ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

家計管理に困っている方必見!夫婦共働きの家計の管理方法4選!

   

共働きの家庭では、収入が2つあることで家計が潤うというメリットがあります。しかし、その反面、家計の管理方法で夫婦間で揉めてしまう、また、家計の管理が上手くいかずに貯金がなかなか溜まらないといったケースも見られます。

例えば、夫婦どちらが、どれくらいの額を分担するかや、家計の管理をどちらが行うかが、揉める原因となりやすいです。更に、お互いの収入について、詳しく知らない場合もあり家計の管理や貯金に失敗しやすいです。

夫婦の家計管理の方法を早めに見直すことで、将来の貯金額を増やすことが出来ます。また、2人で家計管理の方法を決めておくことで、将来夫婦間の揉め事になる事を防ぐことも出来ます。そこで、オススメの共働きの家計の管理方法と、各管理方法を採用した場合のメリットデメリットをご紹介します。

夫婦でしっかり話し合って、あなた方夫婦に合った家計の管理方法を決めて下さいね。

家計管理の4つの方法

誤解

共働き夫婦の家計管理の方法は、以下の4つがオススメの方法です。

共働き夫婦の家計管理の方法

  1. 夫婦別財布
  2. 片方が全額負担
  3. 支出の細かい項目ごとの担当制
  4. 共有口座で管理

各家庭によってどの管理方法を選択しているかは異なります。

1.夫婦別財布

まずは、夫婦別財布で家計管理を行う方法です。この方法は、家賃」「光熱費」「水道費」などの毎月かかる料金を2人で半額ずつ出し合い、保険料や食費などはそれぞれが自分の財布から費用を負担する方法です。

夫婦別財布のメリット

  • それぞれが自分の財布を管理するため、相手の分まで管理しなくて良い
  • 万が一、離婚してしまった時に、取り分で揉めなくて済む
  • 夫婦それぞれが自由に使えるお金が多い
  • 自由に使える額が、働いたお金で変わるので、働くモチベーションに繋がる

夫婦別財布のデメリット

  • 相手の財布の中身が分らないので、片方だけ節約していると不公平感を感じる
  • 夫婦で収入の差がある場合、収入が高い方が自由に使える額が多く、揉め事の種となる
  • 公共料金や家賃などの共益費も半分ずつに分け必要があるため、手間がかかる
  • 全体の管理が出来ないため、貯金がしにくい

2人とも節約家の場合は良いのですが、夫婦別財布だとお金が貯まりにくいです。お互いに自由にお金を使いたい場合にはオススメの家計管理方法ですが、お金を貯めたい夫婦は、別の家計管理方法を検討しましょう。

2.片方が全額負担

次にご紹介するのが、片方が生活費の全てを負担する方法です。この方法は、夫婦どちらか片方が、生活費の全てを負担して、残りの片方のお金を貯金や2人のお小遣いに使用する方法です。

片方が全額負担のメリット

  • 夫全額負担なら、妻が妊娠、出産などで働けなくなった時に家計管理を変えなくて良い
  • 毎月の生活費が管理しやすい
  • 片方の収入内に生活費を抑えようとする気持ちが働くため、貯金が貯まりやすい

片方が全額負担のデメリット

  • 全額負担している側に、万が一の事があって働けない期間が生じた場合、家計管理を全て変えなければいけない
  • 片方が全額負担するため、不公平感がある
  • あらかじめお金の使い道を決めるため、夫婦が個人で自由に使えるお金が、他の管理方法に比べて少ない

貯金をどうしても貯めたい夫婦にオススメなのが、片方が全額負担を行う方法です。たとえば、夫の収入は全額生活費、妻の収入は全額貯金と決めると、一定額以上は毎月貯める事が出来るので、貯金の貯まるペースは早いです。

片方が全額負担する事になるので、2人で話し合って納得してから採用するのがポイントです。ちなみに、我が家で採用しているのがこの方法です。やはり貯金が貯まるペースが早いです。片方の給料だと少し節約する場面は増えてしまいますが、定期的に通帳で貯金額を見るとやる気が出ますよ。

