ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

ついついたまってしまうガスコンロの汚れ。綺麗に掃除する方法を知りたい

   

料理の度に使うガスコンロ、油が跳ねたり吹きこぼれたり、すぐに汚れますよね。すぐに拭けば取れやすいとわかっていても、ついつい放置してしまっていませんか?

わかっているけど、ちょっと面倒くさいと感じて後回し後回し、すっかり汚れがこびりついてしまって、でもなるべく見ないふりっていうことありますよね。

そうやって、こびりついたしつこい汚れが出来てしまいます。この汚れ、実は危険につながることがあるのはご存知ですか?油汚れがたまって調理中に引火してしまうことがあるそうです。

毎日何かと忙しいので時間が取れないという人も多いと思います。ここでは簡単にできる五徳と天板の掃除方法をご紹介します。

ガスコンロの汚れはなに?

ガスコンロにはいろいろな種類の汚れがついています。すぐに水拭きしたり洗剤でふき取れば、簡単に落ちる汚れがほとんどです。

でも、料理して子供と一緒に「いただきます」して、ついつい汚れは後回しになってしまうことも多いですよね。そしてそのまま日が過ぎてしまっていませんか?そんなガスコンロの汚れの種類を考えてみましょう。

食品の汚れ

吹きこぼれたり、お皿にうつすときにこぼれた汁や、調味料をこぼした汚れはすぐに拭き取ればきれいに取れますが、後回しにしてしまうと器具が変色したり、こびりつきます

こげつき

吹きこぼれや油汚れが焦げ付いてしまったものです。長時間放置してしまうとできるのがこげつきです。こげついてしまうと、へらなどで擦ったり洗剤などを染み込ませることで落としますが、簡単には落ちないことが多いです。

油汚れ

飛び散った油などを放置してこびりついた汚れです。すぐに拭き取れば簡単なのですが、こびりつくと落とすのは大変になってしまいます。

こびりついた油汚れは、油が酸化して樹脂化したもので、それはアルカリ性の洗剤を使用することで落とすことができます。酸化している汚れなので、アルカリ性で中和して落とすのです。

重曹を使って汚れを落とす

重曹は水と混ぜるとアルカリ性になりますので、重曹を使うと汚れを落とすことができます。掃除する際は、ゴム手袋を使ってくださいね

重曹は、ドラッグストアやスーパー、ホームセンターや100均でも購入できます。純度によって用途が変わり、掃除などに使う工業用の他に食用や医療用があります。

掃除用の重曹は各お店の掃除用コーナーに置いてあることが多いです。「掃除用を沢山購入して食用にも使う」ということはできませんが、食用を掃除用に使うことは問題ありません。

重曹ペーストを作る

2(重曹):1(水)で重曹ペーストを作ります。そしてしばらく置き、古いはぶらしなどで擦ります。こすり終わったら乾いた布でふき取ったら終了です。

重曹ペーストは保存には向いておらず、乾くとカチカチになってしまいます。少なめに作って少しずつ足していくなど、残らないように作りましょう。

保存するときは、パッキンのついたビンかプラスチック容器に入れ冷暗所に保管し、なるべく早く使うようにしましょう。 

重曹水を吹きかける

ガスレンジがあたたかいうちに、重曹水を吹きかけておくと、油汚れも落としやすくなります。お湯1カップに小さじ3程度の重曹を入れて吹きかけ、布でふき取りましょう。

五徳のしつこい汚れはお湯をためてつけおき洗い

五徳は、軽い汚れを落とすのなら「重曹水をスプレー→スポンジでこする→水で流す→乾拭き」で十分取れます。この手順でこまめに掃除をしましょう。

しつこい汚れがついてしまったら、重曹ペーストで擦った後お湯に重曹を入れてとかし、五徳をいれて30分程置き、再度こすると残った汚れもとりやすくなります。

残った汚れは、お湯1リットルに対して重曹をおおさじ7程度入れて五徳を入れます。そして、お湯が冷めてしまう前にこすり洗いしましょう。

タライやお鍋につけてもいいですが、ビニールにお湯を入れてつけておくと片付けが簡単です。汚れを落としたら、乾いた布で拭いて乾かしましょう。

天板にこびりついた油よごれはドライヤーで

油汚れは熱を加えて汚れをゆるませてはがしましょう。汚れにキッチンペーパーをかぶせて中性洗剤をかけ、ラップしてドライヤーをあてるのです。

キッチンペーパーを敷くことで洗剤を十分に汚れに吸着させます。その洗剤が気化するのを防ぐためにラップをかぶせ、ドライヤーの熱で油汚れを浮かせるのです。

ドライヤーで落とす手順

  1. 汚れた部分にキッチンペーパーを敷く
  2. キッチンペーパーの上から中性洗剤をかける
  3. 中性洗剤をかけたキッチンペーパーにラップをかぶせる
  4. ドライヤーで熱を加える
  5. 油が浮きあがってきたらキッチンペーパーをはがして水拭きする

ガスコンロの汚れが火事の原因に?

ガスコンロの油汚れを放置し、その油が加熱されて火災原因になることがあるそうです。特にグリル内で油に引火することがあります。

実際に、ガスコンロのバーナーキャップの炎口が煮こぼれで目詰まりしたまま使用し、ガスが引火した事故が発生していますので注意しましょう。

 NITE(ナイト)が収集した製品事故情報※2によると、平成23年度~平成27年度までの5年間に、ガスこんろや電子レンジなどの調理器具の事故が989件あり、このうち、器具の汚れによる事故や周囲の燃えやすいものなどに着火した事故が合計325件(ガスこんろ164件、電気こんろ86件、IHこんろ10件、電子レンジ60件、電気オーブントースター5件)ありました。これらの事故の中には、建物を全焼するなどの火災事故244件や、やけどなどによる死亡、重軽傷事故31件(死亡2件、重傷5件、軽傷24件)があり、注意が必要です。

引用:独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター

 

こまめに掃除しましょう

すっきりキレイになったら、とても気持ちがいいですよね。これを機会に汚れたらすぐに拭き取りましょう。洗剤で毎日洗わなくても、キッチンペーパーでさっと汚れをふき取るだけでもOKなのです。

そして、週に1度はきれいに掃除しましょう。とはいっても、どうしても溜まってしまう場所ですよね。こびりついたからといって諦める必要はありません。気が付いた時に頑張れば、落とせるのです。家族の食事を作る場所ですので、気持ちよく清潔に保って楽しい食卓にしましょう。

 - 生活 ,