ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

葉酸サプリの選び方で確認すべき14の評価基準

      2017/04/15

 

葉酸が天然素材か合成素材か

葉酸の含有量は?

カルシウムは何mg入ってるか?

鉄分が何mg入ってるか?

ビタミンB12が何μg入ってるか?

ビタミンCが何mg入ってるか?

つわり対策成分は入っているか?

美容成分は入っているか?

どこで生産されたものか?

品質保証のGMPマークがついてるか?

放射能検査は通っているか?

危険な添加物が入ってないか?

錠剤の大きさは飲みやすい大きさか?

ニオイはキツくないか?

添加物に注意する

葉酸サプリに限らず、サプリメントを選ぶ際にまず注意しなければならないのが、含まれている添加物です。

安価なサプリメントは、その中身の半分以上が添加物で占められていると言われています。

中には卵子の染色体異常の原因となる添加物もあるので、妊活中や妊娠中に飲む場合は特に注意が必要です。葉酸を飲んで逆に悪くなったのでは目も当てられません。

私自身は安価な葉酸サプリメントは絶対に手を出すべきではないと思っています。

サプリメントを購入する際は、原料表記を細かくチェックしましょう。

もちろん安価なものであっても添加物も安全基準をクリアした範囲内で使用されてるので、そこまで神経質になる必要もないのかもしれませんが、赤ちゃんにもしもの影響があるなら・・・と心配するなら、できるだけ安心、安全のものを選びたいところです。

天然かどうかに注意する

次に注意したいのが、含まれている葉酸成分が合成性分か、天然成分かということです。

見分け方は、原料表記の部分に、「葉酸」と書かれているか、野菜などの名前が書かれているかで判断することができます。

合成成分と天然成分の大きな違いは、吸収率です。

表示されている葉酸の含有量が同じでも、合成成分と天然成分では、およそ1.5倍吸収率が変わると言われてます。

もちろん、天然成分の方が吸収率は高いです。

合成成分のサプリは簡単に作ることができるため、比較的安価で売られています。

ですが、値段だけで判断せず、体にきちんと吸収されるかどうかまで考えて選びたいですね。

葉酸の含有量に注意する

妊活中の人や、妊娠初期の人は、1日あたり400μgの葉酸をサプリメントなどの栄養補助食品から摂取するのがよいとされています。

ここで注意が必要なのが、摂りすぎないようにするということです。
多くても1mgを超えないように注意しましょう。

葉酸を多く摂りすぎると、かゆみなどの肌トラブルが出たり、赤ちゃんに喘息などの副作用が現れる可能性があります

ビタミンなどの総合サプリにも葉酸が含まれていることがあるので、複数のサプリを飲んでいる人は確認するようにしましょう。

 - 葉酸サプリメント ,