ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

『三ツ矢サイダー』が大人気!! 子どもと楽しむ手遊び歌を解説!

      2017/11/15

ボ・ボン ボンボン♪と楽しいイントロで始まる手遊び歌『三ツ矢サイダー』をご存知ですか?保育園や幼稚園で大人気の手遊びです。1970年代の三ツ矢サイダーCMソングが原型で、10年以上も前から親しまれています。様々な保育現場で楽しまれていくうちにアレンジされて、いろいろなバージョンがあります。

「子どもが振り付きで歌っていたけど歌詞がよくわからない」「楽しそうだから一緒に歌ってみたい」というお母さんへ、教育的ポイントを含めて解説します!

動画もあるので、ぜひ覚えて親子で楽しんでくださいね。

『三ツ矢サイダー』ってどんな手遊び?

画像出典元:http://www.asahiinryo.co.jp

画像出典元:http://www.asahiinryo.co.jp

ちょっぴりレトロな趣のあるリズムの手遊びです。『三ツ矢サイダー』ってどういう飲み物かさえ知らない子どもも、一度聞くと独特なメロディーにとりつかれ、ついつい口ずさんでしまうほど魅力たっぷりの手遊びなのです

この手遊びに限らず、手遊び歌は少しずつ違ったパターンがあるのが特徴です。たくさん紹介されている『三ツ矢サイダー』の中から一つ、動画を紹介します。

対象年齢は?どんな時に使う手遊び?

『三ツ矢サイダー』とは、言わずと知れた炭酸飲料です。手遊びを楽しむ保育園や幼稚園の子どもにお勧めできるような、健康的な飲み物ではありません。園でそんなに『宣伝』していいの?と少々疑問はありますが…何よりも子どもが楽しんでくれるのが一番!『食育』からはずいぶんとかけ離れた手遊びですが、とにかく楽しい手遊びです。ぜひ親子で楽しんでみてください。

対象年齢は?

簡単な振りなので、2歳児からでも楽しめます

『三ツ矢サイダー』をイメージできて、炭酸のシュワシュワ感を表現するのが楽しめるのは、4~5歳児がベストです。「飲んだことある!」という子は、自分の体験とリンクさせながらより楽しむことができます。

ちょっぴり大人の飲み物である『三ツ矢サイダー』にあこがれながら、4~5歳児はこの手遊びを楽しみます。

どんな時に使う手遊び?

炭酸飲料をおいしく飲めるのは暑い夏。保育園・幼稚園では、夏場にこの手遊びをよく使って楽しみます。炭酸の清涼感が涼しさを感じさせてくれるイメージ表情豊かに歌うのがポイントです。

クラスで集まってお話を始める前に、子どもの視線を集めるために手遊びで引き付けるときに使います。集会などの大きな集団でも取り入れることができます。

おうちでは、クリスマスやお誕生会などのスペシャルな行事で、ちょっぴりおいしい飲み物を飲むときにもみんなで楽しめる手遊びです。

手遊び『三ツ矢サイダー』の歌詞

歌詞はとても簡単繰り返しが多いのですぐに覚えることができます。特色のあるメロディなので、何回か聞くだけでいつの間にか口ずさむことができそうですね。

手遊び歌『三ツ矢サイダー』

♪ボ・ボン ボン ボン

ひとつ ふたつ みつやサイダー

ひとつ ふたつ みつやさいだー

ボ・ボン ボン ボン

あんまりつめたく しないで~

あんまりつめたく しないで~

ひとつ ふたつ みつやサイダー

ひとつ ふたつ みつやサイダー

シュッわ~ ♪

手遊び『三ツ矢サイダー』を楽しむポイント

「振り付け」は大げさにかわいらしく♪

  • 「ひとつ ふたつ みつやサイダー」では、指で順番に1、2、3を作って揺らします。手を大きく振りすぎると、子どもが見にくくなるので、ゆっくりとほどほどに揺らしましょう
  • 「あんまりつめたく しないで~」は、大げさにかわいらしく嫌がる感じで演じると楽しさが倍増します。この部分はこの手遊びのポイントです!
  • 最後の「シュッわ~」は、表情たっぷりに清涼感を表現しましょう。

擬音のおもしろさを味わって!

子どもは擬音が大好きです。炭酸飲料とは何ぞやなんて全く分かっていない子どもですが、「シュッわ~」で、三ツ矢サイダーをイメージし、擬音のおもしろさ味わいます。手遊び『三ツ矢サイダー』で擬音を楽しみ、それは豊かなことばの獲得につながります。

算数的要素も含んでいます!

手遊び歌『三ツ矢サイダー』は、擬音やメロディーが楽しいだけの手遊びではありません。「ひとつ ふたつ みつやサイダー(「みっつ」にかけている)」と、数を学ぶ簡単な「数え歌」なのです!しっかりと教育的要素が含まれています。

「いち に さん」と数えることがほとんどですが、「ひとつ ふたつ …」と違う言い回しで日本語」の教育的視点も含まれていますね。指で1,2、3と示すのを目で見ながら、「ひとつ ふたつ …」と歌って遊ぶ手遊び歌は、遊びの中に学びの機会が含まれています。

手遊びが子どもにもたらすもの

手遊びのメリット

  • いつでもどこでも楽しむことができる。
  • 手振りを見て一緒に楽しもうとするので、集中力を養う。
  • 目と手先を動かしながら歌うことで、脳を刺激する。
  • 数字に親しむことができる
  • リズム感を身に着ける。
  • 想像力を養う。
  • 擬音や擬態語を楽しむことができる
  • ことばのおもしろさに触れ、語彙を増やす

まとめ

手遊びは、場所を問わずいつでも楽しむことができる手軽な遊びの一つです。幼稚園や保育園で、時間を持て余した時に使われるだけの遊びではありません。教育的要素を持った「意味のある遊び」なのです。

手遊びは準備物など必要ない遊びなので、おうちでも手軽に楽しむことができます。病院の待合室やバスや電車の待ち時間でも親子で楽しむことができそうですね。まずは、このユニークな手遊び『三ツ矢サイダー』から楽しんでみてはいかがでしょう?

 - 未分類 ,