゃんにもあまりいい影響がありませんので、受診して対処しましょう。

受診するのは何科?

妊娠していない場合だと真っ先に思い浮かぶのは内科や耳鼻科です。妊娠中も他の妊婦さんへうつしてしまう可能性を考えると、迷ってしまいますよね。

受診自体はどちらでもいいのですが、やはり一番いいのは、妊婦さんの状態を把握してきちんと診断や薬を処方できる産婦人科です。

また事前に「風邪で受診したい」と連絡をいれると、受診すべきかどうかの判断や対応などを指示してくれる場合がほとんどですので安心です。

内科や耳鼻科を受診する際も、妊婦の診察が可能かどうか確認してから行くことをおすすめします。その際、妊娠週数や体調などしっかり伝えましょう。

まとめ

妊娠初期の風邪薬の使用はなるべくなら避けたほうが無難ですが、どうしてもつらい場合は使用してもいいでしょう。

ただし使用する場合、自己判断で市販薬を飲むことは絶対にやめましょう。必ずお医者さんの指示に従った上で、妊娠中も使用できる薬を処方してもらうようにしましょう。

また、普段から免疫力を高めて風邪をひきにくくすることも大切です。

 - 妊娠初期