ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

鹿児島県のプールを紹介。雨の日でも遊べる室内プールも。

      2017/06/12

鹿児島県には、歴史的な観光スポットもたくさんあります。でも、子どもを連れて旅行に行くときにはそれだけでは物足りないですよね。もちろんそれ以外にも、海も山もありますが、海や山は旅行の合間に気軽に遊べる場所とは言いづらいですよね。

小さい子ども連れとなると、尚更です。ではそんな時、プールならどうでしょうか。小さい子どもでも遊べる場所もあるし、旅行の合間でも手軽に楽しめます。旅行で観光の合間に、プールで遊ぶ時間を設けてみても面白いですよ。

プール付きのホテルや、雨の日、灰の日でも遊べる室内プールもご紹介します。

鹿児島県内でプール遊び!注意することは?

鹿児島県は、暖かい時期に旅行に行くことがおすすめです。太陽の日差しは強いですが、蒸し暑さはほとんどありません。また、鹿児島県のプールは、周りに魅力的な自然も広がっています。

プールで遊ぶだけでなく、錦江湾や桜島などの景色を楽しむこともできます。例えば、海に面しているプールなら、枕崎の火之神公園プール。桜島を眺められるプールなら、鹿児島市の七ツ島サンライフプールが有名です。

夏はより一層、緑も鮮やかになるため、ぜひ訪れてみてください。

プールを利用する時の注意事項

  • プールを利用できるのは、おむつが外れている子どもです。
  • プールサイドは滑りやすくなっています。また、地面が熱くなっていることもあります。気をつけて遊びましょう。
  • 鹿児島は、桜島の噴火の際に、火山灰が降ってくることがあります。天気予報は、雨だけでなく、桜島上空の風向きにも注意しましょう。
    火山灰の影響でプールが中止になることは、ありません 処理しきれないほどの大量の灰が降り積もっている場合に限り、中止の可能性が残りますが、数十年に一度あるかないかの頻度です。

鹿児島県にあるホテル内のプール

ホテル内にあるプールは、宿泊する場合は料金に含まれているため、自由に使えます。今回はプールだけ利用することが出来る場所をご紹介します。

1.指宿いわさきホテル(指宿市)

画像出典元:http://ibusuki.iwasakihotels.com/

南国リゾート気分を満喫できるプールです。目の前にはホテルのプライベートビーチが広がっているので、絶景も楽しめます。大人も楽しめる大型ウォータースライダーは、身長120cm以上で利用できます。

露天風呂付きで、プールで冷えた体を温められるため、長い時間遊べます。プールの利用期間は、7月上旬~9月上旬です。

ホームページ:指宿いわさきホテル

住所 鹿児島県 指宿市 十二町3805-1
施設利用料 大人1,000円、子ども700円、幼児500円(宿泊者は無料)
定休日/営業時間  無休 / 9時~19時(受付18時まで)
プールの種類 ・幼児用プール(水深40cm)
・幼児用滑り台
・ウォータースライダー
・露天風呂

2.ベストウェスタンレンブラントホテル鹿児島リゾート(鹿児島市)

画像出典元:http://www.jalan.net/yad388632/

鹿児島市内にあるホテルです。プールは夏季限定となります。水着で利用できるスパも併設しています。スパの利用には、プールと同額の利用料が必要になりますが、通年利用できます。

ホームページ:ベストウェスタンレンブラントホテル鹿児島リゾート

住所 鹿児島県 鹿児島市 鴨池新町22−1
施設利用料 中学生以上1,000円、小学生500円、未就学児 無料(宿泊者は無料)
定休日/営業時間 無休  / 10時~19時
プールの種類 ・20mの屋外プール
・子ども用プール

鹿児島県にある室内プール

せっかくプールで遊ぶ予定を立てても、雨だと困ってしまいますよね。そんな時でも、室内プールなら、雨でも気にせず利用できるため、便利です。温水なので体が冷えることなく遊べるというのもいいですよね。

1.鹿児島ふれあいスポーツランド(鹿児島市)

画像出典元:http://www.iwasaki.co.jp/tech-rep/facility/24/index2.html

ぞうさん滑り台のある幼児プールは、未就学児でも楽しめます。スライダープールは、身長120cm以上で利用できます。子どもプールの中央付近には浮島があり、親子で楽しめます。

