ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

子供新聞のおすすめはどれ?朝日・読売・毎日新聞の子供新聞の特徴は?試読はできる?

      2018/05/17

お子さんを中学受験させたいと考えているママやパパ。勉強も大事ですが、お子さんに新聞を読ませていますか?新聞を読むことで知識を得るだけではなく、考える力や記述の力がつくことが期待できます。

新聞の記事を読むことで、政治や環境、経済などに目を向けるようになります。そこから「どうして?」という疑問を持って自分で調べたり、「ここはこうした方がいいと思う」などと自分の意見を持つことができるようになったりします。

中学の入試問題でも、文章や新聞の記事を読ませて自分の意見を述べるなどの記述問題が増えています。新聞を読んで、今からその力をつけていきましょう。

最初から大人と同じ新聞を読むのは、小学生にとっては大変です。「子供新聞」というものがたくさんの新聞社から発行されていますので、それぞれチェックしてみましょう。



おすすめの子供新聞は?

子供新聞はたくさんの新聞社から多く発行されています。地方紙も子供新聞を発行しているところが増えています。ですが、まずは大手新聞社の子供新聞を試してみてはいかがでしょうか?子供新聞を発行している大手新聞社は、「朝日」「読売」「毎日」です。

大手新聞社の子供新聞をおすすめする理由

  • 大手新聞はママやパパも購読していることが多いので、大人用新聞と子供新聞とのセット料金が設定されている新聞社もある
  • 月刊・日刊・週刊など、発行頻度が設定されていて、お子さんに合ったものを選びやすい
  • 受験対策を意識した記事・話題が豊富に載っている

パパやママが読んでいる新聞社とは違うところの子供新聞を購読することも可能です。

子供新聞を比較してみよう!朝日新聞の子供新聞の特徴は?

画像出典元:http://keishinkan.jp/post-3599

それでは大手新聞社の子供新聞の特徴を順番に挙げていきます。まずは、朝日新聞です。名称は「朝日小学生新聞」で、以下のような特徴があります。

発行頻度

朝日小学生新聞は「日刊」です。毎日8ページほどの分量です。毎日読むことで、新聞を読む習慣がつきます。

値段

1ヶ月で税込み1769円です。

内容

時事ニュースと言えば朝日小学生新聞と言うくらい、ニュースに強くなる記事が満載です。読むことで幅広い知識が身につきます。その他内容の特徴には以下のことが挙げられます。

特徴

  • 国語・算数・英語・理科・社会の問題が載っている。スマホのアプリと連携して英語の発音を聴くなどできる
  • 漢字にはふりがなをふってあるので、低学年のお子さんから読むことができる
  • 大人用新聞にも載っている「天声人語の子供版が載っている
  • 受験情報が豊富に載っている(先生や保護者、在校生へのインタビュー、制服・学校行事・部活・設備の情報、偏差値や入試問題の攻略方法など)

「天声人語」とは、朝日新聞に毎日載っているコラムで、作文力をつけるために学校や塾などで題材として扱われることが多いものです。この天声人語の子供版が載っていることで、お子さんの読解力や作文力の向上につながります。

読売新聞の子供新聞の特徴は?

画像出典元:http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/fromeditor/notice/20140528-OYT8T50032.html

続いて読売新聞の子供新聞をご紹介します。名称は「読売KODOMO新聞」です。

発行頻度

読売KODOMO新聞は「週刊」です。毎週木曜日に発行されます。ページ数は20ページです。1週間の話題をまとめて読むことができます。

値段

1ヶ月で税込み500円です。ワンコインで始められる手軽さがあり、ママ達に人気です。また、お子さんと同居していなくても構いません。パパが単身赴任でお子さんと離れて暮らしていたり、おじいちゃん・おばあちゃんがお孫さんと離れて暮らしていたりする場合に、KODOMO新聞を届けるサービス「よみサポ」も行っています。

よみサポとは

  • 離れて暮らす子供・孫にKODOMO新聞を届ける
  • 購読料の500円は依頼者が支払い、届け先の子供・孫の家庭は支払いを負担しない

内容

内容の特徴には以下のことが挙げられます

特徴

  • 漢字にはふりがながふってある
  • 写真が大きく、カラフルで興味を引きやすい
  • 話題のニュースをイラストなどを使って丁寧に解説してくれるので、わかりやすい
  • 夏休みには自由研究特集、受験シーズンには教科ごとの解説を載せてくれる
  • 特集ページでは小学館の協力を得て、スポーツ・科学・芸術など色々なテーマを掘り下げて解説してくれ、図鑑のような詳しさがある

毎日新聞の子供新聞の特徴は?

