ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

冷えを予防する食べ物

      2016/02/25

妊活中は食べ物で冷えを撃退しよう

なぜ妊活中に体を冷やすことがダメなのか

妊活中、食事で気を付けなければならないことは、体を冷やさないようにすることです。

冷えによって黄体ホルモンの分泌が妨げられる!

体が冷えていると受精や着床を促す黄体ホルモンの分泌が妨げられます

すると受精・着床しにくく、さらには着床しても流産や早産の危険性が高まります

妊娠力を高めるためにも妊活中はとにかくバランスよく、一日三食、体を温めるような食事を摂ることが求められます。

体温を高く保つことができるということは、卵が成長しやすく、胎児が過ごしやすい環境が整っているということです。

妊活中の人は是非体を温める食材を覚えておくといいでしょう。

体を冷やす食べ物、温める食べ物

夏野菜か冬野菜かで判断を!

体を冷やす食べ物のほとんどが夏野菜です。

通常、夏には体の温度も高くなりがちですので、旬の野菜は体を冷やす特徴があるのです。

逆に冬野菜は体を温める働きがあり、シチューやスープにもってこいの食材が並びます。

まずは夏野菜か冬野菜かで判断するといいでしょう

しかし現在は技術の進歩により、夏野菜が冬に、冬野菜が夏に出回ることも珍しくありません。

根菜類にも身体を温める効果が★

迷ったときは、その野菜が地上で育ったのか、地中で育ったのかを考えましょう。

根菜に代表される地下で栄養を蓄えて育ったものは体を温めるのです。

  • 人参
  • れんこん
  • たまねぎ
  • 大根
  • ごぼう
  • 山芋
  • ねぎ

など根菜類は体を温めてくれる強い味方です。

どれか一つをたくさん食べるのではなく、バランスよく日々の食事にプラスしていくことをおすすめします。

水溶性の栄養も摂れる温かいスープにすると手軽で続けられますね。

体を温めると自分にも卵にもいいことだらけ。

料理も楽しみながら、妊活ライフを満喫しましょう。

 - 妊活