ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

コップ袋の簡単な作り方を教えて!手作りが久しぶりでも大丈夫!

      2017/06/14

お子様を保育園に預ける時、または幼稚園に入園させる時、必要になってくるグッズの一つに「コップ袋」があります。園によっては「なるべくお母さんの手作りでお願いします」というところもあるようです。

しかし、裁縫が苦手なママさんにとっては、無事に出来上がるか、どんな材料をそろえたら良いのか、不安ですよね。実はコップ袋はそんなママさんでも比較的作りやすいグッズです。裁縫が久しぶりのママさんでも手軽に作れる方法をまとめてみました。

コップ袋が手作り初心者さんでも作れるワケ

コップ袋が手作り初心者さんでも作れるワケは5つあります。

1.材料が少ない

コップ袋は、袋の部分の布地、袋を閉じるための紐、紐の先に着ける飾りのループエンドがあれば作ることができます。沢山の材料を用意しなくても作ることが出来るので、手軽に取り掛かることができます。

また、材料が沢山あると沢山縫わなくてはいけません。材料が少ないという事は、それだけ作る行程が少ないと言うことです。作る行程が少ないと言うことは短時間で作れるということになります。

2.直線縫いだけで作ることができる

コップ袋は直線縫いだけで作ることができます。ミシンを使う時に難しいのが曲線です。その曲線が全くないので、裁縫が苦手なママさんにもおススメです。

3.材料を手に入れやすい

材料は手芸店で用意できますが、実は100円ショップでも全てそろえることができます。わざわざ手芸店に出向いたりしなくても、手軽に安く材料をそろえることができるので、取り掛かりやすいのです。

4.型紙が必要ない

決まった大きさに印をつけて布を断裁するので、型紙を使う行程が必要なくなります。その分、時間がかかりません。裁縫に慣れていない人でも材料が全てそろっていれば、1~2日あれば作り上げることができます。

5.手縫いでも簡単

初心者さんはミシンを持っていないこともありますね。コップ袋は小さなグッズなので縫いやすく、手縫いでも簡単に作ることができます。

コップ袋を手作りするために必要な材料は?

まずは、コップ袋に使う材料を用意しましょう。

コップ袋の材料(1個分)

  • 生地:44cm×18cm(ミシンを使う場合)48cm×20cm(手縫いの場合)
  • 紐:60cm
  • ループエンド:1個→上の写真の紐の先についている丸い飾りの事(飾りなので無くても良い)

この材料で作ったコップ袋が写真のものになります。また、写真のコップ袋はミシンを使用しています。

コップ袋を手作りするために必要な道具

  • ミシン
  • ミシン針(11号)
  • 裁ちばさみ
  • 糸きりばさみ
  • ものさし
  • ミシン糸(60番)※布の色にあったものを使用する
  • アイロン
  • アイロン台
  • 待ち針
  • 紐通し
  • (手縫いの場合)手縫い用の針
  • (手縫いの場合)手縫い用の糸※布の色にあったものを使用する

コップ袋に適した生地の選び方と材料の価格は?

生地は厚すぎず、柔らかい生地を使うようにしましょう。おススメはコットン生地です。また、厚い生地ですと、ゴワゴワして小さなお子さんの手では扱いにくいです。おススメの生地は2種類です。

  1. シーチング
  2. ブロード

シーチングとは?

シーチングは薄手なので、初心者でも扱いやすい生地です。ブロードよりもやや生地の目が粗く針が通しやすく縫いやすい生地です。

¥421(税込:送料別)/108cm幅 50cm単位

ブロードとは?

ブロードは光沢があり、こちらも薄くて扱いやすい生地です。ポリエステルが混じっている物もあるものは乾きやすくコップ袋にも適しています。

¥259(税込:送料別)/107cm幅 50cm単位

コップ袋に適している紐は?

コップ袋に適している紐は太さ5mmのコード紐がおススメです。

¥194(税込:送料別)3メートル入り

コップ袋の布に適しているミシン糸は?

