ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

陣痛と生理痛は似ている?生理痛が強いので陣痛が心配!

      2017/04/15

出産の時に必ず経験する「陣痛」ですが、初めての出産をする方ですとその痛み方がどの様なものなのか不安ですし気になりますよね。インターネットなどで調べると「生理痛を何十倍にもした様な痛み」とよく表現されていますが、本当にそうなのでしょうか。

また生理痛が酷い人は陣痛があまり痛く感じないとも言われていますが、こちらも気になるところですね。

陣痛と生理痛の違いや、実際に陣痛を経験した経産婦さんの体験談なども交えてお話ししていきます。

どんな風に違うの!?陣痛と生理痛

11690-1

陣痛は生理痛と似ていると言われていますが、それにはきちんとした理由があります。それはどちらも子宮が収縮することによって起こる痛みだからです。

ではどの様にして陣痛や生理痛が起こるのか、その仕組みについて見ていきましょう。

生理痛の様な痛みと表現されるのはなぜ?

生理痛

生理痛は妊娠が成立しなかった場合に、不必要だと判断された子宮内膜という血でできたベッドの様な物を排出する際に生じる痛みのことです。

この痛みはプロスタグランジンE2と呼ばれるホルモンの働きによって子宮が収縮され痛みが生じるのですが、生理痛の酷い方はこのホルモンが過剰分泌されている為だと言われています。

陣痛

陣痛の場合にはオキシトシンというホルモンが子宮の収縮を助ける働きをしており、子宮を収縮させる事で赤ちゃんを守っている卵膜を剥がれさせ、排出させる時に感じる痛みのことです。

そして赤ちゃんが娩出に向けてどんどん下がってくると仙骨に繋がっている神経を刺激し、これが更にオキシトシンを分泌させることで子宮収縮を繰り返し痛みが増していきます。

痛みの原理は殆ど同じですが、では陣痛と生理痛の根本的な痛みの違いは何なのでしょうか。またそれぞれで痛む場所は違うのでしょうか。

陣痛と生理痛の根本的な違いって??

shutterstock_240201253-480x320

どちらも痛みを感じる事には変わりありませんが、大きな違い2つがあります。

1.痛みの感覚が規則的かどうかという点

陣痛の痛みは規則的に起こります。生理痛はどちらかというと不規則に起こる「前駆陣痛」に似ているでしょう。痛みの感覚は不規則で痛いと感じる時間もバラバラです。

2.痛みの感じ方が強くなるか弱くなるかという点

陣痛の痛みは時間が経つ毎にどんどん増していき、痛みを感じる時間も長くなります。しかし、生理痛はある一定まで痛みを感じると痛みは弱くなり次第に感じなくなります。

ではそれぞれの痛みを感じる場所にも違いがあるのでしょうか。

痛みを感じる場所も違うの??

陣痛で痛む場所は?
  • 下腹部
  • 恥骨の上
  • 足の付け根
  • 肛門
生理痛で痛む場所は?
  • みぞおち
  • 下腹部
  • 股関節

こうしてみると痛む場所も似ていますね。しかし陣痛の痛みは娩出が近づくにつれ赤ちゃんがどんどん下がって来ますので、痛みも下腹部から始まり最後には肛門へと下がってくる様です。

生理痛の酷い人は陣痛も強い?

500x0_56d7b4c2-dce0-4379-a940-0b4f0a0100c5.jpg

生理痛と陣痛のメカニズムが似ていることは理解して頂けたかと思いますが、この2つの痛みには関係している部分があるのでしょうか。

よく生理痛が酷いと陣痛が軽く感じると言われていますが、実際にはどうなのでしょうか。経産婦さんの体験も交えて説明していきますね。

意外と関係が無い二つの痛み

普段から生理痛が酷い方ですと、同じ原理で起こる陣痛もかなり痛いのではないかと不安になりますよね。

しかし、実際には生理痛が酷いから陣痛も強いとか、生理痛が酷いから陣痛は軽いということは無い様です。

もちろんどちらも凄く痛く感じる方もいらっしゃいますし、生理痛が酷すぎて多少陣痛が軽く感じた方もいらっしゃるでしょう。その時の体調などにもよりますし、一概にこれら2つの痛みが関係しているという訳では無い様です。

経産婦さんに聞くエピソード!陣痛の痛みは生理痛に似てましたか?

