ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊活中の高温期の過ごし方

      2016/05/06

妊活中 高温期の過ごし方

高温期って?

排卵から次の月経までの期間は体温が高く保たれる期間です。

その期間が一般的に高温期と言われています。

黄体ホルモンが受精・着床を促し、子宮内膜を厚くしていき、赤ちゃんのベッドを作る大切な時期です。

それと同時に、水分を体外に出しづらくなるため、むくみやすく、便秘にもなりやすいのが特徴です。

体を温めて、子宮内膜のためにも血を補うような食事を摂るようにするとともに、水分の排出を促進させるような食事を心がけましょう。

むくみ対策はコレ

一般的に野菜や果物は水分の排出を手助けしてくれます。

しかし、夏野菜などは体を冷やしてしまう恐れがありますので十分気を付けてください。

むくみ対策には根菜類を!

おすすめはだいこん、にんじん、れんこんなどの根菜です。

栄養を余すところ無く摂ることができるスープなどで体を温めるとさらに効果的でしょう

利尿作用があるからと言ってコーヒーの過剰摂取は禁物です。

摂ることのできる栄養素が少ないにも関わらず、尿でミネラルやビタミンを出してしまっては足りなくなる一方です。

さらに、コーヒーに含まれるカフェインは摂りすぎると不妊や流産の確率を上げてしまうという調査もありますから摂取は避けたいものです。

妊娠しているかもしれないという自覚を!

高温期は妊娠しているかもしれない期間です

順調にいけば、受精後着床し、細胞分裂が着々と進んでいるはず。

次の月経予定日付近である妊娠1か月前後は、胎児が体の機関を形成する大切な期間となります。

高温期は摂取するものに要注意!

この期間に摂る物は母体を通じて胎児に大きな影響を与えます。

妊活中、特に高温期にはタバコ・カフェイン・アルコール・薬の服用には要注意

胎児に影響が出るようなものはなるべく控え後悔しない妊活を目指したいものです。

 - 妊活