主人がお小遣いを含めて家計の全額を負担しており、私の収入は全額貯金しています。お小遣いの額は夫婦それぞれ1万5千円ずつですが、携帯代と会社での飲食代は家計(主人の給料)で負担しています。

3.項目ごとの担当制

項目ごとの担当制で家計を管理する方法とは、「食費」「光熱費」は妻が、「住宅ローン」「保険料」は夫が、のように項目ごとにどちらが支払うかを担当して家計を管理する方法です。この方法では、貯金額もあらかじめ決めておき、毎月一定額をお互い出し合います。

カード払いや、口座振替、手払いなど、支出の手段に関わらず、項目ごとに管理します。名義が違っても、配偶者の口座から引き落としすることが可能です。

項目ごとの担当制のメリット

  • 自分の担当する生活費の節約をすると、お小遣いが増えるため、節約にやる気が出る
  • 夫婦それぞれが自由に使えるお金が多い
  • 毎月一定額の貯金は見込める
  • 夫婦それぞれが、自分の担当の項目の管理を行うため、家計管理の負担が分散される
  • 収入により負担額の合計を変えれば不公平感が少ない

項目ごとの担当制のデメリット

  • どの項目をどちらが担当するかで揉めやすい
  • 自由に出来るお金が多いため、貯金する意志が無ければ毎月決めた額以上は貯めることが出来ない

種類ごとの担当制では、例えば妻が「食費」を担当していた場合、食費を節約すれば自分の自由に出来るお金が増えるため、節約のモチベーションに繋がります。しかし、節約した分のお金を貯金するか、自分のお小遣いにするかは気分次第なので、毎月決めた額以上の貯金しか出来ない場合があります。

また、どの項目をどちらが担当するかで揉めやすく、なかなか担当が決まらない場合もあります

4.共有口座で管理

最後にご紹介する方法が、夫婦の収入を共有口座で管理する方法です。この方法では、毎月の給料の全てを夫婦共有の口座に全て移動させて、そこから生活費や貯金額を捻出します。

共有口座で管理のメリット

  • 家計全体を管理しやすい
  • 不公平感を感じにくい
  • 意識して節約すれば、貯金をしやすい

共有口座で管理のデメリット

  • 毎月給料を別の口座に移動させるのが手間になる
  • 家計管理を1人で行う場合、負担が大きい
  • 節約を意識しない場合、お金を消費しやすい
  • どちらの名義にするかで揉めやすい

共有口座で家計を管理する場合は、毎月の給料支払い後に共有口座に資金を移すのが、手間となります。自動振込みに設定する事も出来ますが、振り込み手数料がかかってしまいます。私は月の残業時間が毎月違います。もし私と同じ状況の方が、この管理方法を行った場合、残業分の給与は自動で振り込まれないため、あとで資金を移動させなければいけません。

この管理方法では、節約を意識すれば、家計全体を把握して管理出来るので貯金しやすいです。しかしその反面、全く節約を考えないと、口座残高が高いため浪費しすぎてしまう可能性があります。

夫婦2人の全額を1つの口座にまとめるため、名義の問題さえ解決出来れば、揉める可能性の少ない管理方法です。共有口座を作成する場合は、同一名義人が、同一銀行では1口座以上作れない場合もあるため注意が必要です。

私も以前、UFJ銀行で「お小遣い用」と「貯金用」の通帳を作ろうとして、作ることが出来ませんでした。共有口座を開設する場合は、総合口座を所持していない銀行で開設しましょう。

まとめ

結婚、出産などのタイミングで夫婦の家計管理の方法を見直す方は多いです。家計管理の方法を決めずに、適当に家計を管理していると、貯めれるはずだったお金を浪費して、あとあと困ってしまいます。

夫婦の家計の管理方法を決めるには、どちらか片方が決めるのはやめましょう。2人で納得出来る方法にしないと、あとで揉める原因となります。ご紹介した4つの方法を参考に、2人で話し合ってベストな方法を見つけましょう。

 - 生活 ,