ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊活が原因で仕事を辞めて後悔しないために

      2016/02/25

妊活が原因で仕事を辞める原因とは?

妊活をするから仕事辞めなければならないと言うことは決してありません。

ですが、妊活と仕事の両立が難しく仕事をやめてしまったという話もよく聞きますね。

そのような方はどんな原因で仕事を辞めることになったでしょうか?

このページの先頭へ

妊活中に仕事を辞める三つの原因

1.体力的にきつくなってしまうことによるもの

他の部署への移動ができず立ち仕事が絶対条件になっている場合は、妊活中だけでなく妊娠したあとに続けるのが困難になる可能性も有ります。

それならと、治療に専念することを選択する方も多いようです。

2.休みがとれないなどのスケジュールによるもの

妊活中の診察は特に、この日に来てくださいと決まっていることが多く、仕事を休まなければならないことも多くなりがちです。

なかなか職場の理解を得られない場合は、退職せざるを得なくなることもあるようです。

3.ストレスによるもの

仕事と妊活を両立させること自体がストレスになっている場合もあるでしょう。

他にも仕事のストレスが妊活に悪影響を及ぼすと考え退職することもあるようです。

このページの先頭へ

仕事を辞めて後悔しない?

妊活中に仕事を辞めることで、治療に専念でき、その結果妊娠することができたら、後悔することはないかもしれません。

ですが、妊娠できるまでの期間は、仕事を辞めたことが逆に「仕事を辞めて頑張っているのに結果が出ない」と違う形のストレスになってしまうこともあるようです。

妊活が成功しなかった場合も想定することが重要

仕事を辞めるにしても続けるにしても、妊活が成功した場合、考えたくはないですが成功しなかった場合の両方を想定し、冷静に判断をすることが重要です。

突発的に退職を決断してしまうと、先々後悔することもあるかもしれません。

特に妊活中に関わらず女性全般に言えることですが、妊娠・出産をしてから再就職となると子供の保育園の問題や、面接に通らないなどの問題に直面する可能性が高いでしょう。

それに加えて、産休・育休中にもらえるはずの手当てももらえなくなってしまいます。

目の前のことだけではなく、将来のことまで見越した上で、後悔しない判断をするようにしてください。

 - 妊活