ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

小麦粉粘土の作り方は?遊び方は?保存できる?小麦粉粘土遊びのポイントもお知らせします!

   

お天気が悪くて外で遊べない日や、寒い冬場はどうしても室内遊びが多くなってしまいます。そんな時は、室内でもじっくりと取り組める小麦粉粘土遊びはいかがでしょう?小麦粉粘土は、身近にある材料手軽に作れて便利な上に、子どもが喜ぶ遊びの一つです。小麦粉粘土の作り方、楽しみ方、おさえておきたいポイントなどを紹介ししていきます。

小麦粉粘土とは?

小麦粉粘土とは、基本は小麦粉と水で簡単に作れる粘土です。粘土の質をよくするためや保存期間を長くするために、油や塩などを加えて作るレシピもあります。口に入れても安全な材料で作られているので、小さい子どもから安心して遊ぶことができます

小麦粉粘土の特徴は、柔らかい感触です。水の加減によって硬さは変わってきますが、こねるほどに弾力性を増し、ただ触っているだけでも感触を楽しむことができます。主に造形活動に使われる油粘土や土粘土とは違い、感触を楽しむ粘土として、特に1歳半ごろから3歳くらいの子どもの活動に取り入れられることが多いです。

小麦粉粘土の作り方

レシピ①

材料

  • 小麦粉 100g
  • 塩 大さじ2
  • 水 大さじ2
  • 油 大さじ2
  • 食用色素

作り方

  1. 小麦粉と塩を混ぜる。
  2. 油を加える。
  3. 水を加えて混ぜ、手でこねる。 ※好みで水の量を調節する。
  4. 食用色素で色をつける。

レシピ②

材料

  • 小麦粉 2カップ
  • 塩 1/2カップ
  • 油 大さじ2
  • クリーム オブ ターター 大さじ2  ※
  • 沸騰したお湯 1 1/2カップ
  • 食用色素

クリーム オブ ターター(cream of tartar)とは酒石酸水素カリウムのこと。製菓材料で、メレンゲの泡立てを助ける。製菓材料店か大きなスーパーで購入可能。小麦粉粘土では、粘土を強く弾力性のあるものにする効果がある。

作り方

  1. 小麦粉、塩、クリーム オブ ターターを混ぜる。
  2. 油を混ぜる。
  3. 沸騰したお湯を入れ、固まるまでよく混ぜてこねる。
  4. 食用色素を色をつける。

小麦粉粘土の裏技

  1. こねて粘土を作り上げてから食用色素を混ぜると、マーブル模様の粘土ができます。こねていくうちにマーブル模様は薄らいでいきますが、しばらくの間マーブル模様を楽しめます。
  2. 小麦粉粘土にラメグリッター(サラサラしてパウダー状のもの)を混ぜると、粘土がキラキラして子どもは大喜び。ラメグリッターは、手芸店で購入できます。
  3. 小麦粉粘土で作品を作った後、オーブン180度で10~15分ほど焼くと、固くなって腐らないので作品を保存することができます。
  4. 子どもと一緒に小麦粉粘土作りをすることがおすすめです。小麦粉に水を混ぜると、粉がべとべとになって固まっていく不思議な過程を目にすることができます。遊びを通してサイエンスに興味・関心を持つきっかけとなります。
  5. 塩の量が多め小麦粉粘土は、塩分が強いので子どもが口にしたがらず、誤飲を防ぐのに大きく役立ちます。しかし

気を付けること

小麦粉アレルギーがある場合、口から摂取しなくても、小麦粉粘土が触れるだけアレルギー反応を起こすことがあります。小麦粉アレルギーの有無を確認した上で、遊びに取り入れるかどうか判断する必要があります。

小麦粉粘土が肌に触れてアレルギー反応を起こした症例は、小麦粉アレルギーを持つ子どもの場合です。離乳食が完了し幼児食へ移行した子どもの場合、食物アレルギーの有無やアレルゲンとなる食品はある程度の判断はできているはずです。

しかし、食物アレルギーについて知っておくべきことは、ある程度成長してからでもアレルギーが分かることがあります。小麦を含んだ食品を食べても反応が出ないので、小麦粉粘土で遊ぶのは100%安全と言い切ることはできないのです。

食物アレルギーは遺伝性が高いので、現時点でアレルギー反応はなくても、遺伝の可能性が高くて心配な場合は、小麦粉粘土での遊びは控えたほうが安全でしょう。医師による判断をおすすめします。

保存はできるの?

写真出典元:https://modernparentsmessykids.com

 

小麦粉粘土は、小麦粉、水、塩、油でできています。いわば、おいしくないクッキー生地のようなものです。クッキー生地を焼かずに置いておくと腐ってしまうのと同じ原理で、小麦粉粘土の長期保存はできません。

しかし、塩を入れることで腐敗防止になります。レシピにもよりますが、冷蔵庫で4~5日間保存可能です。

小麦粉粘土が乾くと表面にひびが入り、どんどん固くなります。時間が経過すると、カビもはえてきますし、嫌な臭いを放ち始めます。幼い子どもは抵抗力が低いため、古くなった小麦粉粘土は衛生的にも安全ではありません。冷蔵庫で保管後、4~5日で処分することをおすすめします。

小麦粉粘土の保存方法

  1. ぴったりとラップでくるみ、なるべく空気に触れさせないようにする。
  2. ジップロックかタッパーに入れて保存。
  3. 冷蔵庫で保管する。目安は4~5日程度。

遊び方は?

写真出典元:https://www.parentmap.com

  • 手のひらと指を使ってにぎにぎ、手のひらでペタペタ、指を使って押しつぶしたりして、小麦粉粘土の柔らかい感触を味わって遊ぶ。(1歳半ごろから2歳くらい)
  • ローラーや粘土型(クッキー型でも可)などの道具を使って、伸ばしたり、押したり、つぶしたりして遊ぶ。
  • カップやチューブに入れたり出したりして楽しむ。
  • ままごと遊びの『ごちそう』として、見立てて遊ぶ。
  • アイスクリームスティックやストローなどの素材を刺して遊ぶ。
  • 形を作ってオーブンで焼き、クリスマスのオーナメントを作る

小麦粉粘土で遊ぶメリット

写真出典元:://www.familyeducation.com

  • 指先を動かして遊ぶことで、脳の活性化を図る。
  • 柔らかい、冷たいなど、さまざまな感触を楽しむことができる。
  • 粘土型や粘土ベラを使い、道具をつかうことを経験する。
  • 集中力を伸ばす。
  • 創造力を伸ばす。
  • 色彩を楽しむ。
  • 違う色の粘土をを混ぜ合わせて、色の変化に気づく。
  • 会話を楽しみながら遊びを展開させる。

まとめ

柔らかくてスムーズなさわり心地が気持ちいい小麦粉粘土。子どもも大人も夢中になって遊べる教材です。小麦粉粘土のレシピはいくつかあります。作って遊んで比べてみて、お気に入りの小麦粉粘土を探すのも楽しいでしょう。指先を動かしながら、言葉のやり取りも楽しめる遊びです。親子で小麦粉粘土遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 - 幼児, 遊び