ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

自転車通勤通園ママに!おしゃれなレインコート、ポンチョ、レインスーツ、ハット8選

      2017/07/23

自転車で園への送迎、通勤するママ。雨の日でも自転車通園、通勤したいもの。傘さし運転はNGですから、レインウェアの出番です。

定番の膝下まで覆うレインコート。すっぽりかぶるタイプのポンチョ。動きやすく足元まで完全防備のレインスーツレインハットは、頭と顔にかかる雨をシャットアウトしてくれます。この4種類のレインウェアのそれぞれの機能性をまとめました。

濡れたコート類を通勤でどう扱うかも悩みどころ。付属の収納袋を使って、スマートに持ち運びする方法もご紹介。

レインウェアは濡れないのはもちろん、かわいい、おしゃれなデザインにもこだわりたいですよね。そこで、自転車で使えるおしゃれなレインウェア商品を紹介していきます。

レインウェアの機能性

レインコート、ポンチョ、レインスーツ、レインハットのそれぞれの機能性をみてみましょう。

1.レインコート

膝下まで覆うワンピースタイプのレインコート。便利な点をまとめます。

レインコートのポイント

  • 前ファスナータイプなので、濡れているコートを脱ぐときに、頭や顔が濡れにくい
  • スカート、ズボンどちらの洋服でもカバーできる。
  • ワンピースタイプなので、脱ぎ着が楽
  • 膝下まであるので、濡れやすい膝上をカバー。
  • 袖がバタつかないので、風に煽られない。

2.ポンチョ

頭からすぽっと被るタイプのポンチョ。ポンチョならではの便利さをまとめます。

ポンチョのポイント

  • スカート、ズボンの両方をカバー
  • バタフライスリーブのような袖幅がある洋服でも、袖が窮屈にならずに着られる。
  • かさばらずに、コンパクトに収納できるので、携帯に便利。自転車を降りて電車に乗る通勤パターンに使える。
  • 野外フェス、キャンプや子供の試合観戦での突然の雨対策に便利。通勤や通勤以外のシーンでも使える。

3.レインスーツ

上下セパレートタイプのレインスーツ。動きやすさ、濡れにくさに注目です。

レインスーツのポイント

  • セパレートタイプなので、足さばきが快適。
  • 足首まで覆うズボンタイプで、強めの雨でも安心。
  • スタイリッシュなデザインを選べば、上着は防寒着としてタウンユースで使える。

4.レインハット

コートなどについている付属のハットを使うのもOKですが、おしゃれにこだわりたいなら、レインハットがおすすめです。

レインハットのポイント

  • つば広タイプで、顔にふりそそぐ雨をブロックできる。
  • あご紐つきを選べば、顔に固定できるので、風に煽られても飛ばされない。
  • コートなどの付属のハットよりも、おしゃれ。
  • 雨晴兼用タイプを選べば、晴れの日でも紫外線対策用に使える。

濡れたのコートを通勤でどう扱う?収納袋の使い方

レインコートやポンチョ、レインスーツに付属の収納袋。すぐにコート類を干せないこともありますね。雨の中自転車で園へ送り、そのまま通勤で電車にのるような場面も。そんな時につかえる収納袋の使い方をまとめます。

収納袋の使い方

  1. 濡れたレインコート類は、脱ぐ前に水気を振る。振る際は周囲に気を使うことを忘れずに。
  2. 着た状態で、タオル類で水気をしっかりふき取る。濡れたコートを持ち運ぶ時間が長い場合、濡れたタオルの雑菌や臭いが心配。絞って繰り返し使えるタイプのドライタオル(下記写真参照)がおすすめ。
  3. 脱いだ後に、たたんで収納袋にしまう。
  4. 会社について干せる場所があれば、干しておく。一日中下げっぱなしは迷惑。2時間位を目安にしまう配慮を忘れずに。ロッカーなどの通気性のないところでは、干すのは避ける。どうしても干す場所がない時は、たたむ前にしっかり水気をふき取る。

SWANSドライタオル(旅行、水泳、登山などに。吸水性、速乾性にすぐれ、乾いてもパリパリならない)

かわいい系レインコート2選

雨の日の定番レインコート。裾が長めで膝上にあたる雨を防いでくれます。スカート・ズボンどちらの上でも着用OK。前ファスナータイプなので、濡れたコートを脱ぐときに、顔や髪が濡れないのが嬉しいですね。

かわいいデザインで、濡れない加工が随所に光るレインコートを紹介します。

1.Chou Chou Pocheのレインコート

自転車で通園、通勤するママの「こうならいいなぁ」が詰まったレインコート。

ママの欲しいに対する工夫7ポイント

  1. 透明のツバ帽子で視界がクリアに
  2. ゴム入り袖の上に、カバー袖の二重仕立てで、袖口からの雨の侵入をブロック
  3. 裾をゴムで絞れて、膝上が濡れるのを防ぐ工夫
  4. ハンドルを握る手が濡れるのを防ぐ、長めの袖口
  5. 背中の反射生地で、車からも自転車が見えやすい
  6. 調整プリーツで、リュックを背負ったまま着てもOK
  7. 縫い目からの雨漏りをブロックするシムテープ加工

