ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

クリーニングに出さずに自分で毛布を洗いたい!使う洗剤や洗い方、干し方のポイントは?

   

寒くなってくると、寝るときに毛布がほしくなりますね。暖かくて心地よいのですが、毎日使っているとホコリが付いたり汚れたりしてきます。毛布は洋服のように頻繁に洗濯する物ではないですが、汚れを放置しておくと、そのまま染みになってしまいます。

やはり洗濯が必要ですね。クリーニングに出してもいいのですが、お金がかかります。お店によって違いはありますが、クリーニング代はシングルサイズで1000円~2000円程度かかります。もし自分で毛布を洗えるのなら、そちらの方が安上がりですね。

ペットを飼っている方は、ダニやホコリの心配があるので1~2週間に1回は洗濯をおすすめします。ペットがいない方は、できれば1ヶ月に1回は洗濯をした方が清潔を保てます。洗濯が難しい方でも、1週間に1回は、天日干ししたり、布団乾燥機をかけたりするようにしましょう。

我が家はペットはいませんが、乳幼児が2人いて、汗をかいたりよだれをたらしたりして汚れることが多いです。1週間に1回は布団乾燥機をかけて、湿気を追い出すようにしています。ですが、布団乾燥機は汚れには対応できませんので、1ヶ月に1回、洗濯するように心がけています。

毛布を自分で洗うときの洗剤の種類や、洗い方、干し方をご紹介します。

毛布を洗う前に、表示を確認!

画像出典元:http://www.tenki.jp/suppl/m_nakamura/2016/05/10/12221.html

まずは、毛布のタグを確認して洗濯表示を見てみましょう。以下のマークが付いたものは、水洗いをすると、色落ちや縮む恐れがあります。自分で洗濯は避けた方が良いです。

画像出典元:https://lidea.today/articles/564

右側が2016年11月末までの表示の仕方です。今までの洗濯マークは、日本独自の物でしたが、2016年12月からは国内外で統一されたマークを使うことになりました。左側が新しい洗濯不可のマークになります。

どちらかのマークがタグに付いている場合、水洗いすると毛布が縮んだり色落ちしたりする恐れがあります。自分で水洗いするのは避けましょう。

毛布を洗うときはどんな洗剤を使えばいい?

自分で洗えることが確認できたら、今度は洗剤を選びましょう。毛布の素材は多くは羊毛やアクリルです。通常の洗濯に使う合成洗剤では、毛布が縮んでしまう恐れがあります。おしゃれ着用の中性洗剤を使いましょう。

毛布にシミがある場合、そのシミの部分に洗剤を塗って軽くたたきます。たたいて洗剤をしみこませることで、汚れがよく落ちるようになります。

毛布の洗い方:①コインランドリー

自宅の洗濯機は小さいので毛布は洗えないという場合、毛布やシーツなどを洗える大きさがあるコインランドリーがおすすめです。コインランドリーで毛布を洗う場合は、基本的には洗濯ネットに入れる必要はありません。コインランドリーの注意書きに「ネットは必要ない」と書いてあることが多いです。

こんな人にコインランドリーはおすすめ

  • 自宅の洗濯機が小さくて毛布が洗えない人
  • 自宅に乾燥機がなく、短時間で毛布をしっかりと乾かしたい人

乾燥機を使うときの注意点

  • コインランドリーの乾燥機は、「タンブラー乾燥」(ぐるぐると洗濯物を回して乾燥させる方法)
  • 毛布のタグには「タンブラー乾燥はお避け下さい」と書いてある物が多い
  • 毛布をコインランドリーの乾燥機で乾燥させると、毛玉ができたり、ごわごわになったりすることもある

以上の点からコインランドリーの乾燥機を使うときは、自己責任になります。注意しましょう。

コインランドリーの機種にもよりますが、毛布の洗濯で30~40分、乾燥で30分くらいかかります。料金は洗濯で500~800円、乾燥で100~200円程度になります。

毛布の洗い方:②洗濯機

自宅の洗濯機の大きさで毛布が洗える場合、洗濯機を使って毛布を洗ってみましょう。毛布を洗濯ネットに入れてから、洗濯機に入れます。毛布が入る大きさの洗濯ネットを用意します。洗濯ネットは100円ショップでも購入できます。

洗濯ネットを使うことで、洗濯による毛布の傷みを避けることができます。また、脱水のときに洗濯機の中で毛布が偏らずにきちんと洗濯槽を回すことができます。ネットに入っていれば、洗濯機から取り出しやすいです。

毛布を洗濯ネットに入れる方法

  1. 毛布を縦に三つ折りまたは四つ折りにする(洗濯機の大きさや洗濯ネットの大きさに合わせて折り方を変える)
  2. 筒状に丸めてネットに入れる

ネットに入れたら洗濯機に入れます。洗いモードは「毛布モード」、なければ「おしゃれ着洗いモード」「弱水流モード」で洗いましょう。規定量のおしゃれ着洗剤を入れてスタートボタンを押したら、あとは洗濯が終わるのを待つだけです。

毛布の洗い方:③風呂場

自宅の洗濯機に毛布が入らなかったり、コインランドリーで毛布を洗うのに抵抗がある人は、お風呂場で毛布を洗うことができます。浴槽を使います。毛布を洗濯ネットに入れる必要はありません。洗濯機で洗うときほど、洗濯による毛布の傷みは少ないからです。

浴槽での毛布の洗い方

  1. 毛布を四つ折りする(浴槽の大きさに合わせる。大きすぎたら更に半分に折る)
  2. 浴槽に水を15cmくらい張る
  3. 規定量のおしゃれ着用洗剤を入れ、よく混ぜる
  4. 浴槽に毛布を入れる
  5. 浴槽に裸足で入って、よく踏み洗いする

しっかりと踏むことで、汚れが出てきます。終わったら浴槽の栓を抜いて排水し、シャワーをかけてよくすすぎます。このときにもう一度水を溜めて、足で踏んで毛布に残っている洗剤を押し出してすすいでもいいですね。その後排水してシャワーでしっかりとすすいで下さい。

すすぎが終わったら、もう一度足でよく踏んで毛布の水気を切って下さい。

毛布の干し方は?

画像出典元:http://hibinogimon.com/393.html

自宅の洗濯機や浴槽で毛布を洗った場合、物干し竿に干してしっかりと乾かす必要があります。毛布は分厚いのでなかなか乾きにくいですが、上記のように竿2本を使って「M字干し」したり、斜めにずらした「対角線干し(三角干しともいう)」したりすることで、乾きが早くなります。

まとめ

まとめると、クリーニングに出さずに毛布を洗うには

  • まずはタグの洗濯表示を見て、水洗いできるか確認する。水洗いできれば、コインランドリーか洗濯機か浴槽で洗える

ことがわかりました。洗濯の方法は、

  • 洗濯機が小さかったり、乾燥機でしっかり乾かしたい場合はコインランドリーを使う
  • 洗濯機に入る場合は、洗濯ネットに入れて「毛布モード」か「おしゃれ着洗いモード」か「弱水流モード」で洗う
  • 洗濯機に入らなかった場合は、浴槽に水を溜めておしゃれ着用洗剤を溶かし、たたんだ毛布を踏み洗いする

3つの方法があります。自宅で干す場合は、早く乾くように、竿を2本使って「M字干し」したり、ずらして「対角線干し(三角干し)」しましょう。

 - 生活 ,