画像出典元:https://matome.naver.jp/odai/2138787585468662701/2138788025471497903

子供新聞としてはもっとも毎日新聞の子供新聞の名称は「毎日小学生新聞」です。

発行頻度

毎日新聞は「日刊」です。曜日によってページ数が異なります。

毎日新聞のページ数

  • 月~木、日:8ページ
  • 金:12ページ
  • 土:12ページ

値段

1ヶ月で税込み1580円です。パパやママが購読している新聞が毎日新聞なら、セット料金で割引があります。「毎日新聞+毎日小学生新聞」のファミリーセットで毎月500円安くなります。

内容

小学校低学年でも読めるようにふりがながふってあります。タブロイド版で普通の新聞より二回り小さいので、お子さんが手に持って読みやすい大きさです。その他内容の特徴には以下のことがあります。

特徴

  • 国語や算数、科学などの幅広い分野にわたって話題を載せている
  • カラフルさはないが、落ち着いてじっくりと読めるデザイン
  • 漫画やパズル問題などもあり、ニュースと娯楽のバランスが良い
  • 「特派員制度」があり、特派員になると有名人に直接インタビューしたり、学校のリポートをしたりできる
  • 基本は8ページだが曜日によってページ数が変わり、内容がプラスされる
  • 金:小学生の進路関係のページが増えて12ページ
  • 土:中高生向けに1週間のニュースをまとめた「15歳のニュース」が加わって12ページ

子供新聞を試読するには?

画像出典元:https://tkids.tsite.jp/classes/81.html

子供新聞を読ませたいと考えても、実際にまずは親の目でチェックしてお子さんにどの新聞が合っているかを吟味したいですよね。そんなときは「試読」してみることをおすすめします。

それぞれの新聞を試読するにはどうしたらいいのかまとめてみました。

朝日小学生新聞の試読

  • 1週間分が無料
  • 朝日新聞の公式サイトより保護者名・連絡先・お子さんの名前などを記入して申し込み
  • その後、続けて購読したい場合は、最寄りの朝日新聞店舗と契約

読売KODOMO新聞の試読

  • 1回分が無料
  • 公式サイトより保護者名・連絡先・お子さんの名前などを記入して申し込み

毎日小学生新聞の試読

  • 1週間分が無料
  • 公式サイトより保護者名・連絡先・お子さんの名前などを記入して申し込み

どの子供新聞も「試読をしたらその後購読を申し込まなければならない」ということはありません。まずはお気軽に試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

まとめると、おすすめの子供新聞には

  • 朝日小学生新聞
  • 読売KODOMO新聞
  • 毎日小学生新聞

があることがわかりました。朝日小学生新聞は「日刊」、読売KODOMO新聞は「週刊」、毎日小学生新聞は「日刊」です。どの子供新聞も小学生が読めるように漢字にふりがなをふってあります。

朝日小学生新聞の特徴は、

  • 時事ニュースに強い
  • 国語・算数・英語・理科・社会の問題が載っている。
  • 大人用新聞にも載っている「天声人語」の子供版が載っている
  • 受験情報が豊富に載っている

読売KODOMO新聞の特徴は、

  • 写真が大きく、カラフルで興味を引きやすい
  • 話題のニュースをイラストなどを使って丁寧に解説してくれるので、わかりやすい
  • 夏休みには自由研究特集、受験シーズンには教科ごとの解説を載せてくれる
  • 特集ページではスポーツ・科学・芸術など色々なテーマを掘り下げて解説してくれ、図鑑のような詳しさがある

毎日小学生新聞の特徴は、

  • 国語や算数、科学などの幅広い分野にわたって話題を載せている
  • カラフルさはないが、落ち着いてじっくりと読めるデザイン
  • 漫画やパズル問題などもあり、ニュースと娯楽のバランスが良い
  • 「特派員制度」があり、特派員になると有名人に直接インタビューしたり、学校のリポートをしたりできる
  • 基本は8ページだが曜日によってページ数が変わり、内容がプラスされる
  • 金:小学生の進路関係のページが増えて12ページ
  • 土:中高生向けに1週間のニュースをまとめた「15歳のニュース」が加わって12ページ

です。試読をして、お子さんに合った子供新聞を選んでみましょう。

 - 小学生, 生活 ,