コップ袋の布地に適しているミシン糸は「普通地用」のミシン糸である60番が適しています。布地の色にあったものを選びましょう。

¥216(税込:送料別)200m巻き

コップ袋のループエンドとは?

ループエンドは紐の結び目の部分が見えないようにする飾りです。よってなくてもコップ袋は作ることができます。高いものではないので、もし手に入るようでしたら使ってみてはいかがでしょうか?15mmがおススメです。

¥54(税込:送料別)

コップ袋は100円ショップの材料でも作ることができる

先にもふれましたが、実はコップ袋は100円ショップの材料でも作ることができます。もじ布地にそれほどのこだわりがないのであれば、布代+紐代+ループエンド+糸ですので、一番安ければ¥432で1つのコップ袋を作ることができます。

コップ袋の作り方

1.布を裁つ

ミシンの場合44cm×18cm手縫いの場合48cm×20cmの大きさにものさしで印をつけて布を裁ちましょう。布地はこの1枚のみを使うのが一番使いやすい作り方です。その為には、布地の柄を選ぶ時に上下がないものを選ぶのが無難です。上記画像の出来上がりコップ袋やドット地なら上下がないので1枚でも柄が反転しません。

紐は60cmの長さに切っておく。

上下ある柄とは?

上記の生地はリスとどんぐりの柄ですが、こちらの生地は上下がある生地になります。1枚で作ると柄が裏と表で上下逆になってしまいます。その為、柄に合わせ生地を裁ち縫い合わせなくてはいけません。一方、マチ部分に使っているチェック柄は上下がない生地になります。

裁縫が苦手なママは上下のない生地を選んだ方が簡単に作ることができます。

2.布の端を始末する

布を裁つと端の方からほつれてきてしまいます。防ぐために、ミシンの場合は布の端にジグザグミシンをかけましょう。

手縫いの場合はジグザグミシンができないので端を折りアイロンで折り目をつけます。

手縫いの場合の布の始末の手順3つ

  1. サイドから1cm折り、アイロンで折り目をつける
  2. 更にサイドを1cm折り、アイロンで折り目をつける(合わせて2cm折ることになる)
  3. 袋口方向は5mm折り、アイロンで折り目をつける

3.布の脇を縫う

布地を中表に半分に折り待ち針で数箇所とめて、両サイドを縫います。片方は全て縫いきり、もう片方は端から7cmは縫わずにおきます。縫い終わったら、アイロンで縫い目を割っておきます。

ミシンの場合端から1cmの縫い代で縫います。

手縫いの場合1cm折った部分のなるべく端を糸2本どりで縫います。下の画像の青いライン部分です。

 

※縫い代の割り方です。

4.マチを作る

脇と底の中心を合わせて、マチを作ります。マチがあることでコップが入れやすくなります。

動画では8cmと話していますが、今回のコップ袋は5cmです。

5.あき部分を縫う

あき部分に5mm巾で「コ」の字型のステッチをかけます。縫い代が1cmなので、中央を縫っていけばOKです。またあき部分は細かい作業なので仮縫いをしてから縫うと綺麗に縫うことができます

ミシンの場合速度は低速です。また、縫い始めと縫い終わり、あきどまりの部分はほつれてこないように、必ず返し縫いをしましょう。

6.袋口を縫う

袋口を端から2.5cm折りアイロンで折り目をつけます。待ち針で数箇所とめて、袋口から2cmのところを縫いとめます。この時も、ミシンの場合縫い初めと縫い終わりは返し縫をしましょう。待ち針でとめるのが不安な場合は仮縫いをしましょう。

 

7.紐を通しループエンドを通す

紐通しを使い紐を通します。紐を通し終えたら、ループエンドを通して結び、コップ袋の出来上がりです!

まとめ

裁縫が苦手なママが、自分のために一生懸命作ってくれた、世界に一つだけのコップ袋。きっと、お子さんも喜び、大切に使ってくれるのではないでしょうか?そして、作り終えたママさん、ちょっとだけ裁縫に自信がつきませんでしたか?ママの手作りグッズで楽しい園生活が送れることを願っています。

 - 育児 , ,