ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

子供の初めての自転車は14インチで!年齢や身長は?かじとりや補助輪はいる?

      2017/09/12

お子さんの動きが活発になってきて、そろそろ自転車の練習をさせたいと思っているママやパパ。これから子供用自転車を購入するにあたって、14インチの自転車を検討してみませんか?

「子供の成長は早いから、16インチや18インチなど大きめの自転車を最初に買って長くもたせたい」と思う方も多いでしょう。ですが、お子さんの体に合った自転車を選ばないと、足がつかなかったり重くてうまく扱えなかったり、お子さんが大変な思いをします。

14インチの自転車は、お子さんの小さな体に合っていて、軽いものも多いです。お子さんの初めての自転車にぴったりです。14インチの自転車が「何歳まで使えるか」「身長何cmから乗れるか」「補助輪やかじとりは必要か」について、ご紹介します。

14インチの自転車は何歳から何歳まで?

14インチの自転車は、早いお子さんは2歳から乗り始めます。三輪車を買わずに最初から自転車を買うご家庭が増えているからです。一般的には、幼稚園に入園する3~4歳で購入するママやパパが多いです。

この春、私の長男が幼稚園に入園しました。周りのママで「今年の誕生日プレゼントを何にするか」という話題が出たとき、「自転車」と答えたママがたくさんいました。

何歳まで乗れるかということについては、お子さんの身長にもよりますが、幼稚園年長~小学校1年生くらいまで乗れる子もいます。年長あたりで「そろそろ次のサイズを買おう」と検討し始めるご家庭が多いです。

14インチの自転車は身長何cmからいつまで乗れる?

メーカーによって違いはありますが、サイクルショップオオクボによりますと14インチの自転車は身長90cm~105cmのお子さんに適しています。2歳半を過ぎると身長が90cmを超えるお子さんが多いです。身長だけではなく、次の点もサイズを検討するときの目安にしましょう。

体に合ったサイズを選ぶには?

  1. サドルにまたがる
  2. 足を下ろし、つま先が両方地面に着くか確認する

つま先が着かない大きさを選ぶと、たとえ問題なく漕げたとしても止まるときに転倒し、危険です。

我が家の場合

  • 長男3歳半(幼稚園年少)
  • 身長93cm(平均より小さめ)
  • 身長の伸びはゆっくり(1ヶ月に1cm伸びるかどうか)
  • 4歳の誕生日に14インチ自転車を購入予定

14インチの次のサイズは16インチで、「身長101cm~116cm」です。16インチを買えば長く乗ることはできますが、16インチではまずつま先が地面に着きません。よって14インチを買います。

かじとりは必要?

画像出典元:http://jmty.jp/saitama/sale-bic/article-v1uy

最近の子供用自転車は、サドルの後ろに「かじとり」という棒が付いているものもあります。後ろから大人が握って支え、子供が一人で勝手に走り出さないようにしたり、転倒を防いだりしたりします。あった方が便利で安全です。理由は次の通りです。

メリット

  • 転倒・危険を避けることができるので、自分の意思を正確にまだ伝えられなかったり、大人の言うことをまだきちんと守れない2歳くらいの小さい子供も自転車に乗せることができる
  • 補助輪なしの練習をするときに、転倒を防ぐことができる
  • かじとりがない自転車で大人が後ろから自転車を支えると、体勢が低く腰を痛めやすいが、かじとりがあれば無理なく支えることができる
  • 漕ぎ出しでぐらつくときに支えることができる
  • ブレーキがまだ上手にできないときに、大人が自転車を止めることができる

補助輪なしでまっすぐ走れるようになっても、漕ぎ出しでうまくバランスが取れずに転倒してしまうことがあります。かじとりがあれば、転倒を防ぐことができます。かじとりは取り外しができますので、もう必要ないと感じたときにはいつでも外せます。取り付け・取り外しはママだけでも簡単にできます。

補助輪は用意した方がいい?

画像出典元:https://www.pinterest.jp/explore/%E5%AD%90%E4%BE%9B%E7%94%A8%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A/

最近では、ペダルのないランニングバイクを乗りこなしてから自転車に移行するというご家庭が増えてきました。ランニングバイクでしっかりとバランス感覚を身につけることで、補助輪がなくても自転車に乗れるお子さんもいます。

ですが、三輪車などでペダルを漕ぐ経験をしたことがないと、自転車のペダルの漕ぎ方がわからないという子供もいます。以下を目安に補助輪の購入を検討してみて下さい。

補助輪はいる?

三輪車の経験 ランニングバイクの経験 補助輪
× 購入をおすすめ
必要に応じて購入
× 必要に応じて購入
× × 購入をおすすめ

ランニングバイクでバランス感覚が身についていれば、あとは漕ぐ力を身につけるだけです。三輪車で漕ぐ練習を経験済みだったり、その経験がなくても自分の力で自転車のペダルをスムーズに漕げるのであれば、補助輪はなくても構いません。

ランニングバイクを上手に乗りこなしていたお子さんのママは、「補助輪をつけたことで、せっかく身につけたバランス感覚がなくなってしまい、補助輪は邪魔だった」と言っていました。

上の表はあくまでも目安であって、絶対ではありません。ご自分のお子さんに合ったやり方を見つけましょう。

おすすめの商品3選

画像出典元:http://www.flipflop1010.com/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC/bmx/6158/

それでは具体的におすすめの商品をご紹介します。かじとりつきの商品を3つピックアップしてみました。

1.トップワン キッズバイク チビクル

カラーバリエーションが4色あり、お子さんが好きな色を選びやすいです。フレームが低いので、お子さんが乗り降りしやすくなっています。サドルの後ろには取っ手が付いているので、大人が支えやすい構造になっています。かじとりも取り付け可能です。

2.ピープル いきなり自転車

三輪車に乗らずに最初から自転車を乗れるように設計されています。2歳の小さなお子さんでも乗れるように、サドルを極限まで低くしています。成長してからも使えるようにサドルはもちろんのことハンドルも伸びるので、お子さんの体に合わせて使えるようになっています。

ハンドルは体の近くにくるようにカーブしている「アップハンドル」が採用されています。「いきなり自転車プレミアム」は折りたたみ式なので、コンパクトに収納することもできます。

3.アイデス カジとり カジー

サドルとハンドルの高さ調整ができます。かじとりの押し手棒がワンタッチで着脱することができ、取り付け・取り外しの手間がかかりません。

まとめ

まとめると、14インチの自転車は

  • 早くて2歳から、平均的には3~4歳から
  • 身長90cm~105cm つま先が地面に着くかを確認

以上の点から判断して購入するようにしましょう。転倒防止や漕ぎ出しの練習をするときには「かじとり」があると便利です。補助輪は

  • 三輪車でペダルを漕ぐ練習をしたことがあるか
  • ランニングバイクでバランス感覚が身についているかどうか

ということからお子さんの様子を見て、購入を判断して下さい。

お子さんが楽しく自転車に乗れるといいですね。

 - 育児 , ,