ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

授乳中の食欲が止まらない!食欲が止まらない原因と食事・体重コントロール方法

   

授乳中のママの中には、食欲が止まらずに困っている人もいますよね。私も実際にそうでしたが、授乳中の食欲が止まらずに食べ過ぎて太ってしまうかもしれない・体重管理ができないと悩んでいるという声も聞かれます。赤ちゃんを出産した後の授乳中に、食欲が止まらなくなることがあるのは一体どうしてなのでしょうか。

ここでは、赤ちゃんを出産した後の授乳中に食欲が止まらなくなる理由と、食事のコントロールについてお伝えします。私が出産後に乳児検診で学んだことなどを参考にご紹介しますので、授乳中の食欲について悩んでいる方は是非参考にしてみてください。


授乳中の食欲が止まらない!原因は?

授乳中に食欲が止まらないのは、赤ちゃんに母乳を与えているからです。赤ちゃんに与える母乳は、ママが食べたもので作られています。授乳中は、母乳を作るために必要なものを食事から摂らなくてははならないため、食欲旺盛になってしまうのです。

母乳には、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。母乳の全ての成分の解明はされていませんが、赤ちゃんの成長に必要な母乳を作るためにママの食事が大切になります。

母乳には赤ちゃんの成長に必要な栄養素などがすべて含まれています。三大栄養素と言われるたんぱく質、脂質、炭水化物のほか、微量栄養素のビタミン、ミネラル、そしてホルモン、酵素などの生体物質がバランス良く含まれているのです。

引用元:和光堂 わこちゃんカフェ

赤ちゃんを完全母乳で育てているママは、母乳を作るためにその分たくさんのエネルギーを必要とします。このため、いつもおなかが満腹にならないと感じる人もいますし、食事をしてもすぐにおなかが空いてしまうこともあります。

授乳中に止まらない食欲は我慢するほうがいい?

授乳中に食欲が止まらないと、そのことが原因で体重が増えてしまう心配があります。ですが、先ほどもお伝えした通り、赤ちゃんに与える母乳はママの食べたものが元となって作られています。

このため、無理に食事制限をすることで、赤ちゃんの大切な栄養源である母乳がきちんとつくられなくなることもあるのです。

ですが、食べ過ぎによって体重が増えてしまうのもNG。そこで、食欲が止まらずに食べ続けたことが原因で体重が増えてしまった場合は、食事制限をして摂取カロリーや栄養面に注意をしながら上手に食欲をコントロールしましょう。

食欲やカロリーをコントロールする食事方法

授乳中の食欲が止まらずにカロリーや太ってしまうことが気になるときは、食事の仕方を工夫して食欲をコントロールしましょう。以下のような点に気を付けて食事をすることで、食欲やカロリーを調整してくださいね。

噛み応えの良い食事をする

食事を噛む回数を増やすと、満腹中枢が刺激されて「食べたい」と思う気持ちを抑えることができます。食事をするときは、噛み応えのある食材を使用して調理するようにしましょう。

また、食事を噛む回数が増えることで、代謝が活発になって脂肪燃焼の効果も期待できます。噛み応えの良い食事とよく噛んで食べることを意識して食事をするようにしましょう。

噛む回数を増やすには、食材を大きめにカットして調理したり、レンコンやゴボウ・ナッツなどの噛み応えのある食材を取り入れると良いです。食事一口につき、30回噛むことを意識して食べることで、噛む回数を増やしましょう。

料理に使用する調味料や調理方法を工夫する

油分の多いドレッシングやケチャップ・マヨネーズを使わないようにすることでカロリーを抑えることができます。また、油で揚げたり炒めるのではなく、ゆでる・蒸すなどの調理方法でも油分をカットすることができます。

また、味付けを濃くしてしまうと、白米がおいしく感じられて食が進むこともあるため、塩分をなるべく少なくして薄味の味付けにするように工夫しましょう。

授乳中は、ママの分のエネルギーと赤ちゃんに与える母乳を作るエネルギーを作るために、食事の量をたくさん食べたくなってしまいます。

そんなときに濃い味付けの食事を用意してしまうと、さらに食欲が刺激されて食べ過ぎることになり、カロリーがオーバーしてしまうこともあります。味付けを薄くすることで食欲をコントロールしましょう。

間食に食べるものを見直す

おなかが空くと間食することもありますよね。食欲が止まらないことでカロリーの摂取しすぎが気になる場合は、この時に食べるものを見直してみましょう。間食でスナック菓子や菓子パンのような甘くて高カロリーのものを食べてしまうと、摂取するカロリーが一気に増えてしまいます。

そこで、間食したくなった時は食べるものに気を付けて高カロリーでないものを選ぶようにしましょう。

授乳中の間食におすすめの食べ物

  • おにぎり
  • 食パン
  • うどん
  • せんべい
  • 果物
  • ナッツ類
  • サツマイモ(蒸かしいも)

授乳中の間食で控えたほうが良い食べ物

  • ケーキ
  • チョコレート
  • ポテトチップス
  • アイスクリーム
  • 赤飯やおこわ

授乳中の食事コントロールの注意点

食欲が抑えられないことで体重が気になったり、カロリーコントロールを考えて食事に気を付けるとき、忘れてはいけないのが授乳中であるということです。

ママの母乳は赤ちゃんが大きくなるためにとても大切なものです。ママの母乳を飲むことで、赤ちゃんはどんどん成長していきます。母乳のことを考えてみても、過度な食事制限をすると母乳不足の原因になることもあるのです。

食事を我慢しすぎることをストレスに感じたり、栄養が偏ってしまうこともありますので、食事のコントロールをするときは過度な食事制限やストレスには十分注意しましょう。

授乳中は水分や鉄分を意識して摂取するように心がけ、カルシウムがたくさん含まれている乳製品を摂取するようにしましょう。

授乳中は、以下に注意しましょう。

  • しっかりバランスよく摂りましょう
  • 水分を良く摂るようにしましょう
  • 鉄分を多めに摂りましょう
  • 妊娠中のカルシウム摂取が少なかった場合には、乳製品などのカルシウムを豊富に含む食材を摂るようにしましょう。サプリの利用も良いかもしれません

引用元:慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト

授乳中は赤ちゃんに母乳を与えるためにママの食欲が増してしまうことがあります。ですが、食事の仕方やカロリー摂取に気を付けることで、授乳中の体重が増加してしまわないように気をつけましょう。

【参考文献】厚生労働省 歯科保健と食育の在り方に関する検討会報告書(概要)

 - 出産・産後 ,