陣痛の痛みは人それぞれですが、出産を経験した経産婦さんの体験談を紹介しますので何となくこんな感じの痛みなのかなと想像してみてください。

生理痛とは比べものにならなかった!

bdcf9dd876c8a141bdaa76d25695b487

元々生理痛がとても酷く生理の度に薬を飲んでいた程でした。そしてインターネットでは陣痛も生理痛に似ていて、生理痛が酷い人は陣痛がそこまで痛く感じないと書かれていましたので、あの生理痛の痛みは嫌だけど乗り越えられそうだなと思っていました。

そして予定日の1週間前くらいから何となくお腹の痛みを感じる時があり、時間を計ってみましたが不規則でしたので本陣痛ではないと判断しそのまま過ごしていました。この時点での痛みは生理痛には程遠い様な痛みで、この感じなら陣痛も耐えられそうだなと思いました。

しかし予定日の前日にまた少しお腹が痛いなと思っていると、だんだん痛みが強くなり念のため時間を計ってみることにしました。すると既に10分間隔になっており、生理痛の様な痛みがありました。病院へ連絡し着いた頃にはかなりの痛みになっていました。

この時点で何となくいつもの生理痛よりも痛いなとは思っていたのですが、そこから更に痛みが増し立っていられない程になりました。そして分娩時には耐えられなくなる程の痛みがあり、かなり辛かったです。

いつもの辛いと思っていた生理痛など比べものにならない位痛かったです。生理痛が酷いとあまり痛く感じないというのにも個人差があるのかもしれませんが、私には全く関係なくただひたすら痛かったです。

叫ばずにはいられませんでした

私は生理痛はあまり酷い方ではありませんが、全くないわけでもなかったので陣痛も普通に痛いんだろうなと思っていました。よく陣痛は生理痛の何十倍も痛いという話や痛みの感じが似ているという話を聞いていたので、正直少し怖かったです。

しかしいざ陣痛が始まってみると結構痛みが強く、始めの10分間隔の時点でかなり痛かったのを覚えています。そしてこれ以上の痛みになると本当に耐えられるのだろうかと不安でした。

そしていよいよ子宮口も7センチ程まで開き陣痛の間隔も短くなってきた頃には、立つのもトイレに行くのも話すのでさえ辛く、一緒に来ていた主人とも何も話が出来ないほどでした。その後の娩出までの時間は言うまでもありませんが、痛すぎで叫んでいました。叫ぶと体力が失われるので、私は静かに耐えてみせると思っていたのですが無理でした。

無事出産は出来ましたが、あの痛みは一生忘れることはないと思います。

意外と我慢できた痛みでした

hypnobirthing1-1024x684

毎月生理になると、のたうち回る程痛みが強く学生の頃はよく学校を休んだり保健室で休ませてもらっていました。

30歳で妊娠するまで生理痛は変わらず酷かったので、婦人科で薬を処方して頂き服用していました。ですので、妊娠したことで生理が止まったのはとても嬉しかったです。

しかし妊娠後期に入ると陣痛の不安が出てきました。陣痛は生理痛の痛みと似ていると書かれていましたので、またあの辛い痛みを経験しなければいけないのだと思うと辛かったです。

そして出産予定日を3日過ぎた日の夜中に軽い腹痛で目が覚め、感覚を計ってみると15分で陣痛が来ていました。この時点ではこれまでの生理痛の様な酷い痛みではなかったので、この間に入院の準備を済ませました。10分間隔になる頃には少し痛みは増していたのの、まだ耐えらえる感じでした。

その後も確かに痛みは徐々に増していきましたが、生理痛の酷い時と同じくらいの痛みでしたので何とか乗り越えることが出来ました。もっと痛いものを想像していましたので、意外と我慢できるものだなという感じでした。可愛い我が子を見ているともう一人くらい欲しいなと思いますし、あの痛みならまた乗り越えられる気がします。

まとめ

陣痛の痛みと生理痛の痛みの違いについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

実際に陣痛を経験された経産婦さんの多くは、生理痛の比ではないくらい陣痛の方が痛かった様です。

また生理痛と陣痛にはあまり関係性がない様ですので、生理痛が酷いからと言って心配する必要はなさそうですね。

 

 

 - 妊娠後期 ,