ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

子供乗せの自転車、買うなら電動自転車の方がいい?かかる費用は?おすすめは?

   

子供乗せ自転車を買いたいけれど、電動か非電動かどちらがいいか迷っているママは多いのではないでしょうか。電動だとスイスイ快適に移動できて便利そうだけど、非電動と比べると値段が高いので、気軽に買えるものではありませんよね。

ここでは電動自転車を買うべきかどうか、生活環境や自転車に乗る頻度などの観点から見ていきます。そして電動自転車のメリットデメリットもご紹介します。ただ楽そうだからという理由だけで買うのではなく、本当に必要かどうかをじっくり検討する材料として読んでください。

最後におすすめの電動自転車のご紹介もあるので、もし購入することに決めた際には参考にしてください。

電動自転車が必要となる環境は?

電動自転車は便利な乗り物ですが、生活環境や自転車の利用頻度により必要性は変わっていきます。まずは電動自転車があった方がいい環境についてみていきましょう。

電動自転車をおすすめする環境
  • 坂が多いところに住んでいる
  • 子どもと良く行く場所が家から遠い
  • 車の運転をしない
  • 自転車に乗る頻度が多い
  • 2人以上子どもがいる

坂が多いところに住んでいる

電動自転車の威力が発揮されるのは、なんといっても坂道です。一人でも疲れる上り坂、子どもを乗せて走るとなるとかなりの力がいるだけでなく、重たいとバランスを崩して転倒の危険もあります。

電動自転車の場合はペダルをこぐ力をアシストしてくれるので、坂道を登るのがとても楽です。ですから坂道が多い地域に住んでいる場合、電動自転車はかなりおすすめです。

子どもと良く行く場所が家から遠い

子どもを連れて外出する先として、スーパーや公園など頻度の高い場所が遠い場合も電動自転車の方が楽です。

電動自転車は坂道で威力を発揮すると言いましたが、もちろん平坦な道でもアシスト機能は作動しますので、自転車で長距離移動をする頻度が多い場合も電動の方が利便性を感じられます

車の運転をしない

車の運転をしないという方も電動自転車はおすすめです。例えば買い物に行く場合、子どもプラス買い物した物の重さを運ばなければなりません。子どもだけでも重たいのに、それプラス買ったものの重さが加わるので体力的にも大変ですよね。

電動自転車であれば非電動のような重さを感じずペダルをこぐことができるので楽です。

自転車に乗る頻度が多い

保育園や幼稚園の送り迎えに毎日自転車に乗る場合や、基本的によく出かけるというアグレッシブな方は電動自転車をおすすめします

逆にあまり自転車に乗る頻度がないのであれば、非電動自転車でも良いのではないでしょうか。というのも、電動自転車と非電動自転車では10万円ほど価格に差が出ますし、電動自転車だとバッテリー交換などの維持費もかかります。ですから子どもが小さいうち(法律上乗車可能な5歳まで)に自転車に乗る頻度が少ないのであれば、コストパフォーマンスの点からみてもったいない買い物になってしまいます

2人以上子どもがいる

自転車に乗せられる子どもは法律上6歳未満となっています。

一人っ子の予定であれば、多少自転車に乗る頻度が多くても、頑張れば非電動でそれまでの期間を乗り切ることも可能ですが、子どもを二人以上予定しているのであれば電動自転車の方をおすすめします。

年齢差にもよりますが子ども二人を自転車に乗せる場合、前に10kg、後ろに10kgと約20kgを乗せて自転車に乗る可能性が出てきます。なかなかじっとしていられな子もいるので、時として子どもが暴れてバランスを崩すこともあります。そうなった場合、電動に比べて安定感の悪い非電動自転車だと転倒のリスクが高まり非常に危険です。

ですから子供二人を乗せる可能性があるのであれば電動自転車をおすすめします。

電動自転車のメリットデメリット

電動自転車のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット
  • 自転車を漕ぐのが楽
  • 安定感がある
  • 時短になる

自転車を漕ぐのが楽

やはり体力的な負担が少ないというのが最大のメリットといえるでしょう。電動自転車であれば漕ぎ出しもスムーズですし、坂道もスイスイ登れます。

安定感がある

子供乗せ用の電動自転車はタイヤが太く安定感があります。また後ろのタイヤ部分についているスタンドがとても楽に使えるように作られています。子どもを乗せたままでもバランスを崩さず、軽々とスタンドを立てることができるので自転車を止めるのも楽です。

その他、子どもを乗せ降ろしさせる際にハンドルのぐらつきを防止するハンドルロック機能が付いているなど、子どもの安全を考えられた作りになっているため安心して自転車に乗ることができます

時短になる

非電動に比べてスピードが出るため時短になります。保育園の送り迎えなど、毎日のこととなると短時間でも削減できればその分他のことに時間を使えて助かりますよね。小さな差であっても積み重なれば大きな差になります。

デメリット
  • コストがかかる
  • 重い

コストがかかる

電動自転車は10万円以上する高額な買い物です。ですから初期費用は非電動とは比べ物になりません。また、維持費として充電の電気代とバッテリー交換代がかかります。充電代はさほど負担にはなりませんが、バッテリー交換代が数万円単位で定期的にかかります。バッテリー交換については後ほど維持費のところで詳しく説明しています。

重い

漕ぎ出してしまえばスイスイ快適な電動自転車ですが、漕いでない時はとても重たいです。本体とチャイルドシートを合わせて30kg近くになります。そこに子どもを乗せるわけですから、漕がない時の重さはなかなかの重量です。

