ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊娠してから不思議な夢をよく見るようになったけどなぜ?

   

これまでそんなに夢を見なかったという人でも、妊娠したら「急に夢を見るようになった」という話はよく聞かれます。

夢の内容も覚えていることが多く、また不思議な夢だったり、変や夢や怖い夢だったりと妊娠前よりも変わった夢を見ることが多いようです。

今回はこの「妊娠中の夢」についてまとめました。

なぜこんなに不思議な夢を見るの?どんな夢が多い?

664f74356cf1d8f5fa22075d123e4f19_s

妊娠すると体内のホルモンバランスが崩れたり、赤ちゃんの代謝が24時間続くことで眠りが浅い状態、つまりレム睡眠の時間が長くなります。

レム睡眠中は脳が起きている状態のため、普段意識していることやストレスがリアルに夢に反映されやすくなるといわれ、カラフルな夢を見ることも多いようです。

妊娠中に見やすい夢には以下のようなものがあります。

妊娠初期に見やすい夢

  • 妊娠した夢(妊娠が発覚する前後)
  • 赤ちゃんの性別がわかる夢
  • 身近な人が抱っこしてくれている夢
  • 出産する夢

初期はまだ妊娠したことへの喜びが強いせいか性別や顔がわかったり、出産して抱っこするといったような、比較的嬉しさが反映されるような夢を見ることが多いようです。

妊娠中期~後期

  • パートナーと喧嘩する夢
  • 水に関する夢
  • 生まれてきた赤ちゃんを落とす夢
  • 病気の赤ちゃんを産む夢

中期~後期は出産へ近づくのでその不安や、お腹が大きくなることへのストレスなどが夢に反映されることが多いようです。

プレグナンシードリームと言われているけど、それってなぜ?

プレグナンシードリーム(Pregnancy Dream)は、イギリスで「妊娠中に見る夢」を指す言葉として、一般的に知られている言葉です。

日本では妊娠するまで知らない場合がほとんどなので、妊娠して急に不思議な夢や変わった夢、悪夢を見るとびっくりしてしまいますよね。

でも、イギリスでは妊娠中に不思議な夢を見ることはよくあるという認識があり、病院のパンフレットにもきちんと書かれているそうです。

悪夢を見るのはなぜ?原因&体験談

2311eba1f322026cbf5daa6b426d9b98_s

不思議な夢を見やすい妊娠中ですが、特に悪夢を見るという話もよく聞きます。なぜ悪夢を見るのでしょうか?

悪夢を見やすい時期と原因

妊娠した頃は嬉しさも多く、夢もどちらかというと赤ちゃんに関しての楽しい夢を見やすい傾向にあるといわれています。

それが中期に入りお腹も目立つようになってくると、だんだんとお腹も重くなり出産への意識も日々高まっていきます。

日常生活を送る上でのストレス、パートナーに対しての不満、出産や出産後の不安が後期になるにつれ高まるため、個人差はありますが中期~後期が悪夢を見やすいといわれています。

体験談

筆者の体験談ですが、実際に以下のような夢を見ることが多かったです。

初期

初期の頃は嬉しさが大きかったので、双子を出産する夢や産院で家族全員で生まれてくる赤ちゃんを待ちわびる光景(亡くなった祖父もいました)をよく見ました。

中期

安定期にはパートナーの気のきかなさから、普段絶対しないような激しく言い合ったり、物を投げたりという喧嘩ばかりする夢が多かったです。

後期

そして後期になると里帰り中の飛行機が墜落する夢や、車で事故に遭う夢、満月の日に出産したら毛むくじゃらだったという悪夢を多く見ていました。

 

こうして見ると、期待や不安、ストレスがダイレクトに夢に反映されているように感じます。

起きている間のストレスを夢で発散していたといったところでしょうか。

怖い夢や変な夢を見ないための4つの工夫

540a31fec0971941ab955b552b13d560_s

ホルモンバランスや妊娠中のストレスが原因とはいえ、毎日のように悪夢や変わった夢が続くと疲れてしまいますよね。

少しでも夢を見ないでゆっくり寝るためにはどんな工夫をするといいのでしょう?

1.ストレスをためないようにする

まずは悪夢の大きな原因となるストレスや不安をためこまないようにしましょう。

パートナーへの不満はきちんと伝えて解決する、出産への不安は健診の際にきちんと確認したり、先輩ママに聞いたりと少しでも軽減させるといいでしょう。

2.寝る時はシムスの体位で寝る

妊娠中は仰向けだと寝苦しいことも多いので、血行をよくして寝つきをよくするためにもシムスの体位で寝ることをおすすめします。

3.ゆったりとした服装で寝る

きつい下着やルームウェアは体を締め付けるため、寝苦しくなってしまいます。リラックスできるようにゆったりとした服装を心がけましょう。

4.頭部を冷やす

妊娠中は体温が高くなることが多く、顔や頭も火照ってくることもしばしばです。

夏の暑い日に頭を冷やすと寝れるように、少し頭部を冷やしてあげると寝つきもよくなります。

5.寝る前はなるべく楽しいことを考える

寝る前にホラー映画を見たり、不安や怖いことを考えるとそれが夢に反映されやすくなってしまいます。

寝る前は赤ちゃんとの楽しい生活やまた自分が好きなことや行きたいところなど、楽しいことを考えるようにしてみるといいでしょう。

まとめ

妊娠中の夢には妊婦さんの普段の不安やストレスがダイレクトに反映されるようですね。

あまりに怖い夢を見ると心配になりますが、その原因を探って不安やストレスを少しずつ取りのぞいてあげることをおすすめします。

また身近な人に夢の話や普段の心配を話すこともストレス発散になるので、1人でためこまないようにしましょう。

 - 妊娠中期, 妊娠初期, 妊娠後期