ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

私が産後6ヵ月で14kg痩せた4つの方法を大公開!

      2016/02/25

産後のダイエットは、ママの1番の課題です。
ママの中には、「太ったら戻らないよ・・・」という方から、「何もしなくても痩せるから大丈夫」という方まで、様々です。
ここでは、産後14kg痩せた体験談を3つのポイントと共に公開します♪

骨盤を元の位置に戻すことに全力を注いだ!

まず私が産後1番に始めたことは、出産によって開いてしまった骨盤を戻すことです。

身体は休みつつ骨盤には気を使って!

しかし、産後急に動いたり、骨盤矯正に通うのは体の負担が大きすぎます。
そこで、私は3段階でゆっくり締めていく骨盤ベルトを使用しました。
子供を産んだ次の日から、第一段階の腹巻のような骨盤ベルトを着けていました。

2週間後、第二段階の自分の力で締める骨盤ベルトに変更しました。
その際も、きつく締めすぎると体に良くないので「少し締まってるな」と感じるくらいがいいです。
締める位置は、骨盤のあたりです。

その2週間後、第三段階の常に締まっているガードルに変更しました。
産後6ヵ月まで使用しました。

毎日赤ちゃんを抱っこしながらスクワットした!

産後1ヵ月あたりから、運動を取り入れ始めました。

と言ってもこの時期の赤ちゃんから離れて運動するわけにもいきません。

ながら運動を取り入れて育児と運動の両立を!

そこで、私は赤ちゃんを抱っこして寝かせつける際にスクワットを取り入れました。

イメージ的には、図のような感じです。

しかし、赤ちゃんを抱っこしているので決して無理はしないで下さい。
赤ちゃんは結構な頻度で起きるので1日結構な回数のスクワットができると思います。
始めは、赤ちゃんが起きる2回に1回から始めるとよいです。

ごぼう料理を毎日必ず1品食べるようにした

完全母乳で育児をしていたため、食べるものには気を使いました。
と言っても、ただの主婦。

和食を中心に・・・でもしっかり食べる!

知識がないのでイメージだけで和食がいいのではないかと考えました。
母からゴボウが母乳に良いと聞いたので、1品はゴボウを入れるようにしていました。

きんぴらごぼう・炊き込みご飯・ごぼうの味噌汁など・・・
1本買ってきて、ささがきしたりするのは大変で時間も無いので水煮までして販売しているものに結構頼りました。

もちろん、和食ばかりでは飽きてしまうので、週に1回くらいは好きなものを食べていました。

しかし、母乳を飲ませるという意識が強かったので、無理に食べる量を減らしたりはしませんでした。

産後のダイエットは産んでから6ヵ月がリミット

以上、私が産後14kg痩せた方法でした。

産後のダイエットは産んでから6ヵ月がリミットと言われています。
しかし、その期間はむやみに外に出ることもできず、困っているママも多いですよね。

これらのダイエット方法は自宅で簡単にでき、習慣になれば特に考えずにできることばかりなので試してくださいね。

 - 産後ダイエット