駐輪場から自転車を走らせるまでの間のちょっとした時間や、狭い所で自転車を持ち上げて方向転換しなければならない場合などは結構腰に負担がかかります

また、ラック式駐輪場の場合、2階部分に停めようと思うとかなりの力が必要になるだけでなく、駐輪場によっては重量規制がある場合があります。マンション住まいなどで共有スペースの駐輪場を使用する場合は、電動自転車の駐輪が可能かどうかの確認をしておきましょう。

スーパーなどでもラック式駐輪場のところがある場合には停められるかどうか、停められない場合は近くに駐輪できるスペースはあるかどうかの確認もしておくと良いでしょう。

電動自転車購入後の維持費について

電動自転車の購入後にかかる維持費についてお話します。

維持費
  • バッテリー交換費用
  • 定期点検費用
  • 自転車保険料

バッテリー交換費用

バッテリー交換の目安は充電回数700回~900回程度とされており、バッテリー本体の経年劣化分を加味すると、年数でいえば約4,5年程度となります。自転車に乗る頻度やバッテリーの取扱いかた、充電方法などにより差が出ますが、おおむねこの年数になると思っておいていいでしょう。

バッテリーはだいたい3万~5万円程度なので、数年に1度その出費があることを頭に入れておかなければなりません。

定期点検費用

子供乗せの電動自転車は、非電動と違い電池やモーターを積んでいます。また、車体自体にかなりの重量があるため、故障した際に自転車屋さんに持ち込むのにかなりの労力が必要です。ですから、年に一度は定期点検をしてメンテナンスすることをおすすめします

重量が年に1度の定期点検費用は購入した店舗により異なりますが、数百円程度のところが多いようです。ですから定期点検自体にはさほどお金はかかりませんが、点検の際に部品の劣化などがあり交換が必要といわれたらその分の費用がかかります

定期点検は任意ですので必ずしなければならないというわけではありません。ですが電動自転車を長く快適に乗るためにも、そして子どもの安全を守るためにも点検は受けるようにしましょう。

自転車保険料

補償内容や保険料は保険会社により異なりますので購入する自転車屋さんで確認をしてください。自転車保険は電動と非電動の区別はなく自転車というくくりでプランや保険料の設定がされています。たくさんの種類がありますが、年間で3,000円~8,000円程度のプランが多いです。

2017年現在、自転車保険の加入が義務付けられているのは大阪府と兵庫県のみですが、2018年10月から滋賀県でも義務化するなど、今後各自治体で義務化される自治体は増える可能性があります。

電動自転車は非電動に比べてスピードが出やすいですし、車体が頑丈であることから、万が一人身事故を起こしてしまった場合に被害者となる方に与える損害は非常に大きくなるリスクが高いです。

ちょっとした不注意や油断による自転車事故で数千万円に及ぶ多額の損害賠償をしなければならなくなる可能性もあります。ですから任意加入の地域に住んでいる場合でも保険には加入するようにしましょう。

おすすめの電動自転車

子供乗せ電動自転車でおすすめのものを紹介します。

ヤマハ PAS Babby un

幼児二人乗せ対応自転車です。ハンドルとサドルの間隔が広いため前乗せチャイルドシートを装着しても膝が当たることがなく快適に自転車をこげます。タイヤが20インチで重心が低くなるため安定感のある乗り心地です。高さが低いので身長の低い方でも乗りやすいですよ。

前乗せ後ろ乗せ共にチャイルドシートは後付けですので、気に入ったデザインやサイズを選ぶことができますし、子どもの成長に合わせて買い足ししていけるので経済的です。

ブリジストン bikkeMOBe

幼児二人乗せ対応自転車です。タイヤが20インチのコンパクトタイプで乗り降り楽ちん。後ろ乗せチャイルドシートが一体設計なので安定感があります。後付けの前乗せチャイルドシートはハンドルの回転軸に近い位置に設置できるようになっておりは子どもが前に座ってもふらつきにくい仕様になっています。

サドルやハンドル、チャイルドシートなど様々なパーツの色とデザインを選ぶことができるので自分だけのオリジナル自転車ができます

子どもが自転車に乗れるようになったら子供用の「kids Bikke」を購入すれば親子でお揃いの自転車に乗れますよ。

パナソニック ギュット・DX

こちらはタイヤサイズが前22、後ろ26インチとやや大きめです。

大きさ的に非電動自転車の乗り心地に近いので、それに乗り慣れている人や身長が高い人はこのタイヤの大きさの方が乗りやすいのではないでしょうか。タイヤが大きくなる分、子どもを乗せる位置も高くなるため小柄な方だとやや不便を感じるかもしれません。

こちらは前乗せチャイルドシート装備となっており、後ろ乗せチャイルドシートは跡付けになります。将来お子さんを二人乗せる可能性が高い場合はこういった形の自転車をおすすめします

前乗せチャイルドシート部分はリクライニングができる仕様になっていたり持ち手ハンドルの高さ調節ができるなど、子どもの乗り心地も考えられているのでお子さんもご機嫌に乗ってくれるかもしれませんね。

まとめ

私も2歳の子どもを乗せて電動自転車に乗っているのですが、とても快適です。我が家は坂の多い地域に住んでおり、毎日の保育園の送り迎えもあることと私が車を運転できないという理由から、買って良かったと心底思っています。

一方、ママ友は非電動自転車に子どもを乗せています。そこのお宅の周辺は坂道がほとんどないことと、ママ友の移動手段のメインが車だからという理由です。

このように、同じ年を持つ子どものママでも生活環境によって電動自転車の必要性は違ってきます。高い買い物なので、ほんとに必要かどうかをよく考えて購入しましょう

 - 小学生, 幼児 , ,