ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

妊婦健診でカンジダが判明!胎児への影響は?対策は必要?

   

妊婦健診で「カンジダ膣炎」と診断されてびっくりした妊婦さんは少なくないのではないでしょうか。なんと日本性感染症学会によると腟内カンジダ保有率(陽性率)は、非妊婦約 15%、妊婦約30%と妊娠中の方が2倍感染しやすいそうです。

妊娠中は免疫が非妊娠時より低下するため、カンジダを含めた感染症にかかりやすいのですが、急に感染を告げられるとお腹の赤ちゃんの事が心配になりますよね。妊婦健診でカンジダに感染している事が判明したママのために、カンジダの対策方法や赤ちゃんへの影響をまとめてみました。

性器カンジダ症とは

誤解

性器カンジダ症とは、女性の性器の感染症の中でも、感染する頻度の高めのものです。自覚症状がある場合もありますが、自覚症状が無いまま妊婦健診等で判明することもあります。

自覚症状

  • 外陰部や膣のかゆみ
  • 性交痛
  • 排尿時の痛み
  • ヨーグルト状のオリモノ

治療方法

  1. 膣に錠剤を週に1回、治癒するまで入れる方法
  2. フルコナゾールという錠剤を服用する方法
  3. 痒みが強い場合は1や2と共にクリームを併用する場合もある

妊婦の治療の場合は「1」の膣に錠剤を入れる方法が使用されるケースが多いです。私も妊娠後期にカンジダ膣炎と診断されましたが、膣に錠剤を入れて治療しました。錠剤は妊婦健診の際に医師が入れてくださいます。

カンジダと診断されると膣の錠剤を入れるために受診日が増えて大変ですが、早く治すためにもしっかり受診するようにしましょう。

感染中のお腹の赤ちゃんへの影響は?

妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいるので、感染や治療が赤ちゃんに与える影響が気になりますよね。お腹の赤ちゃんには感染や治療の影響はありません。ただし、後述しますが出産が近い場合は産道を通るときに赤ちゃんに感染する恐れがあるため、この限りではありません。

治療が赤ちゃんに与える影響はありません

産婦人科で処方される膣錠はお腹の赤ちゃんに影響の無いものが使われるので、赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。冒頭でも述べたように、妊婦の感染率は非妊婦の2倍なので妊娠中にカンジダに感染される方は珍しくありません

カンジダに妊娠中に感染した方も、元気な赤ちゃんを産んでらっしゃるので心配せず治療を進めて下さい。かえって、心配で膣錠の使用をやめてしまい、感染が出産時まで長引いてしまうと赤ちゃんに影響が出てしまう事もあるので、治療に専念しましょう。

お腹の中の赤ちゃんの感染の心配もありません

お腹の中の赤ちゃんが、カンジダに感染する心配はありません。出産までには治した方が良い感染なので、妊娠後期の方は先生が対策方法や、出産時に感染していた場合の処置を考えてくれます。妊娠初期~中期の方は出産までじゅうぶんな日数があるので何の心配もいりませんよ。

出産時に感染していた場合はどうなるの?

出産時になっても感染が治っていない場合は、赤ちゃんへ感染してしまう確率が出てきてしまいます。日本性感染症学会によると、産道感染した場合に赤ちゃんに出る可能性のある症状は以下の通りです。

産道感染すると、赤ちゃんに出る可能性のある症状

  • 産道感染により新生児の口腔粘膜が侵されると、鵞口創(注1)となるが、これは致命的ではありません。
  • 1,500g未満の早産未熟児は、感染に対する抵抗力が弱いので、カンジダによる重篤な全身感染症(注2)となることもあります。

注1:鵞口創(がこうそう)とはカンジダに感染する事で唇や口の中にカビが生えてしまう症状のことで、薬を塗り続けることで完治する病気です。産道感染だけでなく、新生児や1歳までの乳児が感染する事もある病気なので、重篤な症状ではありません。

注2:脳、心臓、関節、目、肝臓、腎臓、肺などの様々な場所に菌が広がり、発熱や呼吸困難、血圧の低下が生じるおそれがあります

特に妊娠36週以降は、いつ産まれてもおかしくない状態なので、なるべく早めに治癒させた方が良いと産婦人科でも判断されるケースが多いです。

出産時に感染していた場合の対策は

出産時に感染していた場合、対策はあるのでしょうか。実は、出産時にまだカンジダに感染している場合は、赤ちゃんへの産道感染を防ぐために「抗生物質」を点滴しながらの出産となります。

普通分娩では点滴が不要な場合が多いので、「点滴を打つの?」と不安な気持ちになるかもしれません。しかし、点滴を打つことで、赤ちゃんへの産道感染を防ぐことが出来るので、むしろ安心して出産に臨むことが出来ますよ。

カンジダに感染したまま出産になっても、帝王切開になる心配はありません。また、帝王切開で出産予定の方は、赤ちゃんが産道を通ることが無いので心配しなくても大丈夫です。

早めに治癒させる方法は?再感染を防ぐには?

妊娠中の赤ちゃんへの影響はありませんし、出産するまでに完治すれば全く問題が無く、出産までに完治しなくても抗生物質の点滴をしながら出産すれば赤ちゃんへの影響は心配しなくても大丈夫です。

そうはいっても、なるべく早く治したいですし、出産間際に再感染するのも防ぎたいですよね。実は早めに治癒させる方法も、再発を防ぐ方法も同じなんですよ。それでは自分で出来るカンジダへの対策をご紹介します。

自分で出来るカンジダへの対策

  • 治ったと勝手に判断して薬の投与をやめない
  • 下着や陰部を清潔に保つ
  • 性交が原因の場合は、パートナーが完治するまで控える

カンジダが再発したり治癒しきらない原因は「完全に治癒していない状態で薬をやめてしまい、微量な菌が身体に残っていた場合」「下着や陰部が不適切な状態だった場合」「パートナーから再度感染してしまう場合」があります。

そのため、それらの原因を絶つことで、早めに感染を完治させ、再発の確率を減らす事が可能です。ただし妊娠中はカンジダなどに感染しやすいため、これらを心がけても再度感染してしまう場合もあります。

しかし、対策を行わないよりは行ったほうが感染のリスクを減らすことが出来ます。また、どれも簡単な対策なので、カンジダに感染した状態で出産を迎える事が無い様に対策しましょう。

まとめ

カンジダは妊娠中になる可能性が高い感染症なので、妊婦健診で感染が見つかっても慌てることはありません。妊娠中に感染したり、投薬を行ってもお腹の赤ちゃんに影響はありません。適切な処置を受ければ早めに完治させることが出来ます。

出産時に感染していると、産道感染の危険がありますが、抗生物質を点滴して産道感染が起きないように産婦人科で対策して頂けるので安心です。

 - 妊娠中期, 妊娠初期, 妊娠後期 ,