ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

困った、全然痩せない・・!みんなが悩む産後太り4つの原因

      2016/02/25

母乳で育児をしているのに体重が元に戻らない・・・
他のママはスラッとしているのになぜ私だけ戻らないの・・・

そんな悩みを持つママはたくさんいますよね。
そこで産後太りの大きな原因4つを解説していきます。

知らぬ間に筋肉が落ち代謝が悪くなっている・・・

出産を迎えるにあたって、お腹が出てくるのは当然のことです。
その状態で、妊娠前と同じ運動をするという事は不可能です。
必然的に妊娠前よりも筋肉量が落ち、代謝が悪くなります。

代謝が悪いとどのようなことが起こるのでしょうか?
脂肪の燃焼効率が悪くなり、脂肪を体内にため込んでしまいます。
結果として産後太りになります。

子育てをしながら室内でできる運動をすることをおすすめします。
・抱っこしながらのスクワットがおすすめ!!

食事量が妊娠時と変わらずカロリーオーバーに・・・

妊娠時は、胎児を育てる為に普段より食欲が増します。
母乳で育児をしているからと油断して、好きなだけ好きなものを食べていいという訳ではありません。

そのような食生活を続けていると出産してからも食べる量が減らずカロリーオーバーで体内に脂肪を蓄積して太ってしまいます。

基本的な食事を和食に変えて、カロリーの高い洋食やジャンクフードはご褒美程度にすることをおすすめします。

骨盤の歪みが治らず腰回りの脂肪が残る・・・

出産時には、胎児が産道を通るのでどうしても骨盤は開いて歪んでしまいます。

開いた骨盤は、3か月ほどで元の状態に戻るのですがその期間安静にしていればきれいに戻ります。

しかし、赤ちゃんを抱っこしたりと安静には過ごすことはできないですよね。
そこで、歪みが生じてきます。
骨盤が歪んだままになっていると、代謝が悪くなり結果的に脂肪などをため込んで下半身太りにつながります。

骨盤は,産後6ヵ月までが戻りやすいので骨盤ベルトを使用するか、骨盤矯正に通うことをお勧めします。

どうしても溜まってしまうストレス・・・

産後は慣れないことの繰り返しです。
赤ちゃんが泣き止まない・・・頻繁におむつを替える・・・
その上自分のダイエットもうまくいかない・・・

このストレスこそが最大の敵なのです。

ダイエットをしようと意気込みすぎると、逆にストレスになり過食に走ったりしてしまいます。

日常生活の中にいかにダイエットメニューを組み込めるかです。
それが、当たり前になれば簡単にダイエットができたという気持ちになれ、ダイエットに関するストレスが軽減するのです。

日常生活で自然にできるダイエットをすることをおすすめします。(ながら運動など・・・)

以上の4点が産後太りを招いてしまう大きな原因です。
原因が分かればダイエットに生かすことができますよね。
産後太りを解消して、すてきなママライフを送りましょう♪

 - 産後ダイエット