デザインは、9展開。ポップでかわいらしいデザインで、雨の日でも楽しく自転車をこげます。Lサイズのみの販売。大き目のサイズで、袖口、足部分が濡れるのを防ぎます。

2.OUTDOORのレインコート

シンプルなデザインで、ビビットな色が目をひくOUTDOORのレインコート。膝下まですっぽり覆う長めの裾丈。また、ファスナーは膝上からなので、自転車での足さばきも快適です

色鮮やか!おしゃれポンチョ2選

レインポンチョは、さっとかぶれて便利。レインコートやレインスーツでは、袖が通しづらいバタフライスリーブの袖幅があるお洋服でも、ポンチョならOK。下に着る洋服のデザインを選びません。

自転車通園・通勤、試合観戦やファミリーキャンプなど、子供とのお出かけシーンでも活躍するのがポンチョの魅力。デザインや色展開も豊富で、雨の日でも楽しく自転車をこげそうです。

1.43DEGREESのポンチョ

鮮やかな色とデザインが目を引く43DEGREESのポンチョ。防水加工はもちろん、蒸れを逃がす機能のある生地を使い、縫い目にも止水テープ加工がされています。

膝を覆うまでの丈で、自転車でも膝上の濡れを防ぎます。また、袖周りは、バサバサと風に煽られないようスナップ止めできる仕様。ハンドル操作や自転車カゴの出し入れなど、手の操作を邪魔しないように裾まくりができるスナップ付きです。

首を覆う前立てと、帽子についたドローコード(調整ヒモ)でしっかり顔周りを固定できるので、雨の侵入をブロック。デザインも新しい種類がどんどん展開されているので、こまめにサイトをチェックしてみては?

2.Kiuのポンチョ

フォーククロアテイストでアウトドアシーンに似合うデザインのKiuのポンチョ。ユニセックスでつかえる1サイズでの販売です。

前立ては、雨が侵入しない二重仕立て。縫い目にはシームテープ処理で、縫い目からの水の浸透をブロック。袖留めボタン付きで、手や腕周りもバタつきません。

耐水圧は、大雨以上嵐未満の雨に対応した数値で、自転車で送迎・通勤する雨はブロックしてくれます。

どんな雨でも怖くない!レインスーツ2選

セパレートタイプのレインスーツは、動きやすく足元までカバーしてくれます。スカート着用時には、レインコートやポンチョ、ズボンの時はレインスーツと使い分けてもいいですね。

袖周りや身幅もスッキリしたデザインなので、野暮ったさが無く、防寒用のタウンユースとしても。

 1.SOMETHINGのレインスーツ

ジーンズのカジュアルブランドSOMETHINGのレインスーツ

上下のセットアップで、特殊防水フィルムを使用。雨も蒸れも安心です。腕周り、胴回り、もも周りがスッキリしたデザイン。レインスーツにありがちな、だぼっとした野暮ったさがありません。

デザインは、ネイビー×白ドットと、茶色×白のギンガムチェックの2パターン。パンツはカーキとベージュの2色。自転車を降りたらレインスーツをしまえる収納袋付きで、そのまま電車で会社に行くなどにも便利ですね。

2.Canadian Eastのレインスーツ

Canadian Eastのレインスーツは、細身のシルエットが魅力。

高機能スポーツウエアとして、生地メーカーTORAY独自の防水機能と汗を逃がす素材「ブリザテック」を使い、着心地も追及しています。色も10色と充実のラインナップ。お気に入りの色のレインスーツで、元気に雨の日でも通勤通園できますね。

視界をクリアに!レインハット2選

レインコートやポンチョ、スーツに付属のハットも使えます。が、もっとオシャレにこだわりたいなら、専用のレインハットもおすすめ。つば広のものを選べば、顔に降り注ぐ雨のブロック出来て快適です。

1.Canadian Eastのレインハット

 

先に紹介したCanadian Eastのレインスーツとお揃いのレインハット。防水、透湿(湿気を逃がす)機能の生地「ブリザテック」に、さらに一層を加えた型崩れしにくい加工です。

風にとばされないようドローコード(あごひも)つき。アウトドアテイストでオシャレに被れます。

2.Kiuのサファリハット

 

ポンチョで紹介したKiuのサファリハットは、ポリウレタンコーティングで防水効果を高めた生地を使用。UVカット90%以上と、雨晴兼用で使えるのもポイント。

無地4色、柄は3デザインと種類も様々。折りたためて、使用後はコンパクトに収納できます。

まとめ

自転車での通園、通勤では、雨だとおっくうになりますが、おしゃれなレインウェア次第で気分もかわります。

レインコートは、長めの裾袖丈で膝上をカバー。前ファスナータイプなので、脱ぐときにも顔が濡れません。レインポンチョは、おしゃれなデザインが豊富。レインコートとともにスカートでもOKですね。

レインスーツは、セパレートで動きやすく、足元までカバーするので安心です。ツバ広のレインハットは、顔にかかる雨をブロックできて便利。

お気に入りのレインウェアで、雨の日でも自転車通園、通勤を楽しいものにしたいですね。

 - 育児 , ,