ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

もう嫌!育児ストレスが爆発寸前!乗り越える方法は?

      2017/09/24

毎日家事に育児にお疲れ様です。子供はとても可愛いし大好きなのに「毎日毎日同じような生活の繰り返しで疲れる」「たまには自分の時間が欲しい」「いつもワンオペでくたくた」「いくら言っても言うことを聞いてくれない子供にイライラ」などの育児ストレスで困っていませんか?

ストレスの原因には様々な理由がありますが、放っておいたらいつか爆発してしまいます。子供のため、家族のために全て犠牲にして我慢する必要はありません。どうすれば育児ストレスから解放されるのか一緒に考えましょう。

悩みを話せる相手を見つける

家で悶々としていても育児ストレスは溜まるばかりです。悩みを相談できる相手を見つけることが出来れば育児ストレスが軽減できますよ。それでは実際にどんな方法で相談相手を見つけるかをご紹介します。

支援センターや公園へ出かける

支援センターなど同じくらいの月齢のママが集まる場所へでかけて、一緒に育児ストレスの原因となる内容について話せる仲間を作りましょう。

「こんなこと思っているのは自分だけ」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に話してみれば同じ悩みをママたちと共有できるかもしれません。悩みを聞いてもらえ共感してもらえるだけでもスッとしますよ。

電話相談を利用する

ママ友を作るのが苦手な方は電話相談窓口を利用するのはいかがでしょうか。自治体によっては助産師さんや保健師さんが電話口で相談を受けてくれたり、通話料しかかからないNPOの相談窓口があったりするので一度自治体のHPを確認してみて下さい。

手抜きする、頑張らない

家事も育児も全て完璧にこなさなければ!と頑張ってしまうと育児ストレスが溜まってしまいます。家族のために頑張らないと、と思う気持ちはとても良く分かりますが、時には思いっ切り手抜ぬきをしてみてはいかがでしょうか。

料理を手抜き

1日くらいご飯を作らなくても、お惣菜を買ってきたりケータリングを頼んだりすればなんとかなります。離乳食のレトルトも薬局やネットなどで簡単に手に入りますよ。

掃除を手抜き

掃除も1日くらいサボっても翌日に綺麗にすれば良いんです。疲れたなと思った日は、子供が遊ぶ場所だけ簡単に掃除機をかけるなど最低限の掃除だけ行うようにしましょう。意外とご主人は気付かないかもしれませんよ。

手抜きが悪いことだと思わないで

「家族に申し訳ない」と思ってしまう方は考えてみて下さい。育児ストレスであなたが爆発してしまったら、一番困るのはあなたではなくてご主人やお子さんではないでしょうか?「手抜きするのも家族のため」そう思って「頑張らない」ことも大切ですよ。

たまには家事を手抜きしてお子さんとお家でゴロゴロ過ごしましょう。

ストレスの原因を書き出してみる

何が育児ストレスの原因となっているか、書けるだけ紙に書き出してみましょう。書いてみると「ああ、これが原因で私は疲れているんだな」と客観的に自分の状況を見直すことが出来ます。育児ストレスの原因を書いて活用する方法を紹介します。

原因を書き出してストレスを解決する手順

  1. どんな原因がストレスなのか紙やスマホにメモする
  2. 原因を解消出来そうな物と難しそうな物に分ける
  3. 家族に相談できそうなこと、頼めそうな事をピックアップする

例えば「夜泣き」は時間が解決してくれるまで難しいかもしれませんが、「自分の時間が全く無い」なら家族に少しの時間だけでも預けさせてもらうなど、解決策が見つかるかもしれません。

書いてみると普段は気付かなかった原因に気付く事が出来る場合もありますので是非やってみて下さい。書き出してみたリストの中に、家族で解決できそうな内容があったら、一人で抱え込まずにご主人など家族と相談する時間を作りましょう。

子供を預けてリフレッシュする

子供を預けてリフレッシュすることに罪悪感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、たまには子供から離れて自分の時間を持つことは決して悪いことではありません。1時間でも2時間でも自分のために時間を使えると、とてもリフレッシュ出来ます。

子供を少しの間預けることで出来ること

  • 美容院へ行ける
  • 服を買いに行ける
  • エステに行ける
  • 映画に行ける
  • 誰にも邪魔されずに食事が食べられる

「家族に預けるあてが無いから私は無理かな」という方も安心して下さい。働いていなくても一時預かりなら保育園に預けることが出来ますし、民間の託児所など預け先はいくらでもありますよ。

子供の預け先の例

  • 家族
  • 保育園の一時預かり
  • 保育園以外の民間の託児所
  • ベビーシッター
  • ファミリーサポート(自治体に確認して下さい)

もし朝から晩までが可哀相に思えたら、「朝だけ」「昼からだけ」「1時間だけ」など短い時間にするのも良いですね。毎日ママがイライラしているよりも、少しだけ預けてリフレッシュしたママと遊べた方がお子さんも楽しいはずです。

私もワンオペ育児で美容院や服を買いに行く時間も無く、迷った末に民間託児所に3時間預けたことがあります。最初は可哀相かなと思いましたが、実際連れて行ってみると先生たちがとても良い方ばかりで安心して預けることが出来ました。

たった3時間ですが、久しぶりにのんびり服を見たりマッサージのお店に行ったりと、出産後ほとんど取れなかった自分の時間を過ごすことができました。預けたあとは「また辛くなったらいつでも預けることが出来る」と思うと、それまでより穏やかな気持ちで息子と接することが出来ました。

託児施設が心配の方は、お値段はかかってしまいますがベビーシッターの方に来てもらうのも良いですね。実際、ママへの誕生日や息抜きのためのコースを用意しているベビーシッターの大手の会社もあるんですよ。

たまには子供を預けてリフレッシュして下さいね。

まとめ

これからも育児は続いていきます。なんとか我慢しなきゃと頑張り続けると、いつか育児ストレスが爆発してしまいます。どうか頑張りすぎずに、抜けるところはどんどん手を抜いて、話せる人にはどんどん話し、頼れる人はどんどん頼りましょう。

子供を預けたり、家事や育児を手抜きすることに罪悪感を感じる必要はありません。善は急げです。ママのストレスが爆発して家族全員が困ってしまう前に早めに手を打ちましょう。

 - 育児