ホームページ:鹿児島ふれあいスポーツランド

住所 鹿児島県 鹿児島市 中山町591-1
施設利用料 一般300円、高校生200円、小・中学生100円
定休日/営業時間 水曜日 / 8時30分~20時
プールの種類 ・25mプール5コース(水深1m~1.2m)
・幼児プール
・ぞうさん滑り台(幼稚園児以下のみ)
・スライダープール
・子どもプール(水深45cm~50cm)

2.道の駅喜入室内温水プール(喜入町)

画像出典元:http://mitinoeki.sub.jp/newpage100.html

道の駅マリンピア喜入内にあります。海に面しているので、錦江湾が一望できます。施設内には、大浴場やレストランもあります。大浴場を利用する際は、石鹸・シャンプー類は各自持参となります。

ホームページ:道の駅喜入室内温水プール

住所 鹿児島県 喜入町6094-1
施設利用料 大人300円、小・中学生150円、未就学児無料
定休日/営業時間 第2月曜日 / 10時~21時
プールの種類 ・25mプール6コース(水深1.2m)
・児童プール(水深80cm)
・幼児用プール(水深40cm)
・ウォータースライダー(全長53m)

鹿児島県にある夏の期間限定のプール

7月、8月の夏の期間限定のプールは、アクティブに楽しむことが出来るところがほとんどです。子ども用のプールも充実しているので、子どもと一緒に、思いっきり楽しい夏を満喫しましょう。

1.七ツ島サンライフプール(鹿児島市)

画像出典元:http://tabimap.chesuto.jp/e855784.html

夏休み期間限定の鹿児島市内にあるプールです。周りには桜島を中心とした山々が見え、景色も楽しめます。プールの施設内も広いため、格安料金で一日中楽しめます。水着のまま利用できる食堂もあります。更衣室も広いので、子どもの着替えも楽にできます。

波プールは奥に行くほど深くなるため、注意しましょう。

ホームページ:鹿児島ふるさと物産館

住所 鹿児島県 鹿児島市 七ツ島1丁目63
施設利用料 高校生以上520円、4歳以上260円、3歳以下 無料
定休日/営業時間 無休  / 10時~17時30分
プールの種類 ・波のプール
・流れるプール
・子ども用プール
・滑り台

2.火之神公園プール(枕崎市)

画像出典元:http://www.walkerplus.com/spot/ar1046s126484/

枕崎最大のプールで、プールと目の前の海を自由に行き来できるところが魅力です。7月末頃~8月31日までの夏場限定です。アスレチックプールでは、滑り台だけでなく、水上アスレチックが楽しめます。

ホームページ:火之神公園

住所 鹿児島県 枕崎市 火之神岬町1
施設利用料 大人420円、高校生210円、小・中学生100円、未就学児 無料
定休日/営業時間 無休  / 10時~19時
プールの種類 ・流れるプール
・アスレチックプール
・幼児用プール

3.アクアゾーンくしら(鹿屋市)

画像出典元:http://www.jalan.net/news/article/22324/

プールは、地中海をモチーフにした設計となっています。スライダーは全長76mと、迫力満点です。プールのある串良平和公園には、太平洋戦争中の串良海軍航空隊の慰霊碑があります。春は桜、夏はヒマワリなど四季折々の花が楽しめます。

ホームページ:アクアゾーンくしら

住所 鹿児島県 鹿屋市 串良町 有里5187-1
施設利用料 大人520円、小・中・高310円、子ども(3歳以上)210円
定休日/営業時間 無休(変動有り) / 10時~18時(受付17時まで)
プールの種類 ・流れるプール
・幼児プール
・スライダー

まとめ

鹿児島県で楽しめるプールを、全部で7つ、ご紹介しました。夏の期間限定の屋外プールはもちろん、ホテル内にあるプール、雨でも安心の室内プールなど、気になるところを見つけていただけたら幸いです。

紹介した中には、雄大な自然を生かした景観のプールもあります。ぜひ、周りの景色も楽しんでくださいね。また、プールを利用する時には、マナーはもちろん、安全に気を付けることも大切です。子どもから目を離さないようにし0ましょう。

 

 - お出かけ ,